看護医療学科 【健康科学部】

看護)授業風景_07C4873

 

チーム医療の中心で、いのちをつなぐ看護師に。

看護は、個人や家族、地域社会が最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活ができることを目的とした支援的活動です。これからの看護師には、医師のサポートだけにとどまらず、主体的な判断や行動が求められています。また病院外の広いフィールドでの活躍、今までの看護師のイメージにとらわれない、患者の生活に視点をおいたケアを専門とする看護師が重要視されてきています。もちろん高度な技術や医学知識の修得、豊かな人間性がさらに重要になるのは言うまでもありません。今後、医療技術の進歩、超高齢社会の進展、社会構造の変化に伴い、さらにこの傾向は強まっていくことが予想されます。

めざす資格 看護師(国家資格)受験資格
保健師(国家資格)受験資格
養護教諭一種免許状
想定される進路 医療関係 一般病院・大学病院・診療所など
福祉関係 特別養護老人ホーム・養護老人ホームなど
学校教育関係 学校の養護教諭
養保健関係 保健所・保健センター・地方自治体など
一般企業 健康管理室など
その他 訪問看護師など
大学院進学

他学科とのコラボで「チーム医療」を実感

1回生前期から、理学療法学科と健康栄養学科との共通科目を設置しています。早い時期にチーム医療の中でそれぞれの専門職が果たす役割を学び、協力して医療に取り組む姿勢と能力を養います。同時に、医療現場で不可欠なコミュニケーション能力も身につけます。

人間性豊かな看護師のエキスパートに

医療の現場では、医療従事者間や患者さんとのやりとりにおいて、コミュニケーション能力が重要な役割を果たします。そのため、心理学や脳科学の授業で人間理解を深め、患者さんの心の奥まで理解できる、看護師のエキスパート養成をめざしたカリキュラムを用意しています。

実践的な学びで臨床に強い看護師に

1回生から病院での実習がスタート。医療の現場で医療従事者が互いに何を話し、患者さんとどのように接しているかを早期に確かめることで、今の自分に欠けているものが明らかになります。以後4回生まで多くの現場を経験することで、知識だけでなく、臨床に強い看護師を育てます。

看護師国家試験結果と就職実績

合格率100% 合格者84名/受験者84名

就職率98.8% 就職者79名÷(卒業者84名ー大学院・専攻科進学者4名)

詳しい内訳や就職先は、国家試験・就職実績ページへ

 

学科長あいさつ

近年、看護職の活躍の場が多様化していますが、対象のQOL(生活の質)を高め、チームで協働できる人材育成が求められています。そのため、本校では特色ある実習を実施しています。例えば、1年次から理学療法学科や健康栄養学科の学生とともにチーム医療について学ぶ「チーム医療ふれあい実習」を行っています。また病院実習だけでなく、「離島・へき地医療体験実習」など他校にはない実習を行っており、幅広く生活する人を看ることを学びます。なお、看護の対象は人間ですが、心理学や脳科学など人間理解を深めるための専門科目を充実させています。専門職として人を看るためには、知識や技術の修得だけでなく、豊かな人間性の涵養、学問的探究心や、たゆまぬ自己研鑽が求められます。4年間を通して、その礎を築くことができるようにカリキュラムを組んでいます。そして、学生の夢が実現できるように、保健師や養護教諭1種、助産師、大学院などの道にも繋げられるようにしています。

看護医療学科長
河野 由美

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.