畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

就職レポート【理学療法学科】

2016年10月2日(日)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第358弾!

理学療法学科11期生(17卒) 上杉 有季さん

医誠会病院 勤務

 

【その病院に決めた理由】
私の実習は回復期が中心でした。回復期をみていくにあたって患者の方々はどういった治療過程を経て回復期へこられているのかということに興味を持つようになりました。なので、就職は急性期病院であることと、脳血管疾患に興味があったので脳血管疾患の超急性期の患者を診ることができるSCUがあるということからここにしようと決めました。

 

【就職活動を振り返って】
私は、Ⅰ期の実習中に就職について考えるようになりました。実習が始まる前は、自分がどのような病院に就職したいかという考えが全く定まっていませんでしたが実習が進むにつれて自分自身の興味がある分野、やりたいことが明確になっていきました。実習の帰り道の電車の中などで病院を調べ実習が終わってからすぐに動けるように目星をつけていたためスムーズに就活に入ることができました。畿央大学の理学慮法学科は実習が終わるのが早いので就職活動のスタートを早めにきることで、じっくりと吟味する時間もあり試験が早い病院などでは競争率が少ない状態で試験を受けれたりと、いいことづくしです。

 

【就職活動でPRしたポイント】
私が一番PRしたポイントは、なぜ他の急性期病院ではなくここなのかという理由(ここの病院にしかないここが気に入った!)と自分の長所が臨床でどう生きるかという二点をPRしました。病院側もどこの病院でもよいという人よりは病院の魅力を理解している人を採用すると思うのでなぜこの病院に行きたいか、就職したら何がしたいかをはっきりさせることが大切だと思いました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】
実習期間中の休みに就職活動についてなにもわからない状態でキャリアセンターの岡田さんのところに行きました。岡田さんはどんな話もしっかり聞いて、的確なアドバイスをくれるので落ち着いて安心して就職活動をすることができました。畿央大学の理学療法学科の就職サポートは手厚いと思います。ここまで就職活動に親密にかかわってくれる学校は他にないと思いました。

 

上杉さん

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】
実習中は、とっても忙しいですが実習中にどのような病院に就職したいかという考えは持つべきだと思います。自分がどんな環境でどんなことをしたいかを考えることがまず就活の第一歩だと思います。そして、実際に病院見学に必ず行き病院の雰囲気を感じることが大切だと思います。必ず自分が就職したいと思える病院があるはずです。大変だとは思いますが頑張ってください!!

2016年9月10日(土)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第356弾!

理学療法学科11期生(17卒) 白岩 梨紗さん

愛仁会  勤務

 

その病院に決めた理由

 学校内の病院説明会で、法人のことを知りました。そのときに法人の合同就職フェアを行っているという情報を得たので、応募して行ってみました。そこで、新人教育がしっかりしていることを知り、理学療法士としてのスタートをこの法人できりたいなと思うようになりました。また、法人内に多くの病院・施設があり、急性期から生活期まで多くの疾患を見ることができて勉強になると思ったので受けることにしました。

 

就職活動を振り返って

 実習中にもぼちぼち病院を探していましたが、本格的に探し始めたのは実習が終わってからでした。キャリアセンターで求人を見て、行きたい病院を絞り、病院見学に行きました。学校内の病院説明会でも多くの病院の話を聞くことができたので、参考になりました。私は、受けるところを決めたのが急でした。決意したのは、書類提出の5日前とかで、締め切りぎりぎりで提出し、そこから筆記試験の勉強をしました。病院見学にいっぱい行ってしっかり悩むことも良いと思いますが、勢いも大事だと思います。

 

就職活動でPRしたこと

 私のPRポイントは「行動力」にしました。行動力を活かして色々な経験をし、多くの方々と関わってきたことを伝えました。その中で色々な意見を知り、理解することができ、病院に就職してからもこの力を活かせると思いますとPRしました。

 

キャリアセンターと就職サポートについて

 キャリアセンターの先生には、履歴書の書き方や面接練習などとてもお世話になりました。私は、急に受けることを決断したので、時間がまったくありませんでした。それに加え、文章を書く能力がとても乏しかったので、履歴書を書く際にはいっぱい相談に乗って頂き、一緒に文章を考えて下さいました。1日に何回も履歴書を添削して頂き、1日で仕上げることができました。面接練習も11で行って頂きました。私は、面接を受けるのが人生で初めてだったのですが、立ち振る舞いや言い回しなど1から丁寧に教えて頂き、無事に面接を受けることができました。

 

白岩さん

 

後輩へのアドバイス・メッセージ

 就職活動は早めに動けるならば早めに動いたほうがいいと思います。できれば、8月中に気になる病院に見学に行った方がいいと思います。気になる病院がなくても、とりあえず行ってみて自分の中で基準を持った方がいいと思います。就活については、最初はみんなよく分からないことだらけです。なので、キャリアセンターの先生や理学の先生にどんどん相談したら良いと思います。先生からたくさんアドバイスや情報を集めた上で就職したいところをしっかり考えていくと、きっと良い病院にめぐり会えます!

 

 

2016年9月9日(金)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第355弾!

理学療法学科11期生(17卒) 高田 はるなさん

大阪赤十字病院 勤務

 

その病院施設に決めた理由

高度急性期病院であり、幅広い疾患が診られること、国内の災害地派遣や様々な国際活動を行っている点に魅力を感じました。また、4月から心臓リハ、癌リハなどリハビリ領域の拡大予定であるため今後さらに発展していくだろうと感じ志望しました。

 

就職活動を振り返って

私は、実習中の早い時期から、様々な病院の情報を収集していました。その中でいくつか気になる病院を絞り、求人をチェックしていました。応募期間が短い病院もあるので自分で空いた時間に、病院の求人情報などを確認していたことが、病院見学・試験対策の、早期からの準備へつながったと思います。

病院見学は、病院説明だけでなく、半日実際に理学療法士についてリハビリを見学するというものでした。そのときに、どうしてこの病院に興味があるの?という質問があったり、こちら側から質問をする機会もあったので、見学前から病院のことをしっかりと調べた上で、見学態度や質問でこの病院に就職したい!という意欲を見せることが大切だと思いました。

 

就職活動でPRしたポイント

私は学生時代、趣味である旅行で様々な場所に行きたくさん遊んだこと、アルバイトの塾講師を4年間頑張ったこと、学生時代力を入れていた日本理学療法学生協会の活動で他大学の学生との交流の機会がたくさんあったこと等、とても充実した学生生活を過ごしてきたことを伝えました。旅行やアルバイト、学生交流会などの経験を通じて多くの人の価値観に触れ、考えを共有し、行動に起こすことで得たコミュニケーションスキル、行動力、積極性を臨床の場でしっかりと活かしていきたいという思いで面接に臨みました。また笑顔で相手の目を見てはきはきと話すことで、より相手に伝わるように心がけました。

 

キャリアセンターと就職サポートについて

希望の病院の求人が出てすぐ、キャリアセンターの岡田さんに相談に行きました。履歴書の添削では、私の経験や自分の伝えたいことが、より相手に伝わるようにじっくり話を聞いてくださりその上で、丁寧にアドバイスしていただきました。面接練習でも良かったところも言ってくださったので本番は自信をもって臨むことができました。

 

高田さん

                  

後輩へのアドバイス・メッセージ

実習中は、とても忙しいと思いますが実習期間中に求人が出る病院もあるので、早くから行きたい病院の情報収集や、行きたい病院の求人が出るだいたいの時期を先輩に聞いて、準備するのが良いと思います。また気になる病院は、病院見学に行き実際の病院の雰囲気などを知ることで、最終的に自分の働きたい病院を決めることが出来ると思います。頑張ってください。

2015年12月12日(土)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第331弾!

理学療法学科4回生 並木 克也さん

病院 内定

 

並木くん

 

その病院に決めた理由】

きっかけはキャリアセンターでの相談でした。内定した病院では総合病院であり、急性期・回復期・外来・訪問のリハビリを行うことができ、整形・中枢疾患などを様々な疾患をみることが出来ます。

病院見学をさせていただいた際にリハ室がオープンスペースであり、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が同じ空間でリハビリを実施されていました。オープンスペースにすることで自分の患者さんがどのような作業療法を受けているのかを自分の目で確かめることができ、よりチームとして一人の患者さんのことを考えることができる良い職場であると考え、就職をしたいという意欲がわきました。

 

就職活動を振り返って

私が一番感じたことは病院を選ぶときに何を基準として判断するのかということです。総合病院といっても各病院に特色があり、何を自分がしたいのかを考えることが難しかったです。

そのため自分で行いたいことを考えました。多くの経験ができる病院で、急性期だけでなく訪問までみることが出来る病院を探し、病院見学をさせていただき自分のやりたいことが出来ると思い決めることが出来ました。

苦労したことは面接時に緊張せずに自分の伝えたいことをどう伝えるかということです。

何度かキャリアセンターで練習させていただくことで、落ちついて質問に対する回答を考えることができ、面接当日も落ちついて行うことが出来ました。

 

就職活動でPRしたこと

私がPRしたポイントは『元気さ』です。

小学生時代から元気には自信があり、野球を続けていたことを踏まえて、自分自身がこういう人なんだということをPRしました。

 

キャリアセンターと就職サポートについて

キャリアセンターの先生方には面接の練習時にとてもお世話になりました。私の受けた病院は面接と筆記試験がありましたが、9割が面接であるといわれていたため落ちついて話をする事が重要となっていました。

また、随時募集であったため早く出すことが良かったのです。しかし、緊張しやすい性格はすぐには直すことは出来ず、繰り返し練習することが必要でした。

そこでキャリアセンターの先生に1対1での模擬面接を行っていただき、入室の方法から椅子に座っているときの姿勢、目線の位置といった細かな部分まで指導をしていただきました。

細かな部分を的確に指導していただけるので自分としては改善点が見つけやすく、すぐに修正する事が出来ました。

練習を行ったかいがあって、病院を決めることが出来ました。

 

後輩へのアドバイス・メッセージ

長期の臨床実習を終えるとすぐに就職活動、卒業研究、国家試験の勉強が始まります。就職活動を早く終わらせることで気持ちに余裕が出ますが、病院を選択する際は自分が行きたいと思うところをしっかりと調べ妥協せず決めてほしいと思います。

面接や履歴書の添削に関してはキャリアセンターの先生に積極的に相談することで解決することが出来ると思うので一人で悩むのではなく、キャリアセンターの先生に相談することをお勧めします。

何事も最後まであきらめずに取り組むことで良い結果をつかむことができると思うので、精一杯頑張っていってください。

2015年11月9日(月)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第314弾!

理学療法学科4回生 上村 遥香さん

病院 内定

 

上村さん

  

【その病院に決めた理由】

 病院を探す際、

・様々な疾患が見れる総合病院

・(通える範囲の)大阪の病院

・給料、福利厚生がいい病院

この3つが当てはまる病院を探していました。

 この病院は多くの診療科があり、様々な疾患を経験することができます。研修に行っていたり、資格を取ったりしているセラピストが多く、専門的であると思いました。また、地域包括ケアに力を入れているところも魅力を感じました。

 また、平成26年4月にできたこの法人は、日本全国に病院があり、それにより全国の病院と情報交換ができると思います。医療的にも、病院的にもこれからどんどん発展していくように思いました。

 以上のことから、この病院で働きたいと思いました。

 

【就職活動を振り返って】

 先輩方からは「実習が終わってから就職のこと考えても大丈夫」と聞いていました。実際、キャリアセンターからの就活についての講義、合同説明会などは実習後にあります。しかし、実習中に履歴書提出の締め切りがある病院は多くあります。

 私は優柔不断なので、みんなより遅れをとらないように早めから様々な病院を調べていました。そのおかげで、この病院に合格することができたと思っています。

 

【就職活動でPRしたこと】

 学生時代に様々な経験をしてきたので、そのことを話して、自分の行動力やコミュニケーション能力、チャレンジ精神をアピールしました。 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

 履歴書の添削、面接練習などでお世話になりました。ものすごく協力的で、親身になって相談に乗ってくれるので、自分から積極的に頼ると得だと思います。

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

 実習中に少しでも就職のことを考えることが大切だと思います。実習が終わると、就活、卒研、国試がまっています。これらは人によって負担の量も、忙しい時期も違いますので早めの行動をお勧めします。

それから「百聞は一見にしかず」です。気になる病院はすぐ調べて、すぐ連絡して、すぐ見学に行きましょう。「もう募集が終わっていた」「研究が忙しくて見学に行く日が作れない」とならないように。

 後悔しないよう、納得のいく就活をして、自分の行きたい病院を見つけてください。