SNS
資料
請求
お問い
合わせ

大学紹介

FD活動

学生の学びを総合的に支援するFD活動を展開

畿央大学は、教育力向上のためのあらゆる活動を広い意味でのFD(ファカルティ・デベロップメント)活動ととらえており、学生の学びを総合的に支援しています。
たとえば、毎学期全開講科目を対象にした「学生の授業評価アンケート」およびそれを生かした教員の授業改善、授業公開、研究授業、授業研究会、FD研修会などを行っています。
またビデオ教材開発や遠隔教育システムの整備、地域連携による教育システム(インターンシップや授業での地域連携)の開発など、教育力向上のための環境整備にも積極的に取り組んでいます。

畿央大学の「授業アンケート」について

畿央大学では開設された平成15年度から毎学期「学生による授業アンケート」を実施しています。
対象は非常勤講師を含む全教員が担当するすべての開講科目(卒業論文・卒業研究、校外実習等を除く)で、その結果は担当教員にフィードバックし、それを基にした教員による「授業改善アンケート」も実施しています。この授業アンケートは、マークシート用紙による選択回答方式(一部記述回答を含む)で、授業の後半の時期に実施し、担当教員はその結果を反映したコメントを授業中に学生に伝達することになっています。
授業アンケートの質問項目や実施方法については、全学組織である「教育推進室」で協議し、たえず改善が行われています。学生による授業アンケート結果、教員の授業改善アンケート結果については教育推進室の授業改善専門部会、各学科・研究科において分析が行われ、FD活動をはじめとする教育力向上のための一連の活動に生かされています。