SNS
資料
請求
お問い
合わせ

就職・キャリア

ダブル担任制・キャリアサポートシステム

あなたの夢をバックアップする
畿央大学のダブル担任制度

「就職に強い大学」と評価されている畿央大学。学生個人の「熱意」とそれを支える教職員の「サポート」が、全卒業生就職率95.1%という全国トップレベルの就職率と国家試験・教員採用試験合格率を生みだしています。それを支えているのが畿央大学のダブル担任制度。クラス担任・ゼミ担任に加え、進路先の各業界に精通したキャリアセンタ―教採・公務員対策室のスタッフが連携して夢の実現をバックアップします。畿央生を真ん中に、お互いの顔と名前がわかる距離で、学生一人ひとりに届く支援を実現しています。

1分でわかる畿央大学の就職サポート

スペシャルサイト「畿央大学が就職に強い4つの理由」

キャリアサポート4年間の流れ

畿央大学のキャリア教育

1年次から「キャリア教育科目」を卒業必修単位とし、現場で働く先輩の声を聞くなど早くから進路を考える機会を提供しています。たとえば、企業就職希望者に対してはキャリアセンターが2・3年次で企業インターンシップを、3年次からは毎週「キャリアガイダンス」を実施。教職志望者には2年次から教員採用試験対策講座を実施するなど、学科・進路別のキャリアサポートと万全の就職支援プログラムが、就職希望率93.9%(15年間平均)という意識の高さに結びついています。

プレキャリアガイダンス

まず「自己発見レポート」を実施して、自分の性格、社会性や能力、職業への興味などを把握します。
その上で夏休み前や年末など学生生活の節目の時期にガイダンスを行ない、これからの大学生活をどう送るか、なりたい自分になるためにはどうすれば良いのかを具体的にアドバイスします。
本格的な就職活動に入るまでのウォーミングアップがねらいです。

キャリアガイダンス

3回生になるといよいよ就職活動が本格化します。
就職をめぐる状況分析、就職情報の集め方、就職活動計画の立て方などについてきめ細かなガイダンスを行ないます。
本学は学部・学科によって卒業後の進路がさまざまです。
そこでキャリアガイダンスは学部単位、学科単位、あるいはめざす方向性ごとに行い、それぞれに必要な情報を、必要な時期に提供します。
Uターン就職希望の学生へのガイダンスも行ないます。