畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2011年12月21日 一覧

2011年12月21日(水)

人間環境デザイン学科、建築・まちづくりコース必修の1回生配当の「建築概論」で、段ボールの椅子の製作発表会が行われました。

「段ボール2枚(1800mm×900mm)までの材料」「人間の体重を支えられること」という条件で、学生が自由に制作。演習と違い、本来ならば週に1コマしかない講義授業の時間の中、みんな頑張って最後まで仕上げてくれました!!

12月19日(月)に発表会がありましたので、その様子をお伝えします。

▼5,6名ごとに出てもらい、発表してもらいました。みんな緊張気味?!建築概論7.png

▼自信ありげに自分の作品に座っています。建築概論1.png

▼中には「静かに座ってください」と強度が心配な椅子も・・・。建築概論2.png

▼「椅子は座ってみないとわからない」と、
すべての学生の作品に座った科目担当の三井田先生。建築概論3.png

▼助手の奥村先生も学生が制作した椅子に座りました。建築概論4.png

▼興味を持った友人の椅子を試す学生たち。建築概論5.png

最後に先生から厳しくも温かい講評がありました。皆さん経験を活かしてこれからの建築課題を頑張ってください!!建築概論6.png

2011年12月21日(水)

ボランティアセンターです。
12月16日(金)に、奈良県十津川村にある施設「社会福祉法人こだまの会こだまの里」へ、「歌」と「寄付金」のお届けに行ってきました。

こだまの里1.jpg
ボランティアセンターでは、「今年の台風12号で被害を受けた地域へ募金をしよう」と、畿央祭ウェルカムキャンパスで募金活動(「復興支援ぞうきん」の販売、ルワンダカフェの実施)を行ってきました。
その一部を今回、大学と交流のある施設へお届けすることになりました。
せっかくの機会なので「歌も!」と、3人の学生が同行してくれました。

十津川村まで片道2時間半、道中は被害の傷跡があちこちに残り、災害の大きさを実感しました。
この「こだまの里」でも、すぐ横を流れる清流が濁流となり、施設のすぐ下まで水が迫ってきて、怖い思いをしたそうです。
施設長のお話しによると、十津川村の学校は夏休みが終わっても避難解除が行われず、子どもたちはほぼ2カ月間、学校にも行けずに大変だったそうです。
その教訓から現在「児童デイサービス」を立ち上げようと、早速施設の増設工事を行っておられました。
今では仮設住宅も出来上がり、避難所生活からは解放されていますが、2年間しか住居を許されていないとのことで、まだまだ復興の支援の必要性を感じました。

こだまの里2.jpg
さて、教育学部4回生3人によるユニット「かれーうどん」の演奏と歌では、いつもの楽曲に加え、クリスマスソングやトーンチャイムも今回の施設訪問のために用意して、施設の方々の温かい手拍子のなか、楽しくお披露目することができたようでした。
短い時間の交流でしたが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
「こだまの里」のみなさま、本当にありがとうございました。

こだまの里3.jpg

ブログトップへ