2022年7月20日の記事

2022.07.20

「認知症ケア論」で学外施設へフィールドワーク第2弾! ~看護医療学科

今年度より「認知症ケア論」が開講されました。1・2年次開講で今年は1回生8名が選択をしています。選択した学生は、身内に認知症のある方がいらっしゃったり、認知症に興味がある学生です。   2022年7月16日(土)、前回の「認知症ケア論」で学外施設へフィールドワーク! に引き続き、SPSラボ若年認知症サポートセンターきずなや でフィールドワークを行いました。きずなや代表の若野達也氏とまほろば俱楽部代表の平井正明氏にフィールドワークをご担当いただきました。   SPSラボ若年認知症サポートセンターきずなやは、2009年 地域で孤立する若年性認知症の人と家族に対しての居場所や活動拠点をつくる目的でスタートしたそうです。当初は、若年性認知症の理解が浸透しておらず、制度や既存の事業所も利用できないなどの地域課題があったため、当事者・家族とともに考え、若年性認知症の人と家族の孤立・孤独を防ぐために活動を始められたのがきっかけで、現在では多くの業種と連携を取りプロジェクトを展開されています。また、奈良県の委託で、『奈良県若年性認知症サポートセンター』の相談事業や、ピアサポート構築事業も行っておられます。     ▼SPSラボ若年認知症サポートセンターきずなや(ホームページより)     まず、きずなやの畑や梅の木を見ながら、手掛けておられる農福連携プロジェクトや異業種連携についてご説明いただきました。 きずなやのある土地は、もともと住民らでつくる広い梅林でしたが、土壌悪化と住民の高齢化で手入れができずほとんど枯れてしまっていたそうです。そこを若年性認知症の人や家族、支援者、メンバーの方たちと共に、梅林のお手伝いを始め、追分梅林として復活させたそうです。収穫した梅はそのまま販売するほかに、梅ジュースにして販売もされています。     ▼追分梅林の説明をしてくださる若野さんと真剣に聴き入る学生たち     他に、大和橘の栽培や夏みかんなども栽培されているそうです。また、近畿大学農学部と共同研究で作られた、土を使わずに栽培できるポリエステル培地についても紹介していただきました。軽量で半永久的に利用できるため、農業の担い手不足も解消できます。地域の高齢化問題の対策として、他にも構想中のドローンを使った梅の実収穫や、地域に人を呼び込むためのひまわり畑構想など伺いました。また、幾つかの団体が共同利用するOIWAKE FARMや、ボランティアで参加していた大学生が立ち上げたOIWAKE PARK(ネット上での運営ができるキャンプ場)などを知ることができました。   お話を伺ううちに、きずなやでは若年性認知症の人とそのご家族だけでなく、地域の団体や高齢者からボランティアに来る学生まで、みんなが良い方向に進むためにどうすればいいかを常に考えておられ、様々な可能性にチャレンジしておられることがよくわかりました。誰も置いていかない、常に明るい未来を創っていこうとする姿勢が、多くの人や企業を引き寄せるのだと強く思いました。     ▼OIWAKE FARMの説明中の様子   ▼OIWAKE PARK     その後部屋に戻り、若野さんからさらに詳しく事業所ができた背景や事業展開などについて語って頂きました。 学生からの質問「今まで活動を続けてこられた中で何が一番大変だったか?」に対して、若野さんは「時間軸で大変なことは変わるが、最初は地域の人達から理解が得られず、調整していくのが本当にしんどかった。一年間かけて説得していった」と答えてくださいました。 また、コロナ禍のワクチン接種の際、若年性認知症の方は個人情報保護の観点から医療・行政間や施設間でのデータ確認が行えず、ワクチンがなかなか摂取出来なかったという話を聴いて、自分達が看護師として勤務した際には何ができるのかを考えるきっかけになりました。 平井さんからは、「自分がすべてできなくてもいい。自分のもっている知識や人を繋ぐことが大切」というアドバイスも頂きました。   午後からはきずなやに地域の専門職(地域包括支援センター・訪問介護ステーション・老人介護施設・DPM(Darkside young Prevent Mission:息苦しさを抱える若者達の孤独・孤立を防ぐ)の方々が4人来てくださり、地域における相談支援や介護保険事業所、地域活動、若者の孤立・孤独を防ぐプロジェクト等についても話していただきました。     ▼講義中の地域包括支援センター中村様   ▼講義中のDPMの鈴木様     最後に「本日のフィールドワークから気付いたこと・考えたこと」をテーマにグループワークを行いました。   学生からは、 ●認知症という病気だけに捉われることなく、若者や地域の高齢化問題などにも視野を広げることで双方の解決につながる ●看護師になることで、医療の目線でしか物事を捉えられなくなるのではなく、いつでも対象者の目線で物事を考えることが必要 ●看護の視点だけでなく、地域がどう影響するのかを考えながら社会を学んでいくことが大事だ ●当事者は変えられないが、社会は変えられると学んだ。各々が得意な分野で社会に足りない分を補うことが私たちに求められている などの意見がありました。     ▼グループワークの様子     認知症ケア論を受講している学生は1回生で、まだ看護分野もほとんど学習できていない段階ですが、今から看護のことだけでなく広い視野を持って学べているところに頼もしさを感じました。今回の学びが、今後医療に携わる人としての成長の糧になればと思います。   最後になりましたが、学生に貴重な学習の場をご提供いただき、熱心にご講義いただきました若野様、平井様はじめご協力・ご助力を賜りました皆様に感謝申し上げます。     看護医療学科 助教 島岡昌代   【関連記事】 「認知症ケア論」で学外施設へフィールドワーク! ~看護医療学科 新たに「認知症ケア論」が開講しました!~看護医療学科 5か国合同でのミニシンポジウム開催 ~ 看護医療学科「 国際看護論Ⅰ」 摂食嚥下障害看護認定看護師の講師を招いて 「高齢者の摂食・嚥下のための看護」演習を行いました!~看護医療学科「老年看護学援助論Ⅱ」 「最期のときに、心をこめて。」エンゼルケアの演習を実施しました ~看護医療学科「終末期ケア論」 対面とZoomで「七夕交流会」を開催!~Orange Project®畿央大学 第1回エコマミ公開講座に山崎教授と学生が協力!~Orange Project®畿央大学  

2022.07.20

ゲスト講師と考える「仕事と幸せ、豊かさと遊び心」~キャリア入門セミナー

「キャリア入門セミナーって、どんな授業?」 毎年新入生たちは、このような疑問を持ちながら、最初の授業に参加します。   各学科1年次前期必修「キャリア入門セミナー」は、社会人として最も求められるコミュニケーション能力を磨き、良い人間関係を築くための自己理解や他者理解、社会人基礎力(チームワーク力、前に踏み出す力、考え抜く力)、人としての基本マナーを身につけ、4年後の自分像を確立していく時間です。   学生の声(アンケートより抜粋) 私自身は4月からキャリア入門セミナーを受講していて、その時間はとても貴重で、新しい発見ができる有意義なものに感じていて、とても大好きです。 初対面の方への挨拶の仕方や姿勢、自分の考えを発信する力など、社会に出てからは普通に求められるのに、社会に出るまで誰も教えてはくれない、しかしそれらを学べる時間を作ってくれているのが畿央大学「キャリア入門セミナー」の講義であり、それがこの大学の強みであると常に感じています。 第11回目の授業のテーマは「人生設計」。 1.専門分野だけでなく、広く社会情勢にアンテナを張る 2.未来、私はどんな生き方(暮らし)をしていたい? 3.その未来を実現するためには、今どのような能力を身につける必要があるの? など、人生における夢・目標を実現するための方法を探索するだけではなく、それを実現するための能力を習得することを目的にしています。   今回は、キャリア入門セミナー講師チームのメンバー、下村知範さんが講義を担当しました。下村さんは縁あってテレビ取材を受けており、2022年7月4日(月)の授業には撮影が入りました。 以下、下村さんから授業レポートを寄稿いただきました!         2022年度キャリア入門セミナー 仕事と幸せ、豊かさと遊び心について こんにちは。昨年から「キャリア入門セミナー」の授業の一環で、ゲスト講演させていただいている下村知範(ともき)と申します。   普段は、京都市内で印刷物やWEBサイトなどのデザイン制作や動画の編集、セミナーや研修、小さな会社やお店の支援を仕事にしながら、毎月お寺で勉強会やイベントを開催しています。       それ以外にも、好きな絵を描いてグッズを創作したり、山の麓にあるお堂にこもって坐禅をしたり、畑を耕して家族で野菜を収穫したり、充実したワクワクする日々を過ごしています。   これまでには、もちろんのこと紆余曲折があって、山あり谷ありの経験をしてきました。自身の経験を通して、何か少しでも気づきを届けられたらと思っています。   人生のキャリアについて考えると同時に、人生における目的とも言える「幸せ」について、様々な角度から掘り下げて考え、仕事を有意義に、ひいては人生を有意義に過ごすためのヒントやキッカケを届けられたら…という想いで、このようなテーマを取り上げています。       子どもの頃は誰もが持っていたであろう遊び心を思い出し、様々なことに好奇心を持って取り組む重要性。尽きない欲を求め続けるのではなく、知足の精神をもって目の前にある豊かさに気づき、行動することによって心を豊かに育むということ。そして、幸せへと繋がる仕事の捉え方、考え方についてお話ししました。   何かを教えるわけではなく、私自身の経験を通して得たことや学んだことを共有することで、各人が自ら気づき、幸せへの道を見出す手がかりにしてもらいたいと考えています。   ワークを交えて進めていく中で、照れくさいという声も多いですが、皆楽しく学んでくれているようでした。中にはスライドのまとめ方や話の組み立て方が分かりやすい、飽きないと言ってくれる方もいて、そんなところまで見てくれているのかと感心させられます。     受講後の感想を読んでいると、私の方が気づかせてもらえることや学びも多く、思い浮かんだことをメモしながら一人残らず精読するようにしています。書き出していくと毎回結構な量になるので、その勢いで感想への返事として文章をまとめて手紙にし、担当の先生に配布していただいています。     7月4日講義の感想を読んで   7月11日講義の感想を読んで 講義の中では「私はこう考えている」「私はこうやって行動してきた」という風に伝えるだけで、「こうしなさい」「ああしなさい」「〜すべきだ」ということは基本的に言いません。ところが多くの方は「〜しようと決めました」「日頃から〜を意識します」「〜を変えるため行動に移します」といった具合に、各々が自発的に決意を書いてくれていて感銘を受けました。   また、学校生活とアルバイトで忙しく余裕のない方が多いようで、「心にゆとりを持てた」「これからは授業もアルバイトも好奇心をもって楽しんでいきたい」といった感想も多くあり、何かしら受け取ってくれているものがあるのだと、やりがいと意義を大いに感じさせてくれます。     自分の子に対しては元より、次の世代に対して「幸せに生きてほしい」という願いはあっても、何かを強要することはしたくありません。無論、経験の食わず嫌いをしていたり、踏み出す一歩を躊躇っていることがあれば、背中を押したり、時には厳しく接することも大切でしょう。かくいう私はまだまだ未熟者であり、大した人間ではないのですが、自分ができないことを押し付けるのではなく「こんな風に生きてほしい」と思える生き方を自らが実現し、人が真似したくなるような生き方をしていきたいと常に意識しています。そのうえで「自分もこんな風に生きたいと思った」という感想を沢山いただけたことで、想いが伝わっているのだと実感することができ、非常に喜ばしく思っています。   人生を一つの「物語」として捉え、社会で理不尽なことに遭ったり、辛いことや悲しい出来事に直面しても、いずれは「後に繋がる伏線」になっていく。私はこのように考えています。     そうすることで、たとえどのような出来事であったとしても、しっかりと受け入れ、目一杯味わって、将来の自分の糧にすることがでるのではないでしょうか。   「あなたは幸せになりたいですか?」 その答えがYESであれば、さらに質問です。   「幸せとはいったいなんでしょう?」 普段、あまり深く考えないことが、人生では大いに重要なことだったりします。   この度は大変貴重な機会をいただけたことに、心より御礼申し上げます。   下村 知範    

2022.07.20

小学生向けに「ぴょんぴょん・コップ」動画を公開!~2022年度「マミポコ・キッズ」前期 第1回活動報告!

こんにちは、マミポコ・キッズです!   私たち「マミポコ・キッズ」は、畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行ってきました。しかし、現在は新型コロナウイルス感染症の影響により、対面での活動が難しい状況にあります。そこで、今年度も子どもたちが何か楽しめることを遠隔で提供できないかと考え、子どもたちが1人だけでなく、お友達やお家の方とも楽しめる遊びの第1弾の動画配信を企画・制作しました。   今回の動画では、紙コップと輪ゴムを使った「ぴょんぴょん・コップ」を紹介しています。紙コップ2個と輪ゴム2本で簡単に作ることができます。さらに、折り紙やペンを使うと、カンガルーやウサギ、ロケット等、自分だけの「ぴょんぴょん・コップ」を作ることができます!飛ばし方のコツも詳しく説明しているので、ぜひ動画をご覧になってください!       ▼感染対策を徹底した上で準備を進めています       どんな動画に仕上がっているか、ぜひご覧ください!         次の動画もみんなで遊べる楽しい企画を考えているので、お楽しみに! 子どもたちのたくさんの笑顔があふれる活動を目指して頑張ります! 今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します。   現代教育学科 2年生 長谷川慈(いっちゃん) 三住真弥(おむ)     【関連記事】 小学生向けに「紙皿ゴマ」動画を公開!~2021年度 「マミポコ・キッズ」後期 第2回活動報告 小学生向けに「葉っぱの写し絵」動画を公開!~2021年度 「マミポコ・キッズ」後期 第1回活動報告 小学生向けに「ストロートンボ」動画を公開!~2021年度「マミポコ・キッズ」前期第3回活動 小学生向けに「でんでらりゅうば」動画を公開!~2021年度「マミポコ・キッズ」前期 第2回活動 小学生向けに「切り絵で遊ぼう」動画を公開!~2021年度「マミポコ・キッズ」前期 第1回活動