畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年03月01日 一覧

2014年3月1日(土)

橿原商工会議所との連携事業は平成21年度より継続して行われています。

今年度は「ショウガを使ったレシピ開発」事業を行いました。

この事業に参加した学生12名と助手4名が、2月26日(水)奈良県農業大学校(桜井)にて行われた視察研修会に参加しました。

 

▼農業大学校の先生から、「奈良のいちご」について講義を受けました。

新しい画像

 

▼講義のあとは農業大学校の生徒の方に、いちごの栽培方法や品種の違いについて説明をしていただきました。たくさんのいちごを頂きました。

新しい画像 (1)-horz

 

▼ゆめのか(左上)、あきひめ(右上)、かおりの(左下)、あすかルビー(左下)

いちご

 

▼濃厚な味の古都華(ことか)は、学生に一番人気でした。

新しい画像 (3)

 

いちご果樹園にファンヒーターが設置されている理由、ミツバチがいる理由などの豆知識を教えて頂き、さらにはケーキやジャムに向いている品種など、調理にも役立つ知識も教えて頂きました。

奈良県のいちごはとても美味しいので、ぜひみなさんも食べてみてください。

 

研修会を企画してくださった橿原商工会議所の皆様、講義をして下さった奈良県農業大学校の皆様、ありがとうございました。

今回の研修会で学んだ知識を活かして平成26年度事業に取り組みたいと思います。

ブログトップへ