畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

就職レポート【看護医療学科】

2021年1月25日(月)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第620弾!

看護医療学科4回生 塩見 奈々美 さん

病院  内定

 

★掲載写真

 

【その病院に決めた理由】

私がこの病院に決めた一番の理由は、病院の理念と自分の目指す看護師像が一致していたことです。内定先の病院は、急性期病院で看護師として高度で専門的な知識を身につけることで身体面のサポートができる点、看護理念から患者さん一人ひとりと向き合い精神的なサポートができる点が決め手となりました。

また、担任の教員から良い病院だと聞いていましたし、教育体制もしっかり整っていたことも魅力でした。

 

 

【就職活動を振り返って】

私は1つ目に受けた病院に落ちて、2つ目に受けた病院で内定をもらいました。

1つ目が落ちた後、どこの病院を受けようか全く決めていなかったので、また病院を調べなおしたりと大変でした。2つ目の病院で内定をもらったときは心底ホッとしましたが、何事も準備をするに越したことはないなと思いました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

様々な病院がある中から、どうしてこの病院を志望したのかが伝わるようにアピールしました。

また、私は大学時代のアルバイトで学んだことや、培った経験が看護師になったときにどのように活かすことができるかということをPRしました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

履歴書の添削から面接、相談があれば相談にも親身に乗ってくれます。

キャリアセンターでは、今までの先輩の話や志望している病院の傾向なども教えてくれるのでとても心強いです。

また、メンタルケアも手厚く行ってくれ、面接練習のたびに褒めてくれます。(笑)そのため、試験日が近づくにつれて不安もあり、緊張していましたが、自信をもって試験にのぞむことができました。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

看護師は就職に困らないといいますが、人気の病院は倍率も高く、落ちることもあります。

自分の志望する病院に行くためには、早めに準備して自信をもって試験にのぞむことがいいと思います。

後悔しないように就職活動頑張ってください!

 

2021年1月18日(月)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第617弾!

看護医療学科4回生  櫻井 和真 さん

病院  内定

 

 

★掲載写真

 

 

【その病院に決めた理由】

実際に領域実習の際にその病院に行き、病棟の雰囲気の良さを感じたことが決め手です。

また、病棟ではプリセプター制度が用いられており、新人時代に先輩の看護師に看護を行えるため不安なく、安心して患者さんに看護を提供できると考えたからです。

教育制度も充実しており、常に自身の看護のレベル上げていくことができると思いました。

 

 

【就職活動を振り返って】

実は内定した病院は2度目の受験でした。

1度目の受験先は、私が就職活動を甘く見ており準備をすることが遅れてしまい、焦って余裕のない就職活動になってしまいました。1度目が不合格となり、2度目の受験に向けて、しっかりと準備をしました。

学校のサイトを使い小論文の過去問を取り組み、面接練習も回数を重ねて本番では自信をもってアピールをすることができました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

私は軟式野球部に所属していて、その部活動での自分の役割を全うしたこと、目標を決めてその目標に対して努力できることをアピールしました。

また、自分の長所が病院に就職してどのように発揮できるのかを伝えました。そして、大きな声で表情豊かに話すことを意識しました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

就職活動において不安がたくさんありました。しかし、キャリアセンターの方がいつでも丁寧にしてくださり、面接練習の中でも自分でわかっていなかった良いところを知ることができました。

本番までに不安があったら何回でも練習をしていただけたので不安なく試験を受けることができました。就活に関して不安があるのならば、一人で抱え込まずに相談しに行くといいと思います。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

就職活動についてまだまだ現実的に思っていないかもしれません。しかし、時間はあっという間にきて就職活動をしないといけなくなります。

自分の納得のできる就職先を病院見学など積極的に参加し、早め早めの行動をしてください。心に余裕を持ち試験に挑んでください。

合格目指して頑張ってください!

 

2021年1月13日(水)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第613弾!

看護医療学科4回生  尾崎 菜々 さん

病院  内定

 

★掲載用

 

 

【その病院に決めた理由】

もともとがん看護に興味を持っており、大阪府のがん診療連携拠点病院である当院でがん看護の専門性を高めたいと思ったこと、コロナ禍でインターンシップに参加することができなかったため、最終的に、実習で自分が実際の現場をみた病院に決めようと思ったからです。

 

 

【就職活動を振り返って】

コロナ禍で試験が延期になったり、試験内容が変更になったり先行きがわからずとても不安でした。

私は決して早く就活を始めたわけではなかったですが、第一志望に就職するためには、絶対に就活は早くに始めるべきだと痛感しました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

今まで自分が経験して感じたことや実習で学んだことなどを自分の言葉でありのままに伝えました。

自分自身の一番伝えたいことを明確にして、自己紹介書や面接で強くアピールしました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

コロナ禍であることに加えて、わからないことが多く不安ばかりでしたが、わからないことの相談、面接、添削など、親身になって丁寧に一つ一つ向き合ってくださり、先行きが見えない中でもとても心強かったです。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

わからないことも多く不安なことも多いと思いますが、自身で周囲の友達や先輩、先生などから情報収集をしたり、わからないことはキャリアセンターの方に相談したり、できることは早めに取り組むことが大切だと思います!

後悔のないよう頑張ってください!

 

2021年1月5日(火)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第608弾!

看護医療学科4回生 田中 健也 さん

病院 内定

 

★掲載用

 

 

【その病院に決めた理由】

以下4つの理由からです。

・三次救急医療機関で、専門性の高い救急医療を学び、実践することができるから。

・私の長所を活かすことができ、理想の看護師になれる環境があると感じたから。

・家族が入院している時の看護が良かったから。

・自宅から通いやすいことで、長期間働くことができるから。

 

 

【就職活動を振り返って】

数年前からこの病院で働きたいと考えていましたが、実習先の病院も素晴らしい病院ばかりで、比較、決定するのが難しかったです。

しかし自己分析を深くすることで、過去、現在の自分の考えや将来像を明確にすることができ、病院の決定や志望動機の明確化などがスムーズに進みました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

自分の強みとそのエピソード、またそれらを就職してから活かすことができる具体例をあげて、アピールしました。

また病院の理念や行っている看護と、自分の行いたい看護が一致していることを強調しました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

とても密です。対面、メール、オンラインでどんな些細なことでも親切な指導や助言を頂きました。ネガティブな考えになりそうな時も支えていただき、キャリアセンターと就職サポートがなければ合格しなかったと思います。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

早い段階で、病院の説明会やインターンシップに参加することが大切です。さらに自己分析を行い、己を知りつくすことで、圧倒的なメンタルで面接に挑むことができると思います。頑張ってください!

 

 

2020年12月11日(金)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第594弾!

看護医療学科4回生 星原 菜月 さん

病院 内定

 

★掲載写真

 

 

【その病院に決めた理由】

以前から友人に良い病院だと聞いており、病院説明会でも穏やかな明るい雰囲気が感じられました。また、チームでの教育体制であるので、自分の状況を理解してくださっている先輩看護師が多く、不安や疑問に思ったことも相談しやすい環境であると思いました。このような教育体制や福利厚生が整っていることからも、自分が看護師として成長し長く働くことができると考え、この病院を志望しました。

 

 

【就職活動を振り返って】

いくつかの病院説明会に参加し、そこで印象に残った病院のインターンシップに申し込みましたが、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。病院の雰囲気を知るために重要なインターンシップに参加できなかったこともあり、病院を決めるのはすごく悩んだのを覚えています。

また、面接の日程が延期になったり、web面接に切り替わるなど、不安な時期が続きましたが、キャリアセンターの方に助けていただきながら本番に向けて面接練習を重ねました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

自分の強みがその病院で今後どのように生かされるかを具体的に伝えるようにしました。

また、自分の理想の看護師像を明確にし、どのような看護を行っていきたいのか、その看護をするためになぜ多くの病院からこの病院を選んだのかを伝えるようにしました。

Web面接でもあったので、自分の考えを明るく笑顔でハキハキと話すことができるというところをアピールできるように、話し方には気を付けるように意識しました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

事前に自己PRを提出しましたが、その内容の添削を丁寧にして頂いたり、面接練習を何度もして頂きました。

面接練習では、志望している病院の面接傾向などを把握してくださっていて、さまざまな質問をしてもらいました。自分の考えを簡潔にうまくまとめて話すのが苦手なのですが、自分の答えた内容や話し方などもどのようにしたら良いか、たくさんアドバイスして頂きました。面接練習でいろんなタイプの質問をして頂いたおかげで、本番も自信をもって落ち着いて話すことができました。

また、面接日程や面接の方法に急な変更もありましたが、それに合わせて丁寧に対応して頂き感謝しています。ありがとうございました。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

3年生は実習で忙しく、就職活動まで手が回らないこともあるかと思います。

しかし、自分と同じような状況でも就職活動をしている看護学生がいて、病院説明会が定員に達して締め切られていたり、申し込みたいインターンの締め切りがすでに終わっていたりすることもあります。気になる病院があるのであれば、面接やインターンなどの日程確認しておくことが大切だと思いますし、まだ何も決まっていなくても早めに合同病院説明会に参加して、いろいろな病院の情報を集めておくことが重要だと思います。

採用試験本番はとても緊張すると思いますが、キャリアセンターの方はたくさんサポートしてくださいますし、自信を持って臨めると思います。

自分に合った病院を見つけて、悔いのない就職活動ができるように応援しています。頑張ってください!