畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【現代教育学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.623(信用金庫)

2021年2月4日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第623弾!

現代教育学科4回生   只信 真帆 さん

信用金庫  内定

 

★掲載用

 

【その企業に決めた理由】

働く人の人柄を重視していました。

企業説明会からとても人の印象が良く、面接の時には、緊張している私に職員の方が応援し、話をして緊張をやわらげてくださいました。きっとその姿勢もお客様に通じていると感じたからです。

また、就職活動をしていた中で一番早く内定をいただけたのも理由です。

 

 

【就職活動を振り返って】

キャリアガイダンスに出席し、早い段階からキャリアセンターの西畑さんに相談したのが良かったと思います。また、自己分析に困った時は友達と協力して乗り越えました。

就活全体を通して、自分一人では内定をいただけなかったと感じています。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

学生時代のボランティア活動での経験やアルバイトでの経験です。

その中でも自分なりに工夫したものなどがあれば、実際に面接に持っていくと面接官の印象に残ると感じました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

いつも温かく迎えてくれる場所。西畑さんは畿央のお母さん的存在です。それくらい親身になってくれました。

また、SPI講座やキャリアガイダンスなどで必要な情報やマナーなどが学べました。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

私たちは1月くらいまでは何とか就活できていましたし、それまでの夏までにインターンシップも参加することができました。しかし、今の社会状況でインターンシップや就職活動がどうなるか先が見えず、不安や緊張も私たちの時より大きいと思います。

だからこそ、不安を打ち消すくらい自己分析と企業分析をしてキャリアセンターにも頼り、自分らしく就職活動をして後悔のないよう頑張ってください。

オンラインがきっと多くなると思いますが、一人で抱え込まず、友達などと共有しながら進めていくといいと思います。

応援しています!!

 

【所属カテゴリ】就職レポート【現代教育学科】

ブログトップへ