畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
現代教育学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第10回目授業

2013年2月26日(火)

真美ヶ丘第二小学校科学クラブ向け「多機能ロゴ・ロボット」最終授業で発表会!

 

2013(平成25)年2月25日、真美ケ丘第二小学校科学クラブ(4~6年生児童26人)で*SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」の第10回目の最終授業を行いました。(畿央大学指導教員:現代教育学科 奥田俊詞先生、情報センター長 福森貢先生、協力:教育学部学生)

 
*SPP選定事業:独立行政法人科学技術振興機構(JST)では小学生から高校生の科学分野人材育成のための制度として「サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)」を毎年募集しており、これに畿央大学が応募・選定された事業です。

 

ロボット20130226-1-vert.jpg

科学クラブ部員26人が8チームに分かれてそれぞれ機能の異なるロボット(①ベルトコンベア、②グランドローバー、③ヒューマノイド、④ロボットアーム、⑤スコーピオン、⑥サウンドロボット、⑦トライボット、⑧インテリジェントカー)の組み立てとプログラムダウンロード、動作確認は前回2月18日の第9回目授業で終わり、最終回のこの日はいよいよチームごとの発表会です。自分たちが組み立てたロボットの名前と動き、特徴、苦労した点、センサーの働きなどを他のチームのみんなを前に発表し、実際に動かせて見てもらいました。ほとんど同じようなパーツを使っていながらセンサーひとつでまるで違った動きをするのがわかります。今度はあんなロボットを作りたい、もっと複雑なセンサーで再挑戦したい、など科学に対する子どもたちの夢が膨らんでいるようです。SPP最後の授業には校長先生が来てくださって、目を輝かせ真剣に取り組んでいる科学クラブ部員にエールを送ってくださいました。

 

ロボット20130226-3.png

昨年5月から始まったSPP選定事業もようやく終了したことに指導教員・協力学生も安堵の気持ちを隠せませんでした。クラブ顧問の丸谷先生、北川先生のご指導のすばらしさのおかげです。本当にありがとうございました。しんどかったけど、また来年もやりたい、と思うのは子どもたちばかりではないようです。TAとして協力してくれた教育学部現代教育学科の学生たちの多くは小学校教諭として子どもたちの教育に携わっていきますので、近い未来の教師像を味わっているようでした。

 

 【関連記事】
真美ケ丘第2小学校科学クラブ向け「レゴ・ロボット」製作活動!
http://www.kio.ac.jp/information/2012/05/2-5.html

 

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第3回目授業
http://www.kio.ac.jp/information/2012/05/spp3.html

 

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第4回目授業
http://www.kio.ac.jp/information/2012/06/spp4.html

 

2012年度SPP選定事業『マミポコ・子どもサイエンス「ロボットを作ろう!」』(香芝市内小学生向け)を開講しました。
http://www.kio.ac.jp/information/2012/08/2012spp.html 

 

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第8回目授業
http://www.kio.ac.jp/information/2013/01/spp8.html

 

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第9回目授業
http://www.kio.ac.jp/information/2013/02/post-628.html

 

【所属カテゴリ】現代教育学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ