畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年04月21日 一覧

2021年4月21日(水)

畿央大学では入学後の不安を払拭し、担任や同級生との絆を深めるため、「新入生宿泊研修」を学科ごとに入学式直後に行っています。今年度は2020年度に引き続き十分な感染対策を講じたうえでその代わりとなる「新入生学科別研修会」を学内で開催しました。今回は理学療法学科の研修会の様子を報告します!

 

2021年4月7日(水)、感染対策・予防の観点から短期集中の3時間で新入生73名に研修会を行いました。

まずは、クラスごとに分かれての自己紹介タイムを実施しました。みなさん少し緊張気味でしたが、すでにスマホやSNSは当たり前の世代なので、すでに色々なところでつながりができている様子でした。

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科1-1

 

さて、研修の一つ目のポイントです。

「卒業生の講話」と題して、理学療法学科卒業生の方から畿央大学の「建学の精神」を踏まえたお話をしていただきました。例年であれば、卒業生と上回生の合計10名ほどからお話をしていただくのですが、今年は人流を最小限にするために2名の卒業生にお願いしました。

 

▼畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターで働いている大住先生(3期生)

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科2-1

 

学生時代のお話、臨床でのエピソード、研究や結婚や出産について、赤裸々に語っていただきました。畿央大学の「建学の精神」が、卒業後も心の中に宿り続けていることを感じた貴重なお話を聞かせてくれました。

新入生にとっては、卒業後の未来について想像するキッカケになったのではないかと思います。

 

▼多くの卒業生も活躍する西大和リハビリテーション病院の後藤さん

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科3-1

 

そして、本研修会のメインイベント、畿央大学の「建学の精神」について新入生自身で考える企画です。理学療法学科の新入生研修会では、例年このテーマで実施しています。「徳をのばす」「知をみがく」「美をつくる」という言葉を、入学してすぐの新鮮な心持ちの時に、真剣に考えて、議論していただく時間にしています。

今回は感染症対策として、教室を分散して密を回避し、フェイスシールドを装着してのグループワークとなりました。

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科4-1

 

受験勉強では、答えがある問題を正確に早く回答する練習をしますが、この企画では「建学の精神」とは何なのか?という答えのない問題を議論することになります。さらに、ほぼ初対面の7~8名でのグループワーク。今までやってきた受験勉強とは異なりますが、これこそが大学での学びの基本になるのだと思います。答えのない問題に根気強くどのように向き合うかは大切な姿勢です。

グループごとに個性があり、様々なことを思い描きながらポスターを作成していました。

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科5-1

 

グループワークの後、三密を回避した形でポスター発表を実施しました。

 

新入生学科別研修会レポート~理学療法学科6-1

 

学生たちは、入学していきなり「建学の精神」を考えるという難問に、果敢にチャレンジして楽しく熱心に取り組んでくれました。この研修の時の気持ちを忘れずに、これからの大学生活を毎日大切に過ごしてもらえたら、と思います。

 

理学療法学科 教授 松尾篤

助教 西井康恵

 

【関連記事】

2021年度 新入生学科別研修会レポート~人間環境デザイン学科

2021年度 新入生学科別研修会レポート~看護医療学科

ブログトップへ