畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年10月29日 一覧

2014年10月29日(水)

現代教育学科2回生合同ゼミⅡでは、前期に、学生のキャリア形成を支える新たな取り組みを行いました。

“学生が自ら考え、自ら学ぶ”を基本方針として、5つの選択授業と社会人になるために必要な一般教養の学習から個々に必要な学びを自ら組み立て、自ら学ぶ取り組みでした。

 

後期になり、更に力を付ける取り組みを行っています。

自らの将来のために今何をするべきかを考える「キャリア設計コース」

教養を高める「理科講義コース」「自主学習コース」

実践力を高める「模擬授業コース」「模擬保育コース」

の5つのコースから、カフェテリア方式で自分のスケジュールを作り、学ぶ取り組みです。

 

5つのコースの様子を紹介します。

 

「キャリア設計コース」

新しい画像-horz

 

第1回目に自分の将来設計について改めて考えました。

第2回目は、実際にエントリーシートを書いてみました。

その結果、書けない、あるいは書く材料が十分にないことが分り、エントリーシートに“書ける”自分になるために、今するべきことについて考え、取り組むきっかけとなりました。

 

「理科講義コース」

新しい画像 (2)-horz

 

自然科学に求められる一般的な知識のベースは中学校理科の学習内容にあります。

そこで、化学、地学、物理のうち質問が多い内容に絞って学びます。

この回は、「酸化・還元反応」を学んでいます。 知識のベースを強固にしようと、多くの学生が受講しています。

 

「自主学習コース」

新しい画像 (4)-horz

 

あらかじめ、一般教養のテキスト問題を解いてから参加しま す。

時間の前半は必修科目の相互解説、後半は選択科目の相互解説を行います。わからないところがあれば、今年教員採用試験を受験した上回生SAがサポートしてくれます。

問題に取り組み説くだけでなく、さまざまな解き方・考え方があることに気付くことで、実力アップにつながっています。

 

「模擬授業コース」

新しい画像 (6)-horz

 

先生役と子ども役になり、実際に40分程度の授業を実施します。

先生役は学習指導案を書き、授業をします。子ども役は、その学年の子どもが学ぶことができる教え方をしているのかどうかを判断しながら参加します。

授業後には自分たちで振り返りのための討議会を行ない、授業者は自分自身の教え方がよいのか、子ども役は子どもの立場から学習指導が適切なものであったのかどうかを検討します。

討議会の最後には担当の教員から助言を受け、それらを自分自身の学びへと転換します。 こうした活動を通して先生役・子ども役のどちらも授業へのスキルアップをしています。

 

「模擬保育コース」

新しい画像 (8)-horz

 

先生役と子ども役になって、保育をします。

先生役は指導案を書き、保育を実施します。子ども役は、事前に調べてきた発達段階を基に子ども役を演じ、その年齢に応じた活動かどうかを判断しながら参加します。保育後の話し合いで、保育のねらいは達成できていたか、子どもへの援助・配慮は適切だったか、進め方はスムーズだったかなど、様々な観点から保育を振り返ります。

2回生は、この夏、保育所での実習を終えています。

来年夏の幼稚園での実習までに、さらに、スキルアップしていることと思います。

 

それぞれのコースで、参加してよかったという声が上がっています。

企画した2回生担任団としては嬉しい限りです。

 

【現代教育学科2回生担任団】

西尾正寛、岡本啓子、粕井みづほ、衛藤昌子、Randy Muth、八木義仁、細越寛樹、横山朋子

ブログトップへ