建学の精神

建学の精神

徳をのばす

徳

住みよい社会をつくるためには、先ず個々に敬愛の念をもち、お互いの幸せを願い、恵みを与えあう心を養わなければならない。
すなわち小さい徳を積み、社会を潤していく精神を養いたい。


知をみがく

知

人間の進歩向上とは、自己の才能を最大限に錬磨することである。
知識欲を失えばただ退歩あるのみである。
私達はあくことなく頭脳を磨き、励まし合い、研究的な態度を養いたい。


美をつくる

美

すべての優れた技術はこの世の中にすばらしい美の贈り物をすることができる。
美しいものは見る者の心を澄まし、喜びと、やすらぎを与えてくれる。
私達の手で、一つでも多く、日々新しく美しいものを創造していきたい。


建学の精神
  • 理事長メッセージ
  • 冬木学園のビジョン

  • カトレア 冬木学園の今日と明日を語る広報誌
  • 畿央大学
  • 関西中央高等学校
  • 畿央大学付属幼稚園