畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2009年06月15日 一覧

2009年6月15日(月)

 

第44回日本理学療法学術大会(※1)が2009年5月28日から30日まで東京都内の東京国際フォーラムで開催されました。

 

畿央大学の教員、大学院生、卒業生の論文発表はきわめて多く、研究領域も多岐に渡っていました。

なかでも、今年3月に卒業した3期生の卒業研究が6演題もあり、頼もしい限りでした。戎さん2.JPG

 

また、講演、座長などの役割を果たしている卒業生も多く、大学としても大変高い評価をいただきました。

 

 

(続きを読む…)

2009年6月15日(月)

第44回日本理学療法学術大会で、本学大学院1期生の増田崇さん(奈良県立五條病院勤務)が学術大会の優秀賞を受賞されました

 

増田さん1.JPG 増田さん2.JPG


これは、増田さんが大学院在学中に修士論文の一部を昨年の学術大会で発表したものです。                                         
タイトルは『腹部外科手術後の咳嗽時最大呼気流速と術創部痛の関係』で、内容は手術後の咳の力と痛みとの関係を調査したものです。 

 

▼受賞された増田崇さんのコメント 

今回の受賞は正直驚きました。

お世話になった皆様方に改めて御礼申し上げます。

今後も引き続き、理学療法の発展に少しでも寄与できるよう、がんばっていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

▼理学療法学科 田平一行教授からのコメント

私も共同研究者として、増田さんの研究に関わっており、理学療法士の学会として最も大きな学術大会で認められたことは本当に嬉しく思います。今後も患者様に有用な知見が得られるように、大学院生,ゼミ生,本学教員とともに研究に励みたいと思っています。

ブログトップへ