SNS
資料
請求
お問い
合わせ

キャンパスライフ

次世代教育センター

センター長あいさつ

令和3年4月、次世代社会のニーズに応えられる幅広い教養を身につけた人材の育成のために、畿央大学独自の「次世代型教養プログラム」の開発および運用を目的とした「次世代教育センター」を設置しました。
「次世代型教養プログラム」とは、通信技術や ICT 技術等の急速な進展によるデジタルトランスフォーメーションをキーワードとした大きな社会の変革期において、本学の学生がこれからの社会から必要とされるリテラシーや教養を自主的に学ぶ際に、単純なものごとの理解や必要なスキルの習得だけではなく、それらの本質や普遍的価値などを同時に咀嚼し理解することで、より高い次元での教養を獲得することを目的とした独自の教育プログラムです。


次世代教育センター長
福森 貢 教授

次世代型教育プログラム

次世代型情報教養プログラム

特定の教員がコーディネーターとなり、文部科学省の数理・AI・データサイエンス教育プログラム(MDASH)に認定された情報処理演習Ⅰ・Ⅱを基盤とした次世代型情報教養プログラムを開講します。また、関心のある受講生にはキャリアセンターが主管する「MOS検定講座」などのエクステンション講座への橋渡しも積極的に行います。

次世代型情報教養プログラム「ロボットとプログラミング」を開催しました

イベントプログラム

次世代教育センターでは毎年度さまざまなテーマを取り上げ、単発あるいは数回連続での講座開催を計画しています。
令和3年度のテーマは「これからも『ひと』と『ロボット』は共存できるのか」です。パソコン、携帯、自動掃除機など、生活の中でロボットが活躍する場面が年々増えています。今では飛行機も半分自動運転で空を飛ぶロボットです。一方で、ロボットが人間を支配する未来を描いた映画も有ります。
これから先も、「ひと」と「ロボット」は共存できるのでしょうか?情報を「つくる」「つかう」「つたえる」という3つの観点から、「ひと」と「ロボット」について考えます。

イベントプログラム「これからも『ひと』と『ロボット』は共存できるのか」を開催!

スライドで見る次世代教育センター

各スライドをクリックすると拡大表示されます。

PDFで閲覧したい方はこちらから