畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年06月24日 一覧

2014年6月24日(火)

今年のテーマ食材はもっともポピュラーな「マグロ」

本日はマグロ団子入りスープ

 

畿央大学と奈良県中央卸売市場との連携事業は2年目を迎え、今年も健康栄養学科の前期授業「給食経営管理論実習Ⅱ」(指導教員:上地加容子准教授、冨岡華代助手、小西佳奈助手、3回生76名)のなかで、「マグロを使ったメニュー開発」でマグロをテーマに取り組んでいます。

2014年4月17日の第1回目授業では同市場内の水産物卸協同組合(吉田理事長)から当日朝一に競り落とされたキハダマグロ体長1.5m約40kgの解体実演が調理実習室内において行われ、そのあと新鮮なお刺身にしていただいています。

 

2014(平成26)年6月12日、調理実習に入って2回目、この日学生たちが作ったメニューは、「大和野菜たっぷりランチ」という愛称の昼食で、マグロ団子と大和まなのスープ、マーボー丸ナス、春雨とわさび菜のサラダ、デザートはマンゴープリンでした。

 

新しい画像 (1)

 

ナス、人参、きゅうり、大和まななど奈良県中央卸売市場から仕入れた新鮮な野菜をたっぷり使ってのネーミングです。

マグロのすり身団子は生姜風味も良くきいていて、中華風スープの中に加えられています。

 

新しい画像 (2)-horz

 

6月12日はお昼休みに、C棟エントランスホールにおいて、学業・人物・諸活動で優秀な成績を上げた学生に与える「冬木智子特別奨励賞」と「畿央大学特別奨励賞」の授与式が執り行われ、そのあとで学長先生に「大和野菜たっぷりランチ」を食べていただきました。

 

新しい画像 (4)

 

【関連記事】

給食第1弾:奈良県中央卸売市場連携「マグロを使ったメニュー開発プロジェクト」で「海の幸たっぷりランチ」登場!

2014年6月24日(火)

こんにちは!学生広報スタッフで、被災地支援サークル「HOPEFUL」の山地美咲です!

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルです。被災地支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。今年からメンバーが大幅に増えて、約60人の組織に成長しました。

活動の一環として、2014年8月18日~20日に「のびのびキャンプ2014〜自分と未来〜」を福島県磐梯青少年交流の家にて開催します。

 

新しい画像

 

のびのびキャンプは、「福島県の子どもたちに大自然の中で思いっきりのびのびと遊んで、心と身体のリフレッシュをしてもらいたい!」という思いで始まったキャンプで、4年目を迎えます。

以前から親交のある福島大学の協力も仰ぎながら25名の子どもたちを招いて、2泊3日で最高の体験ができるキャンプをめざします。

●過去のキャンプの様子はこちらから↓

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

学生・教職員有志による東日本大震災支援のための「のびのびキャンプ2011」を実施!

福島の子どもを奈良へ!被災地支援「のびのびキャンプ2012」を開催しました!

学生・教職員有志の被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催!

 

のびのびキャンプ2014は住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-2014年度と、子どもゆめ基金の助成を受けています。

 

新しい画像 (1)

 

キャンプ本番で大切な心構えを学んだり、メンバー全員が共通理解を深めて準備するための事前研修会として、土曜日の3,4限に計4回、大学内でセミナーを開催しています。5月24日(土)に畿央大学の学生参加者を集めて、第一回セミナーがありました。

 

第1回セミナーは、メンバーが初めて揃う日ということもあり、みんなとても緊張した様子でした。そのみんなが仲良くなるようにと、3限は、プログラム係の私とまえちゃんが、アイスブレイクするためのレクリエーションで盛り上げました!

 

新しい画像 (2)

▲はじめは、グループに分かれて自己紹介をしながらのゲーム。キャンプ中はお互いが覚えやすいように「キャンプネーム」を使用します。

 

 

新しい画像 (3)

▲メンバー全員での「もうじゅうがり」というレクリエーション。最後に人数が指定されるので、急いでグループを作ります。

 

新しい画像 (4)

▲ゲームを通して緊張がほぐれ、仲良くなることができました!

 

キャンプ本番でも初対面となる学生と子ども達が距離を縮める方法として、誰にでもできるゲームや遊びを通じたアイスブレイクを徹底的に活用します!

 

また4限は、改めて「のびのびキャンプ」が始まった経緯やキャンプ中での学生の役割、昨年までのキャンプの様子について、過去のキャンプ経験者に語っていただきました。

 

新しい画像 (5)

▲のびのびキャンプ2014副代表のほんちゃんとげんきくん

 

新しい画像 (6)-horz

▲昨年度代表を務めたひちょりさん、プログラムリーダーを担当したざぶさんから、のびのびキャンプが始まった経緯や、キャンプに望む心が前についてお話いただきました。

 

いよいよ、キャンプまであと約2ヶ月です! 子どもたちと熱い夏を迎えられるよう、メンバー全員で一生懸命に頑張りたいと思っています!

今後もこのKIO Smile Blogや、のびのびキャンプfacebookページ、HOPEFULのfacebookページなどに活動の様子をアップしていきますのでチェックしてください!

 

▼のびのびキャンプ2014募集チラシ(クリックするとPDFが開きます)

新しい画像

2014年6月24日(火)

2014年6月20日(金)の1限目、看護医療学科3回生配当科目「終末期ケア論」授業内で、インターンシップ実習において緩和ケア病棟で2週間実習を行った学生有志が、自身の学びについて、後輩にミニ講義を実施しました。受講者から多くの感動の声が聞かれたので紹介致します。

※「終末期ケア論」は金曜朝1限目の選択科目にもかかわらず、86名もの多数の学生が受講しています。

 

新しい画像

 

若い看護学生にとって「死」の問題は、非常に重く、暗く、辛いものとのイメージがあります。

しかし、ミニレクチャーの中での「緩和ケア病棟は死を待つ所ではなく、最期までその人らしく生きる事を支える場所」という4回生の発言は、3回生の持つ緩和ケアのイメージを大きく変えたようでした。

 

新しい画像 (1)

 

3回生は4回生の話をとても熱心に聞いており、講義終了後に提出した感想文では、

「終末期ケアや緩和ケアとは暗いイメージが強かったが、イメージが払拭された」

「『看護師が患者のことを大切にすることは当たり前だが、患者が看護師に大切にしてもらっていると感じられるような関わりをすることが大切。寄り添う看護ってなんだろうとずっと思っていました。この言葉で、少し先が見えてきたように感じます。将来、看護師になったときにそう感じてもらえるような看護師になりたい』との先輩の言葉に心うたれた」

「1年上の先輩がとても偉大にみえた」

「先輩のような学びがしたい」

「とても貴重な話が聞けた」

「緩和ケア、終末期ケアについてもっと学びたい」

多くの肯定的意見が書かれていました。

 

新しい画像 (2)

 

教員として学生の成長がとても誇らしく感じられる講義内容でした。

現代では2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代です。看護師は人の死を避けて通ることができない職種であると思います。

多くの看護学生に緩和ケアに関する興味を持って欲しいと願っています。

 

学生のレクチャーは、同じ学生の心を動かしたものと思われます。今後も先輩が後輩に学びを伝えられるような環境を大切にし、学生の興味関心を高められるように講義を工夫して行きたいと思います。

 

最後に、就職や国家試験勉強等で多忙の中、講義を快諾してくれた学生さん有難うございました。

また、緩和ケア病棟での実習という貴重な学びの場を与えて頂きました、国保中央病院の緩和ケアホーム飛鳥のスタッフ様・関係者の皆様には、心より感謝申し上げます。

 

看護医療学科 教授 河野 由美

ブログトップへ