畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2015年03月02日 一覧

2015年3月2日(月)

2015年3月1日(日)、畿央大学で第1回目となる「戴帽式」を行いました。

看護医療学科4回生の有志61名が参加し、看護師となる決意を新たにしました。

 

10334396_450545705102492_9121386219908109543_n[1]-vert

 

ナースキャップは看護師の情熱と責任、意欲の象徴とも言われています。 そのため教員から学生がキャップをいただくということは、教員から同じ看護師だと認めていただくことを 意味しているのではないかと考えています。

 

しかし近年は、臨床現場でナースキャップを使用しなくなっており、看護師がナースキャップから遠ざかり、 戴帽式を行う看護学校も少なくなっています。 そのような中で今回の戴帽式は、私たちがかけがえのない命に携わるという責任と、看護を学び続けたいという意欲の 再確認のための機会と考え、企画をし始めました。

 

P1640763-horz-vert

 

企画中、準備中は本当に成功するのだろうか、お粗末な式にはならないだろうかと毎日不安でしたが、 たくさんの先生方、学生の皆さんのご協力のおかげで、初めての戴帽式にも関わらず学生にも保護者の皆さんからも「感動した」「涙がとまらなかった」「この日を一生忘れない」といったお言葉をいただくことができました。

協力してくださった皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。

 

この式がこれからも看護医療学科に受け継がれ、後輩の皆さんにも同じ感動を胸に看護師をめざしていただくことを、 畿央大学から素敵な看護師が続々と生まれることを願っています。

 

P1640987

 

私たちはこの感動とナイチンゲールに誓った言葉を胸に、それぞれが理想の看護師をめざし看護の道を進んでいきます。

 

看護医療学科4期生代表

平 晏奈、中川 香里

 

P1640699-horz

 

 

ナイチンゲール誓詞

われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

 

10422577_349110025293184_8257110981375504154_n[1]

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.163~看護医療学科4回生による「戴帽式」レポート!

学生広報スタッフBlog vol.162~看護医療学科初めての「戴帽式」、準備進行中!

2015年3月2日(月)

こんにちは☆

学生広報スタッフの、きーさんです♪

前回の記事でもお伝えした看護医療学科初めての「戴帽式」

その続編をお届け致します(^^)

 

【2月27日(金)2回目のリハーサル】

この日、戴帽生が立つ舞台や照明機材等がホールに設置されました。

 

photo1-horz ▲この舞台上に戴帽生が並びます               ▲本格的な照明機材!

 

photo3-horz

▲入場の練習                           ▲ナースキャップを実際にかぶってみよう!

 

【3月1日(日)戴帽式当日】

<9:00~> 当日も朝からリハーサルが続きます。

 

photo5-horz

▲式の流れを一通りおさらい                    ▲先生方もリハーサル

 

<13:00~>

いよいよ開場です☆

あいにくの雨の中、ご家族や先生方、在学生の皆さんが参列して下さいました♪

 

photo7-horz

 ▲受付の様子☆ 担当は3人とも看護医療学科3回生です

 

<13:30~>

司会の開式宣言に続き、戴帽生入場

続いて、伊藤学科長による親火の点火です。

照明が落とされ、厳粛な雰囲気の中に響くマッチを擦る音。

ナイチンゲール像が持つ蝋燭に火が灯りました☆

 

photo9-horz

 

戴帽生代表の中川香里さんが開式の辞を述べ、いよいよ戴帽が始まります。

 

photo12

 

河野先生が一人一人の氏名を読み上げ、伊藤学科長と小林先生が戴帽を実施。 続いてナイチンゲール像の前まで移動し、キャンドルに火を灯しました。

 

photo13-horz-vert

 

全員の戴帽が終了すると、会場はキャンドルの淡い明かりのみに☆

とても幻想的な雰囲気の中、静かにナイチンゲール誓詞斉唱

厳粛な雰囲気と相まって、言葉の一つ一つに重みのようなものが感じられました。

 

photo17-vert

▲伊藤学科長式辞                     ▲戴帽生代表 平晏奈さんの閉式の辞

 

photo20-horz

▲戴帽生退場                                ▲代表の2人に花束のサプライズ♪

 

厳かな雰囲気や音楽による演出等で、きーさんも他の3回生スタッフも皆感動していました☆

記念すべき第1回目の戴帽式、参列した皆さんが同感だった事と思います。

国家試験に向けての勉強をしながらも、こうした素晴らしい式典を企画した先輩方を見習い自分達もこの伝統を受け継いでいければ思います(^^)

皆さん、本当にお疲れ様でした!司会として式典に携わる事が出来て光栄です♪

 

式典終了後は写真撮影タイム!

皆さん、自由にご家族や仲間同士での撮影を楽しんでおられました☆

その時に撮影した集合写真にて、本稿を締めくくらせて頂きます!

また、戴帽式を企画した4回生の先輩からもブログ記事が上がってくる予定ですので、ご期待ください!

 

集合写真

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.162~看護医療学科初めての「戴帽式」、準備進行中!

ブログトップへ