畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【健康栄養学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.76

2010年12月2日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第76弾!

 

北田翔子①.JPG

健康栄養学科5期生(11年卒)

北田 翔子さん

JA全農たまご株式会社 勤務

 

 

【就職先について】
■事業内容
・鶏卵およびその加工品の販売
・鶏卵加工食品の製造
・養鶏用および鶏卵包装・加工用の機械器具資材の開発および販売
■仕事内容
総合職として内定を頂いたので、来春からどの部署での勤務となるかは今のところ未定です(3月頃に発表されるみたいです)。
主な仕事内容としては、次のような感じです。
・管理本部(経営・総務・人事・広報)
・営業本部(企画・管理・品質管理・健康食品、医薬品の企画開発)

【その会社に決めた理由】
自分がしたいことができると感じたこと。
また、社員の方がすごく素敵な人達で、この人達の下で仕事をしたいと心から思えた会社だったからです。

 

【就職活動を振り返って(開始から内定までの流れ)】
■エントリー時期
・食品企業を中心にエントリー
・先輩や社会人の方から、どんな会社がいい会社なのか。とか就活アドバイスなどを沢山聞いていました。

■説明会
・雰囲気のいい環境で仕事をしたいと思っていたので「行ってみないと分からない!」と、とにかく会社回りを沢山しました。
・私は上がり症なので、場慣れするために、説明会のときは毎回必ず1つは質問をしていました。
⇒このおかげで、大勢の人の前でも以前より緊張せずに話せるようになりました!オススメです♪
・できるだけ他の就活生と話をした。
⇒情報交換にもなるし、こういったコミュニケーション力はグループディスカッションのときにも活かされると思います。

■選考
筆記テストは本当に勉強しておいた方がいいです。
どれだけ入りたいと思った会社でも、筆記で落ちてしまうと、
その思いさえ伝えられないまま終わってしまいます(>_<)
・面接では、笑顔と大きな声と姿勢を意識しました。
・PRなどはがっちり暗記していくのではなく、ポイントを押さえて。

【就職活動でPRしたポイント】
 アルバイトや大学でのこと、海外旅行の経験から「バイタリティ」をアピールしました。

【畿央大学キャリアセンターについて】
ガイダンスでは、就活の基本から社会人になっても必要な常識やマナーについて学ぶことができました。
また面接日が近くなると、模擬面接をしてもらったりアドバイスをしてもらったりして、本番に活かすことができました。この会社に内定をもらえたのは、キャリアの先生方のおかげです!

北田翔子②.JPG

【将来の夢・目標】
新人の間は営業や管理のお仕事をすると思いますが、将来は商品開発などにも携わっていけるように頑張りたいです。また管理栄養士として食育をしていきたいと考えています。子供たちにたまごの大切さを伝えていきたいです。

【後輩へのアドバイス・メッセージ】
ありのままの自分を知ろうとしてくれる会社は沢山あります。面接では自分の良さを沢山伝えてきて下さいね☆時には面接がうまくいかなかったり、何が正しいのかわからなくなったり…落胆する時期は多かれ少なかれ誰にでもあると思います。そんなとき私は、友人・先生・家族と話すことで、モチベーションをあげていました。一人で考え込まず、気分転換も必要です♪

【畿央大学の印象】
学生と先生方の距離が近い、とっても暖かい大学だと思います。
就活中も応援していただいて本当に嬉しかったです!

【所属カテゴリ】就職レポート【健康栄養学科】

ブログトップへ