畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年01月25日 一覧

2016年1月25日(月)

人間環境デザイン学科加藤ゼミでは、毎年1月に、大学に隣接する大型商業施設エコール・マミ(通称エコマミ)さんの協力のもと、店舗の改装案を提案させていただいています。

 

kato1

 

▼昨年のリニューアルOPENでは、加藤ゼミの提案が取り入れられました!

南館2階マミホール前室・北館3階従業員休憩室・北館1階インフォメーションボード

レディスファッション「アリス」店頭ディスプレイ

 

今年は

(1)バレンタイン特設会場

(2)エディオン巨大タペストリー

(3)旧KFC店舗提案(飲食店・物販店)

の依頼をいただき、現在4つの班にわかれて製作中です!

 

 

(1)バレンタイン特設会場班

エコマミ北館にて、バレンタイン仕様の装飾や販売が行われるので、その装飾の提案と製作をします!テーマは、「Alice in Valentine.」ハートやトランプをモチーフとしたかわいい手づくりの装飾をします。

 

1

 

(2)エディオン巨大タペストリー班

エディオン入り口付近の真っ白な壁に巨大なタペストリーという壁面アートをつるします!テーマは「モンドリアンスマイル」。有名画家モンドリアンから着想を得たカラフルなアートです。写真や折り紙などのさまざまな素材を使用し、笑顔を表現します。

 

2

 

IMG_5395

 

 

 

(3)旧KFC店舗提案(飲食店・物販店)

A班が提案するのは、アートなブックカフェ!セルフ型カフェの見た目は、びっくり傾いた立法体です。中は自習室になっていて、本を自由に読めるお店を提案します。

 

3

 

B班は、小物製作教室と販売を行うお店を提案します!こちらはバスが店舗にくっついたような見た目になっています。子供たちだけでなく、主婦層の方々にも楽しんでいただきたいという提案内容になっています。

 

4

 

kato2

これらの店舗提案の2班の提案については、提案内容と模型をエコマミにて展示していただきます。

 

 

エコールマミのエリアで、1/29~2/14の展示予定です。

バレンタイン特設会場:エコマミ北館(1階南側入口)

巨大タペストリー:エディオン(南館駐車場側)

旧KFC店舗提案:エコマミ(インフォメーション横)

 

加藤ゼミ2.3回生が一丸となって作ったものは、どれもかなり見ごたえのあるものになっていますので、どうぞ足を運んでみてください!!

人間環境デザイン学科 3回生 多田 遥香

 

【過去のエコ・マミへの提案】

2015年度 エコール・マミ改修を提案!~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ(加藤ゼミ)

2014年度 エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2013年度 さらに発展・エコマミ提案★人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2012年度 4年目のエコマミ提案★人間環境デザイン学科 加藤プロゼミ

2010年度 エコール・マミ 改善案 -人間環境デザイン学科 加藤プロジェクトゼミ報告-

2016年1月25日(月)

本学大学院健康科学研究科博士後期課程の石垣智也さんらの論文が、Experimental Brain Research誌に掲載されています。この研究は、「ライトタッチ効果」と呼ばれる安定している外部対象物(例:壁など)に軽く触れると、立位姿勢が安定化する現象についての研究で、このライトタッチ効果の脳内メカニズムを明らかにしました。

 

EEG frequency analysis of cortical brain activities induced by effect of light touch

Ishigaki T, Ueta K, Imai R, Morioka S

 

図1-2

 

<研究概要>

不安定な環境下(暗所、狭い床面、高所など)において、軽く壁や手すりに軽く触れるだけで立位姿勢が安定化することは、日常生活でも経験されます。このように、力学的作用に依らない程度の力の接触によって立位姿勢の安定化が得られることをライトタッチ効果といいます。ライトタッチ効果はリハビリテーションの場面においても杖の使用や手すりへの軽い接触、または理学療法士が軽い身体的接触により患者の動作介助を行う際などにも用いられます。今回、研究グループはライトタッチ効果に関係する要因を調整した様々な立位条件を設定し、各立位条件の姿勢動揺と脳活動を測定しました。そして、固定された台に接触を行う条件においてのみ、ライトタッチ効果が得られ、感覚情報処理に重要である左感覚運動皮質領域と左後部頭頂皮質領域に高い脳活動が認められることを明らかにしました。 この研究成果は、ライトタッチ効果の神経メカニズムを説明する基礎的知見のひとつになるものと期待されます。

 

詳しい内容を知りたい方は、ニューロリハビリテーション研究センターのプレスリリースをご覧ください。

1-1

 

ブログトップへ