畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2017年02月22日 一覧

2017年2月22日(水)

こんにちは、健康支援学生チームTASK※、看護医療学科1回生の配山です!

2月20日(月)に「第2回畿央大学シニアキャンパス」が開催され、多くの高齢者の方々が来校されました。認知症カフェミニ講義や体力測定企画が開催されるなか、私は認知症カフェのお手伝いをさせていただきました。シニアキャンパスは広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」の一環で行なわれています。

 

※TASKはThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

222k1

 

認知症カフェでは、皆さんリラックスをしながらお茶やお菓子を楽しみつつ、認知症に対しての理解を深めるミニ講義を受講されていました。看護医療学科の山崎先生による認知症ミニ講義のあとは、iPadを利用して改訂版長谷川式簡易知能評価スケールのアプリを使った簡単な認知症チェックを行いました。

 

222k2

 

そしてその後、認知症のシンボルカラーであるオレンジ色のモールを使ってかわいいロバ隊長を作りました♪ロバ隊長は作った人の個性が出ていてすごく愛着が湧く出来上がりになりました!!

 

k3

 

今回の活動では高齢者の方々とTASKのメンバーが一緒に楽しくお喋りをしながら認知症についての理解を深めることができました。また、普段あまり交流をすることのない高齢者の方々とお話しすることで学ばせていただくことがたくさんあり、とても良い経験をさせていただいたなと思います。

 

k2

 

イベント終了後にはTASKと地元広陵町の介護予防リーダーによる住民ボランティアKEEP※2さんの勉強会も実施されました。

※² KEEPは広陵町介護予防リーダーの愛称で、Koryo Elderly Encouragement Projectの略称です。

 

222k5

 

地域を元気にしていく活動を今後、一緒にしていく機会がもっと増えれば良いなと思いました!

 

看護医療学科1回生 配山ひなの

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2017年2月22日(水)

平成28年度のスポーツ実習(冬期)が始まりました。1年生の受講生113人、アシスタントとして2年生・3年生の助力12人、教員10人、合計135人が、2月21日(火)~24日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場で「スポーツ実習」を行っています。

 

初日の様子を学生がレポートします!

—————————————————————————————

 

待ちに待ったスポーツ実習の日!!!!!
バスに乗る直前に雪が降ってきて、ワクワク感が高まりました。
バスに乗ると学部や学科が違う人が多くとても戸惑いましたが、席が隣になった人とは打ち解けることができました。

 

sports20171

 

長野に到着すると一面真っ白で、とてもテンションが上がりました。
雪道は慣れていないため、みんなトボトボ歩きで、まるでペンギンの子どものようでした。
スキー靴を合わせる時に、これからスキーをするんだという実感が湧いてきました。

 

sports20172

 

宿舎に着くと、温かいご飯が出迎えてくれており、思わずおかわりを5杯してしまいました。
ご飯の後はお風呂!冷えた体が一気に温まり、一気に体が寝るモードになりました。

 

・・・が、楽しい楽しいレクリエーションが始まると、さっきまでの眠気はどこやら、交差じゃんけんに始まり、猛獣狩りなどのレクリエーションゲームでは、グループになった人同士で自己紹介をして、お互いを知ることができました。初対面でもすぐに仲良くなれることが畿央生のいいところだなと改めて実感しました。

 

sports20173

 

明日からの実習がとても楽しみです。ケガのないよう実習に取り組みたいと思います。

教育学部1年生 長谷和樹

ブログトップへ