畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年06月20日 一覧

2014年6月20日(金)

健康栄養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第19弾は「かぼちゃスープ2種」です。

 

*******************************************************************************************

カンボジアの野菜として渡来したことがその名前の由来になっているかぼちゃは、品種によって形や色が様々です。口当たりが柔らかいのが特徴です。

βカロチンが多く、緑黄色野菜の不足する冬には、カロチンの供給源として、冬至でかぼちゃを食べるなどとして重宝されてきました。

特に西洋かぼちゃはβカロチンが多く、坑酸化作用もあり、栄養素の酸化還元反応の補酵素として作用するナイアシンも多く含まれています。炭水化物が多く、暑い時は冷やしてスープにすると食欲もわき、満腹感も得られます。

  健康栄養学科4回生 梅木 霞

*******************************************************************************************

①かぼちゃの冷製スープ

 

●かぼちゃの冷製スープ

 

<材料>

かぼちゃ  90g
たまねぎ  10g
バター  3g
コンソメ  2g
牛乳  70g

 

<作り方>

1.かぼちゃは皮をむき、種を取り除いてうすく切っておきます。

2.たまねぎはみじん切りにしておきます。

3.鍋にバターを溶かし、たまねぎが透き通るまで炒め、次に、南瓜を入れます。ひたひたに水を加え、柔らかくなるまで煮ます。

4.3が柔らかくなったら、鍋を火からはずし、荒熱をとります。

5.ミキサーに4を入れ、牛乳を加えて、廻します。

6.鍋に5を入れ、コンソメを加え、沸騰すれば出来上がりです。

 

<コメント>

不要になった南瓜の皮を星型にくり抜くと、ステキな飾りになります。冷やして、好みで、シナモン、コショウ、

カルダモンなどをかけるとよいでしょう。

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 159kcal たんぱく質 4.3g 脂質 5.5g 食塩 1.1g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

 

*******************************************************************************************

 

②かぼちゃスープ

●かぼちゃのスープ

 

<材料>

かぼちゃ  70g
豆乳  60g
コンソメ  2g
コショウ  少々
 20cc

 

<作り方>

1.かぼちゃは皮をむき、種を取り除いてうすく切っておきます。

2.鍋に水を入れ、かぼちゃを柔らかくなるまで煮て、柔らかくなったら、鍋を火からはずし、荒熱をとります。

3.2をミキサーに入れ、豆乳を加え、廻します。

4.鍋に5を入れ、コンソメを加え、沸騰すれば出来上がりです。コショウで味を整えます。

 

<コメント>

牛乳ではなく植物性たんぱく質の豆乳を使ったところがヘルシーです。

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 96kcal たんぱく質 3.6g 脂質 1.5g 食塩 0.9g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

ブログトップへ