畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年04月11日 一覧

2014年4月11日(金)

こんにちは、教育学部2回生のゆっきーです!

 

春休みを利用して3/31〜4/2に福島県会津若松市で行われた『みんなで外遊びプロジェクトin春休み』に、被災地支援サークルHOPEFULメンバーの前ちゃん、本ちゃんと一緒に、参加してきました!

 

『みんなで外遊びプロジェクト』は、特定非営利活動法人 寺子屋方丈舎(てらこやほうじょうしゃ)によるプロジェクトです。外遊びの中でお互いが人に頼む、また人から頼られる経験を積んで仲間づくりの大切さを理解することや、プロジェクト終了後も一緒に遊べる子どもたちの関係を作ることをめざした活動です。

 

青森県から来ている子どもや福島県の中でも比較的に放射能の影響が大きかった大熊町から来ている子どもなど、参加者は様々でした。

新しい画像

 

朝、会津若松駅で子ども達を迎え入れてバスに乗り、福島県会津自然の家に到着!

 

そこでは木を使ったクラフトをしました。

みんな一生懸命に作っていました☆

 

新しい画像 (1)

 

そしてお昼はバイキング形式の昼食を食べてから、プレイホールと野外に分かれて自由遊びの時間!

ドッジボールをしたりフラフープをしたりピアノを弾いたり川遊びをしたり…

自然豊かな場所でのびのびと体を動かして、とても楽しそうでした!

友達と遊ぶ子ども達はみんな笑顔で溢れていました(^^)♪

 

子ども達の活動の様子はこちらから☆

 

子ども達との時間はあっという間で一日だけでは足りず、解散する時はとても寂しかったです。

今回企画してくださった寺子屋方丈舎さんは毎年子ども達とキャンプや日帰りのプロジェクトを行っているようなので、ぜひまた参加したいと思いました!!

 

子どもが好きな人、ボランティアに参加してみたいという人は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか(^^)?

 

私たちは今回福島県に行き、プロジェクトに参加することで、改めて復興支援を継続的に続けていきたいなと思いました。

私たちができることはほんの一部にしか過ぎないかもしれませんが、子ども達の「楽しかった!!」と言う笑顔を見て、無駄ではないのかなと思いました。

 

「復興支援」と一言で言っても様々ですが、このように目に見えない支援もたくさんあります。

私たち学生はこれからも必要とされる限りのことを少しずつでも続けていき、このように活動の記録をみんなに発信していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

被災地支援サークルHOPEFUL

現代教育学科2回生 荒井 章恵

2014年4月11日(金)

2014年4月7~8日の2日間、看護医療学科では高野山別格本山宿坊普賢院へ「新入生宿泊研修」に行ってきました。参加したのは新入生89名と研修の進行をサポートする支援学生の2回生21名、教員8名の総勢118名です。

お天気もよくて、眩しい!と思いきや、木の上や道路の端には雪が残っていました。寒い出だしです。

 

新しい画像-horz

 

 

張り切って早めに到着した新入生や、支援学生と共に到着した新入生。

坂田先生からのお話で、予定通りにスタートしました。

 

新しい画像 (2)

 

クラス会

まず、クラス毎に円座を組み、自己紹介でニックネームを決めたり、支援学生が個々に新入生にお話したりと、賑やかに過ぎていきました。

 

新しい画像 (3)-horz-vert

 

セッションⅠ-1

くじ引きの飴でグループを決めて、高野山を散策します。去年新入生として参加していた支援学生が、今回の案内人です。「最も高野山らしい風景」があるところを探して境内を散策し、撮影。次のセッションの発表に備えて各グループで準備します。

散策の後は夕食です。皆でいただきました。

 

新しい画像 (7)

 

セッションⅠ-2

「最も高野山らしい風景」と、お互いを知ることの素晴らしさについて、パワーポイントを使って発表しました。グループごとに良い個性が出ています。上位3グループを投票で決め、1位に「生梅飴グループ」、2位に「濃厚ミルクグループ」、3位に「チェルシーグループ」が輝き、賞品(お菓子の詰め合せ)を獲得。やったね!

 

新しい画像 (8)-horz-vert

 

セッションⅡ

2日目は朝食の後、再びくじ引きの飴でグループを決め、セッションⅡがスタート。高野山大学の山脇雅夫教授から「悲しみから学ぶ」をテーマに講演していただきました。

人の苦しみや悲しみは、人の苦しみや悲しみを体験した人のみが理解できる、と説いていただきました。「聴く」ことの難しさ、大事さ、これから新入生が学んでいくことを先んじて教えていただく機会になりました。

去年と同様に「働く」=「ハタ(傍)楽」、はたらくということは周りの人を楽にさせるというお話もありました。さらに「優」という文字は人の憂いを知っている人が人の悲しみの支えになれる、という新たなお話もあり、支援学生もより深く学ぶ機会になったようです。

 

新しい画像 (11)-horz-vert

 

山脇先生のお話の後、班毎に支援学生から新入生に、1回生で行われる「チーム医療ふれあい実習」「基礎看護学実習」での経験談を新入生へ話しました。新入生は不安と期待の面持ちです。しかし「いのちとこころ」という部分でこれから自ら関わっていく現場を知ったのではないでしょうか?

 

新しい画像 (15)

 

最後に山脇先生にコメントをいただきました。

支援学生は新入生を支援する立場で再び宿泊研修を経験し、山脇先生のお話についても感じ方が違った様子でした。2日間の支援、お疲れ様でした。

 

4月8日はお釈迦様の誕生日。普賢院で甘茶を提供されていました。学生も帰り際に興味深くいただき、無事宿泊研修を終えることができました。

 

看護医療学科 助手 笠谷 笑子

ブログトップへ