奈良県認知症ケア専門士会オンラインセミナー

 2020/10/21更新

2020年12月12日(日)に、奈良県認知症ケア専門士会主催、看護実践研究センター共催でオンラインセミナーを開催します。

この研修会は、本来4月に実施する予定の研修会が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になったため、代替でオンラインセミナーとして企画しました。

 

▼クリックでチラシ拡大します(申込用紙あり)

2020ninchisyoukea15

 

 

 

前半は、清水寺の僧侶の大西英玄さんの「死生観」に関する講演です。

日々の仏事と共に、大衆庶民信仰の入口を構築、観光客と信者の橋渡しを命題とし、開かれた寺としての可能性を模索されています。 

今までの医療・福祉に特化せず、宗教家として実体験から感じている「死」について、今コロナ禍だからこそ考える「看取り」について、ご講演いただきます。

 

大西英玄
【講演講師:大西英玄氏プロフィール】
昭和53年生まれ。平成12年関西大学社会学部卒業後アメリカへ留学。平成16年高野山で加行、平成17年に帰山され、清水寺僧職として勤められています。令和元年からは、世界宗教者平和会議日本委員会青年部会副幹事長就任され、令和2年に社会福祉法人同和園評議員に就任され多方面でご活躍中です。現在は清水寺にて執事補として、山内外の法務を勤められています。

 

 

 

後半は、zoomのトークルームを活用して現在の「看取り」に関するワールドカフェを実施します。

最後にまとめとして、現場の特養看護師から「看取り」の事例報告をしていただきます。

 

原則は、オンライン(zoom)での参加となりますが、先着10人は対面受講(受講費3,000円)も可能としています。多くの方との意見交換の場となりますよう、皆さまのご参加をお待ちしています。

 

奈良県認知症ケア専門士会会長・畿央大学看護実践研究センター長  山崎 尚美(看護医療学科教授)

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.