本学の個性・特色

畿央大学は、生命の尊厳を基盤に豊かな人間性と徳性を培い、保健・医療・福祉・日常生活環境及び人間発達を総合的に把握し、専門的知識と的確な技術をもって地域社会及び国際社会に貢献する人材を養成することを教育目標とし、下記のような能力を養います。

 

(1) 生命に対する深い畏敬の念と倫理観をもち、幅広く豊かな教養を備え、社会で活動できる能力を養う。

(2) 人間を総合的に理解し、修得した専門的知識と技術をもって適切に対応できる能力を養う。

(3) 地域の特性に対応し、地域の諸資源と連携・協力して活用できる能力を養う。

(4) 健康と教育に関する課題の分析評価・企画立案能力と問題解決をはかる能力を養う。

(5) 国際化に対応した視野をもって、健康問題・教育問題を科学的・創造的に研究できる能力を養う。

 

以上の能力を養成するため、以下のような特色ある教育を実践しています。

1.「実学」重視のカリキュラム

専門分野に対応した資格取得のためのカリキュラムが充実しており、理学療法士、看護師、保健師、管理栄養士、建築士など国家試験の受験資格が取得可能です。国家試験に対しては受験対策講座や個別指導も行っています。また教員免許状取得に必要な科目が開設されているほか、栄養士、認定心理士、保育士、社会教育主事などの資格は所定の科目を履修することで取得可能。理論的な科目にはできるだけその演習・実習科目を配し、知識・理論と技術をバランスよく学ぶことができる「実学」重視のカリキュラムになっています。

授業DSC_9349

2. 実験・実習・インターンシップ・「体験型」授業

実社会で即戦力となる能力を身につけるため、実験・実習などの体験型授業を数多く開設。そのほか、理学療法学科の「臨床実習」や看護医療学科、健康栄養学科の「臨地実習」、人間環境デザイン学科の「企業インターンシップ」、現代教育学科の「教育実習」「保育実習」「学校インターンシップ」などを、医療機関、福祉施設、保健所、企業、教育機関などで行っています。実習では、事前指導や実習後のレポート提出などにより、実践的な知識の定着と職業観の養成をはかっています。また、最新の実験・測定機器や情報設備を揃え、これからの社会に不可欠な専門的能力と情報処理技術を身につける環境を整えています。

120614_023

3. 「心理学」重視の人間教育

本学が取組む分野の対象は“人”であり、専門性を深めるために人間心理の理解は欠くことができない要素です。例えば、理学療法学科や看護医療学科では、患者さんの心の痛みを、健康栄養学科や人間環境デザイン学科では、衣食住と心の関係を洞察すること、現代教育学科では心の発達や障がいについて理解を深めることが必要です。卒業後は対人関係が特に重要な職業に就くことになるため、専門分野の基礎科目で心理学的な理解と心理学を基礎としたコミュニケーション力の養成を重視しています。また、教育学部と健康科学部人間環境デザイン学科では認定心理士の資格の取得が可能なカリキュラムを編成しています。

20120423元気塾 165

4. 学部・学科の枠を超えた「コラボレーション」

健康科学部では、QOL(生活の質:Quality Of Life)を向上させる学問という理念のもとで各分野の連携をはかっています。さらに、教育学部を設置したことにより、人間の社会的側面を含むよりトータルな視点から「くらしの質」を探求できる体制が整っています。「心豊かに健やかに生きる」という目標を共有することによって、学部・学科を超えたコラボレーションの可能性を探り、連携をはかりながら社会に積極的な提案を行うことをめざしています。

tokushoku-img04

5. 「人間生活の幸せ」を教育研究上の目標とする大学院の取り組み

大学院健康科学研究科は運動、栄養及び環境という三つの分野から健康に関する教育研究に取組んでいますが、それぞれの共同した取り組みを通じて人間を総合的にとらえる視点を持って教育研究を行うことが特色になっています。建学の精神に則り、豊かな人間性、人の心の痛みに共感する感性を持ち、人間の幸福を最終目標とする教育研究を行うことこそが、これからの社会に求められています。

大学案内

畿央大学
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.