畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2015年01月23日 一覧

2015年1月23日(金)

人間環境デザイン学科2回生・3回生が学年の枠をこえて地元企業や市町村、地域住民の方々と地域の課題解決に取り組む「プロジェクトゼミ」

 

加藤ゼミでは毎年、大学に隣接するエコール・マミ(以下:エコマミ)様にご協力いただき、店舗デザイン提案や改修提案を行っており、今年で7年目を迎えます。

2015年1月9日(金)にエコマミで企画担当の方に店内改修案のプレゼンテーションを行いました。

 

IMG_1114-vert

 

今回、改修提案をさせていただいたのは、マミホール前室、従業員休憩室、インフォメーションボードの3つです。

それぞれ

A班:マミホール前室

B班:従業員休憩室

C班:インフォメーションボード

の3班に分かれて提案を行いました。

 

A班:マミホール前室の提案

新しい画像 (2)-horz

 

A班の中でさらにA―1(写真左)、A-2(写真右)の2班に分かれ、2パターンの提案をしました。

A-1班は「室内公園In Door Park」をテーマにナチュラルな空間の提案を行いました。壁掛けの植物は水やりが1、2週間に一回で良く世話の手間がかかりません。

A-2班は「エレガントさを重視し、誰もが落ち着ける空間」をテーマにしています。ナチュラル&ホワイトをコンセプトに40~60代をターゲットに提案しました。

 

B班:従業員休憩室の提案

新しい画像 (4)-horz

 

B班もB-1(写真左)、B-2(写真右)の2班に分かれて提案を行いました。

B-1班は「のびのびと休息をとれる和室」をテーマに、和室に重点を置いた空間を考えました。喫煙所は窓側に設置し外の明かりを十分に取り入れられるように設計しています。

B-2班は「黒板塗料で遊び心を」をテーマにしています。喫煙所はガラス面にして和室は引き込み戸を隠せるようにして空間を広く感じるようにしています。

 

C班:インフォメーションボードの提案

インフォメーションボード

 

C班もC-1(写真左)、C-2(写真右)の2班に分かれて提案を行いました。

「従来の4面のものからチラシ・お知らせ等を5面貼れるように改良してほしい」というエコマミ側からの要望を叶えるものを考えました。

C-1班は「カラフルで見つけやすいインフォメーションボード」をテーマに、回転式にしてその場で回転させてすべての面が見られる作りにしています。一面を内側にカーブさせることによってコンパクトになるように考案しました。カラフルで遠くからでも見つけやすく、エコマミのキャラクター「マーミン、ミーマン」を上に乗せました。

C-2班は「ただ五角形にするだけでなくN字型にして六面使えるようにして機能性も重視したボード」をテーマにしています。デザインはNEWエコマミに合うようにナチュラルな木の仕上がりにしています。コルク面の上にガラス板をビスでとめる事によりコルクに埃が付くのを防いでいます。InformationのロゴはPOPで目立つようにしました。

 

発表後、今回の改良案をエコマミの改装に取り入れるよう考慮してくださるとの回答をいただきました!

エコマミ改修プロジェクトという大きなプロジェクトを経験させていただきとてもいい勉強になりました。

エコマミの皆様、ありがとうございました!

 

新しい画像 (8)-horz

 

【過去のエコ・マミへの提案】

2010年度 エコール・マミ 改善案 -人間環境デザイン学科 加藤プロジェクトゼミ報告-

2012年度 4年目のエコマミ提案★人間環境デザイン学科 加藤プロゼミ

2013年度 さらに発展・エコマミ提案★人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

ブログトップへ