畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【理学療法学科】

就活レポート~就職活動の現場から~№248

2014年10月31日(金)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第248弾!

理学療法学科9期生(15卒) 山 聖也さん

西大和リハビリテーション病院 勤務

 

DSC00547-horz

【その病院施設に決めた理由】

学ぶことに熱心な方が多く、大学院生や専門理学療法士の方々も多かったため、すごく勉強できる環境だと思い志望しました。家が近いため病院で残って勉強できるのも魅力でした。

【就職活動を振り返って(苦労したこと、学んだこと)

履歴書には本当に苦労しました。なるべく早くキャリアセンターの岡田さんに添削してもらい、早く履歴書を書くことをお勧めします。

【就職活動でPRしたポイント】

病院見学では先生方や患者さんにしっかり笑顔で挨拶をし、知りたいことは積極的に質問し、ときには自分の意見を言葉にしました。面接では自分がこれまで学んできたこと、今考えていることを定型文ではなく、自分の言葉で話すように心掛けました。

【キャリアセンターと就職サポートについて】

履歴書の添削では何度もお世話になりました。私は文章を作ることが苦手なため、書いては添削してもらいを繰り返し、提出期限ぎりぎりまでキャリアセンターに籠っていました。また、面接練習も丁寧にしていただき、本番に自信を持って臨むことができました。

私が受けた病院には小論文の試験もあり、7月の終わりに行った小論文の授業は大いに役に立ちました。この授業は実習が終わってすぐなので、どうしても寝てしまう方もいますが自分の就職活動に関わって来ますので頑張って受けてください。

【後輩へのアドバイス】

臨床実習が終わったすぐに就職活動をするのは正直言って面倒くさいです。しかし、自分の将来を左右する大事な時期です。もしも、就職したい病院があるのであれば、すぐに行動に移すことが大切です。気になっている病院がない人も、自分のやりたい分野から病院を探すのもお勧めです。就職活動について教えてくださる先生方は複数の病院に見学に行きなさいとおっしゃいますが、1つ目に見学した病院がすごく良い病院だったのならば即刻就職試験を受けたいと連絡するのもありだと思います。長々と書きましたが、とにかく早く行動して、早く行きたい病院を見つけて、早く内定をいただいたら、後々の卒業研究や国家試験の勉強が楽になりますので頑張ってください。

【所属カテゴリ】就職レポート【理学療法学科】

ブログトップへ