畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【看護医療学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.587(病院)

2020年12月1日(火)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第587弾!

看護医療学科4回生 奥田 帆乃夏 さん

病院 内定

 

★写真掲載用

 

【その病院に決めた理由】

教育体制が整っているこの病院で経験を積んでいくことで、知識や技術を学び、看護師として成長していくことができると感じたからです。

 

【就職活動を振り返って】

私は1月の就職説明会に参加して、3月の下旬頃に希望の病院を決めました。病院によっては募集が早いところもあるので、希望の病院が早めに決められるように、できるときに病院見学や情報収集をすることが大切であると感じました。履歴書を書く際も、自分の考えをしっかりとまとめておくことで、面接にも強い気持ちで臨むことができると思いました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

実習させていただいたときに出会った看護師が自分自身の看護観に大きく関わっていること、自分が実践したい看護、将来どのような看護師になりたいのかをPRしました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

自分が「やろう!!」と思えば就活はどんどん進めていくことができると思います。就職したい病院があればその病院について調べたり、病院見学会に行くこともできます。もし私のように迷ったとしても、キャリアセンターに相談することから始めたらいいと思います。私は1人もやもやと悩んでいましたが、相談したことによって自分の頭の中を整理することができ、希望の病院を決めて就活を進めていくことができました。キャリアセンターの方はとても親身になってサポートしてくださりました。

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

1人で悩まず、周りの方に支えてもらいながら就活頑張ってください!!

【所属カテゴリ】就職レポート【看護医療学科】

ブログトップへ