SNS
資料
請求
お問い
合わせ

健康科学部

理学療法学科

定員:76名

最高のスタッフと設備。
理学療法の理想がここにある。

理学療法士は、病気やケガで身体に障害を持った人たちの運動機能を回復させ、生き生きと生活できるようにサポートする役割を担います。リハビリテーション医療の要であり、高い専門性が求められます。近畿地区では専門学校か国立大学、短期大学にしかなかった理学療法学科を私立4年制大学で初めて開設したのが畿央大学。病院を中心に活躍する卒業生と大学の間は太いパイプで結ばれています。理学療法のフロントランナーとして、研究業績でも業界をリードする教員陣が、理学療法の未来を支えるリーダーとなる人材を育成します。

〈めざす資格〉

●理学療法士(国家資格)受験資格​

Point1

関西の私立大学で初の理学療法学科​

畿央大学は、2003年に四年制私立大学としては関西で初となる理学療法学科を開設。当初から講義と実習・演習科目を連動させ、理論と技術が共に習得できる独自のカリキュラムを編成しています。1000名をこえる就職者のうち約96.6%が病院に就職。医療現場で大学卒の理学療法士の先がけとして活躍しています。​

Point2

多彩な研究を可能にする優秀な教員​

理学療法の研究領域は実に様々。限りない可能性が広がっています。​畿央大学の教員は医療現場での経験が豊富なだけではなく、理学療法各分野の研究で日本をリードする存在です。優秀な教員のもと、大学4年間にとどまらない、未来につながるテーマを発見し、専門分野に踏み込んだ研究を進めることが可能です。​

Point3

最先端の設備と教材がリーダーを育成する​

最先端機器や独自教材を用いて、これからの時流に対応する最新知識と技術を学修します。教員は多彩な研究活動と充実した教育を通して、確かな治療技術はもちろん、豊かな人間性と向上心、リーダーシップを備えた人材を養成します。常に問題意識と疑問を持ち続け、理学療法の分野をけん引する人材を育てます。​

国家試験・就職実績

1分間でわかる理学療法学科

4年間の学び

PICK UP

チーム医療ふれあい実習​

理学療法学科、看護医療学科、健康栄養学科が合同でチーム医療についての学びを深めた後に、1回生の夏に複数の医療機関や障害者スポーツセンターなどへ赴き、実際の医療その他の現場を体感する見学実習です。多職種によるカンファレンスや治療の様子など、プロフェッショナルな仕事ぶりを入学後早期に間近で見学することで、チーム医療を担う専門職としての役割や機能を学ぶとともに、学修意欲や探求心を高める絶好の機会になります。研修後には報告会の開催やレポート作成を通して、自分がめざしたい理学療法士像を具体的にイメージしていきます。

KIO元気塾

理学療法学科の教員と学生が協働して運動指導を行う「KIO元気塾」。病院を退院された後もリハビリが必要な近隣の方々を対象に、運動や栄養相談を通して心身機能や活動レベルの向上を図ります。また、参加されている方々との交流を通して、障がいへの理解を深めるとともにコミュニケーション能力も養うことができます。3回生後半から約半年にわたる長期の臨床実習を前にして、これまでの学びが臨床でどう活かされるのか、何が足りないのかをキャンパスにいながら学べる畿央大学独自の実践的な取り組みです。

海外インターンシップ​

約一週間、台湾の国立台湾大学と中国医薬大学に赴き、英語でのレクチャー受講やプレゼンテーションを行うほか、現地の病院や理学療法センターを見学します。現地の学生たちと交流するとともに台湾の医療の現状を知り、異なる価値観を受け入れる姿勢や積極性を養います。両国の医療現場の違いなどレポートを作成して報告会で発表、共有することで、日本の理学療法についてより理解を深めます。終了後も台湾から教員や学生が来学するなど、国際交流の幅が広がっています。​

KIOキャンパスツアー

畿央生の一日

カリキュラム

教養科目と同時に専門の基礎も学び始める

●必修科目

理学療法士になるための専門分野の講義・実習が本格化

●必修科目

理学療法士に必要な理論を実践する臨床評価実習がスタート

●必修科目

卒業研究と総合臨床実習で4年間の総仕上げ

●必修科目

畿央生の声

畿央生リアルボイス

畿央生リアルボイス

我が子と畿央大学

夢をかなえた先輩たち

患者さんを長くサポートしたいという思いから、回復期の病院を志望。内定先の病院を知ったのは、学内合同説明会がきっかけです。偶然にもゼミの先輩の勤務先で、病院の特色を伺えたことにも後押しされまし た。最新機器を取り入れたリハビリに関われることが、今から楽しみです。

理学療法学科 2022年3月卒業
勤務先:岸和田リハビリテーション病院

宇野 流弥さん

高校生のときから小児患者と接する理学療法士をめざしていました。採用枠も病院も少ない中、ようやく出会えたのは、就職1年目から小児患者と関われる病院。患者さんの成長を長く見守ることや、小児分野についての技術と知識が高められると期待して頑張ります。

理学療法学科 2022年3月卒業
勤務先:琴の浦リハビリテーションセンター

福田 友紀さん

学外実習先で、患者さんに最高の医療を提供するために多職種と強く連携している点に魅力を感じ、志望しました。 面接では、キャリアセンターの方と練習したことで自信がつき、国内外の学生と交流する日本理学療法学生協会での経験など、4年間の活動をアピールできました。

理学療法学科 2021年3月卒業
勤務先:天理よろづ相談所病院

馬淵 粧子さん

就職先を考える際には、大学で学んだ最先端の治療法を引き続き研究できる医療機関に絞り込みました。 キャリアセンターが行っている医療接遇講座などの対策講座で、マナーや面接への取り組み方、小論文の書き方などを学べたため、スムーズな就職活動ができました。

理学療法学科 2020年3月卒業
勤務先:西大和リハビリテーション病院

藤田 大輝さん

 

教員紹介