令和2年度SD研修「感染予防対策による新生活・勤務を共に生き抜く」を実施しました。

2020/09/23更新

令和2(2020)年9月4日(金)、本学事務職員を対象としたSD研修会が開催され、36名が参加しました。SDとはStaff Developmentの略で「事務職員や技術職員の資質向上のための取り組み」を意味しています。

 

畿央大学では例年9月上旬に職員を対象にした全体研修が行われています。今回のテーマは、「感染予防対策による新生活・勤務を共に生き抜く」です。新型コロナウイルスの影響により遠隔授業がスタートする未曾有の事態に、職員もこれまでの経験がまったく通用しないイレギュラー対応に追われる毎日を送っています。本研修では、業務を離れていったん立ち止まり、上半期を振り返りながら自己開示をし、職員同士でそれを共有することで新たな気付きと相互理解を得る機会にするべく、企画されました。

 

感染予防対策による新生活・勤務を生き抜くための力をつけることを長期的なねらいとし、以下の3つを具体的な目的に掲げ、ヒューマニスティックな心理療法のひとつであるゲシュタルト療法の概念を参考に、「今、ここ」での気持ちや感情、思考についての気づきを促し、また、それを言語化することによりあるがままの自己・自らの生きざまに気づいていくということを大切にした研修を計画しました。

 

① 個人における安定した心身の健康をめざす=ストレスマネジメント

② 個人の成長や変化につながると言われている気付きの促進

③ チームワークの形成・強化

 

臨床心理学的な3大流派のひとつ。精神分析(第一勢力)、行動療法(第二勢力)、そしてヒューマニスティック心理療法/人間性心理学(第3の勢力)が挙げられる。

 

なお本研修は、十分な感染予防対策を講じた上で実施いたしました。

 

0904_01

 

自己開示をキーワードに小グループ(4人1組)になり、今回の新型コロナウイルス感染予防対策による新生活・勤務において、「私生活や仕事における変化」「変化により感じたこと」について、グループワークを行いました。直後にその経験を振り返り、さらにそのグループメンバーと今回のグループワークでの体験を分かち合うというプログラムで進めました。

 

 0904‗02

 

本研修を企画・運営したプロジェクトメンバーからは、

「他部署の業務における対応の現状を知ることができた。」

「生活環境が違う立場の人の意見を聞くことができた。」

「自分の気持ちを言語化して他者に伝えることで、自分の感じているストレスが明確になった」

「研修を機にこれまでの振り返りをすることができ、気持ちの整理をすることができた。」

「つながりを感じられる良い研修になった。これからも、他のメンバーとも交流を深めていきたい。」

などといった声が挙がりました。

 

この研修を実施し、これまで自分自身が抱えてきたストレスだけでなく、共有をすることによって職員同士多くの気付きを得られたと共に、前向きな意見が想定よりも多く見られました。これから後期へ進むにおいて、この時期に振り返りを行い、各々が気付きを得られたことはとても貴重な機会となりました。

 

今回の研修で参加者から出た気づきについては、今後個々にとどめることなく、本学内で改善すべき点を共有し、反映できるよう努めることで、これからも学生の皆さんのより質の高い「学び」を提供していく予定です。

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.