畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【健康栄養学科】

就活レポート~就職活動の現場から~№242

2014年10月14日(火)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第242弾!

健康栄養学科9期生(15卒) 石田 賢三さん

美杉会 勤務

 

1ショット-horz

【病院就職を決めた理由】

栄養管理の立場から、人々の健康づくり​のサポートを行いたいと考えていました。そのため、管理栄養士としてより専門性の高いところで、自分のキャリアを積んでいきたいと思いました。進路決定先の病院は、自分自身が向上心をもって働くことができると思ったからです。

 

【就職活動を振り返って】

私の個人的な見解ですが、病院への就職を考えているなら、専門知識はもちろんのこと一般教養(公務員試験程度)や小論文を早いうちから対策しておくほうがいいと思います。

 

【就職活動でPRしたポイント】

自分が物事に対してどう考え、どう行動したかをPRしました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

正直なところ、私はあまりキャリアセンターへ顔を出すほうではありませんでした。ただ、履歴書などの文章などは添削のお願いしていました。やはり、ビジネス文章は普段使い慣れていないので、プロの方に意見を求めたほうがいいと思います。

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

 病院の採用は難しいと周りは言うでしょう。それで不安になる人もいるかもしれません。しかし、そんな言葉は無視しちゃいましょう。もし自分に仕事を選ぶ自由があるなら、自分が本当にやりたいことを目指したほうがいいと思います。正直なんとかなります!!全く根拠はありませんが(笑)就職活動には「根拠なき自信」が案外必要なのかもしれません。

【所属カテゴリ】就職レポート【健康栄養学科】

ブログトップへ