SNS
資料
請求
お問い
合わせ

学部・院・専攻科

FACULTY

すべては学生の未来のために。
めざすのは、本物の実学教育

社会とつながる体験型学習。
将来につながる現場型実習。
緊張感と、達成感。
ここで学ぶすべてが、未来の私をつくっていく。

学部・学科

健康科学部

より良く生きるための健康科学

WHOは「健康とは単に病気でない、虚弱でないというだけでなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも健全な状態であること」と定義しています。 つまり、健康は医療だけでは実現せず、精神的な健康と、衣・食・住に代表される生活環境が整備され初めて成り立つ物なのです。 健康で自立した生活の構築には、理学療法科で学ぶ「リハビリテーション」、看護医療学科で学ぶ「ヒューマンケア」、健康栄養学科で学ぶ「栄養」、人間環境デザイン学科で学ぶ「ユニバーサルデザイン」の知識が役立ちます。 従来別々だった各領域を統合して学ぶ学部を作ることにより、個々では困難であった問題を解決する可能性が生まれます。 健康科学部では、こうした各学科の連携を強化し、人間の健康について総合的な視点で捉え、貢献できる人材を養成します。

優れた知識・技術と志を兼ね備えた理学療法士に

チーム医療の輪の中で、いのちをつなぐ看護師になる​

「食」と「栄養」のスペシャリスト、管理栄養士に​

教育学部

現代の教育課題に取り組む

現代の教育課題、とりわけ学校教育の課題は社会の変貌に伴うもの、学校教育そのものがかかえる問題など、さまざまなものがありますが、課題解決の根本は、現代を生きる青少年に「生きる力」をつけること、そしてまた青少年を支える学校や地域など学習環境の教育力を高めることにあります。本学部ではそうした現代の教育課題の取り組みを青少年の成長・発達段階別でとらえ、学校教育コース・英語教育コース・幼児教育コース・保健教育コースの相互連関のなかで学び、知識と技術を修得し、実践に役立てる力を育成します。

子どもの心に寄り添い、可能性を引き出す教員・保育士に​

大学院・専攻科・別科

大学院

健康科学分野における様々な学術課題を考究する​

理論的・科学的視点に立った教育実践力をみがく​

専攻科(1年制)

いのちと向き合い、未来を生み出す助産師に​

別科

検診の精度を支え、がん医療の先端を担う細胞検査技師を養成​