畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年09月22日 一覧

2014年9月22日(月)

9月17日(水)に理学療法学科4回生が「総合臨床実習」で学んだことを下級生たちに伝える「全学年症例検討会」を行いました。

 

IMG_7841

 

4回生は、4月~7月までの期間、8週間の総合臨床実習を、2か所の病院で計16週間行います。

実習を引き受けてくださっている病院にて理学療法士(実習指導者)の指導のもと、様々な疾患の患者さんを対象として基本的な評価を行い、その結果に基づいて治療プログラムを立案します。

また実際に治療をさせて頂くことで、基本的な理学療法を修得していきます。

学内での学習とは異なり、患者さんと直接向き合う経験を通して、4回生たちは見違えるほど大きく成長します。

 

IMG_7822-horz

 

症例検討会は、各学年2~3名、合計12名程のグループに分かれて行います。

4回生は担当した症例から学んだことをまとめ、基本的な知識を再確認し、下級生たちに説明できる能力を高めることが目標です。1~3回生は現在学んでいる基礎医学と臨床との関係を理解することで、学習へのモチベーションを高めることが目標となります。

司会進行は4回生が担当し、教員はファシリテーターとして見守ります。

どのグループも活発な質疑応答が行われ、また実習に関する情報も得ることができ、学年を超えた縦のつながりがより一層強くなった症例検討会であったと思います。

 

IMG_7827-horz-vert

 

各学年の学生たちの感想を紹介します。

▼4回生

それぞれの学年に合わせて必要な話をするように努めました。

学年毎にそれぞれ感じることは違うようで…1,2回生には、いま学校で勉強していることが実習に活かせるということを想像をするのが難しく、3回生は実習に対する不安や、楽しみだけど自信がないといった声が多かったように感じます。

その気持ちは私たち4回生も感じてきたことですが、それでも皆さんの前で説明しながら、お話をすることができたと思います。

皆さんならきっと大丈夫!そう信じてます!

実習での私たちの経験や今回できた縦のつながりが、後輩たちにとって少しでも良い支えになれば幸いです。

 理学療法学科4回生 諸橋 直紀

 

▼3回生

症例発表で先輩方から症例についてや実習がどんなものか聞くことができました。

1、2回生のときは専門用語や疾患について理解出来ず、症例についてほとんど理解できませんでしたが、3回生になって聞いてみて、少しはイメージ出来るようになりました。逆に分からない用語や勉強不足だと感じることも多くあり、勉強しなければと強く感じました。

今回の発表された症例は、どちらも患者さんの心理状況が痛みに関連している症例で、理学療法は運動系だけでなく患者の心理面まで見ていかなければならないことを改めて学びました。そのためには知識や技術だけでなく、コミュニケーションが大切だと思い、そういう面でも自分を磨いていかなければならないと感じました。

来年は自分達が実習なので先輩方のお話はとても参考になり、自分が頑張らなければならない部分を知る良い機会になりました。後期からは実習や臨床に出た時のことを意識し、一層勉強や実習などを頑張って行きたいと思います。

理学療法学科3回生 杉本 由貴

 

▼2回生

昨年1回生として参加した症例発表の時とは異なり、4回生からの説明や配布資料の中に聞き覚えのある言葉や理解できる箇所があり、一年間の学びを感じ取れました。

4回生が私たちのことを思い、わかりにくい箇所をかみ砕いて説明してくださったり、図示してくださったので、なお理解しやすかったです。しかし、その反面で知識の定着不足や、臨床へのより多くの知識、技術の必要性を感じました。

今回の症例発表では症例だけでなく実習の話も聞くことができ、全ての科目の大切さを改めて痛感し、後期に向けての『学び』のモチベーションに繋がりました。

理学療法学科2回生 塩谷 純郎

 

▼1回生

今回、4回生の先輩方に実習のお話をしていただきました。実習とはどういうものなのかを教えていただいたり、用語や病気を解説していただいたり、まだ何も分からない私たちにも分かりやすく説明していただきました。実習を通して感じたことを尋ねたところ、「基礎をもっとしっかりやっておけば良かったと感じた」とおっしゃっていました。「基礎となる土台がなければ、その上に学んでも積み重ならない。1回生で学ぶ、解剖学と生理学がとても大切であり、しっかりと理解していることが大事である」と言われました。またお話を聞いて、人と接してコミュニケーション能力を磨くことも大切であると感じました。これからの授業や活動からも積極的に学び、自分のものにしていきたいと思います。

理学療法学科1回生 原田 梨紗子

 

 

2014年9月22日(月)

健幸都市=SWCスマートウェルネス構想(少子高齢化、高齢者医療費高騰削減しつつ福祉充実化策)のもと御所市と畿央大学の協定で誕生した、毎週金曜日オープンしているコミュニティカフェも5週目を迎えました。

9月19日(金)は、畿央大学看護医療学科(指導教員:松本泉美准教授ほか2名)看護医療学科4回生4名による「まちの保健室」を開催しました。

 

当日午前中に会場準備を行い、13時からのスタートでしたが、13時前からすでにたくさんの方が待っておられ、皆さん楽しそうにお話しをされていました。
このコミュニティカフェは主に高齢者の方々が家にこもらずに集まって頂く場所を提供することによって、他者と交流し、話し合い、楽しいひと時を過ごして頂き、健康になって頂くことを目的としています。
今回の“まちの保健室”では、体についての問診・血圧測定・身体測定・骨密度測定・教員による健康相談や保健指導を行いました。

 

 

matihoken3

 

 

【参加した学生の感想】

午後からのスタートでしたが、予想以上の20名を超える方々が骨密度測定をしに来てくださいました。
参加者は高齢者がほとんどで、お話しを伺うと、普段の生活の中で健康について常に意識しておられ、毎日一定時間歩くことを心がけている方、食事の内容に気をつけていらっしゃる方というような、健康意識の高い方が多く見られました。

一人暮らしの高齢者の方が多かったのですが、近所に知り合いやお友達がいて助け合っているということで、地域住民の支えあいがしっかりしている土地だと感じました。
御所市民の方の健康チェックが目的でしたが、高齢者の方々はたいへん元気な方々が多く、お話しをさせていただいたことで、運営側の教員・学生も元気をもらうことができました。

看護医療学科4回生 上田 周和、平 晏奈

 

 

 

13時からの開始でしたが、13時前からたくさんの方に集まっていただきました。
予想以上にたくさんの方に来ていただけたので、座っていただく椅子が足りなくなるぐらいでした。毎週、来ていただいている方もおられる一方、初めてカフェに来ていただいた方も多く、ご近所お誘いあわせで来ていただいているようで、健康への関心の高さが感じられます。

今回は、通常の会場運営の私たち(人間環境デザイン学科)に加えて、看護医療学科の教員・学生がコラボして「まちの保健室」の運営をしてくれました。
初めに参加者にはアンケートを書いてもらい、それをもとに問診、血圧測定、体重測定、身長測定、骨密度測定を行い、最後に診断結果をもとに健康相談を行っていただきました。
測定終了後も、結果表を見せ合って「良かった」「運動もしなくっちゃ」等、皆さんで話されていました。
看護医療学科の先生方や学生の皆さんは、約2時間、休憩する間もなく測定・評価をしてくださいました。本当にありがとうございました。ぜひ2回目もお願いしたいと思います。

人間環境デザイン学科4回生 水ノ上佳希

 

【 関連記事 】

御所市連携「御所市コミュニティカフェ」がオープンしました。

御所市コミュニティカフェが8月22日(金)にオープンします!

御所市連携「コミュニティカフェ」が8月オープン!~人間環境デザイン学科 齋藤ゼミ 

御所市連携コミュニティカフェ・イベント「サッとシステム」による栄養バランス指導を行いました。

2014年9月22日(月)

こんにちは、畿友会書記です!

 

9月も下旬を迎え、いよいよ後期が始まりますね☆

皆さん夏バテなどしていませんか?

 

今回は、香芝警察一日警察署長に任命されたかぐや姫のお話(^o^)

 

9月19日(金)、畿友会運営委員で看護医療学科1回生の2人がかぐや姫に扮して一日警察署長を委嘱され、秋の交通安全運動をお手伝い!

これはここ数年、畿友会運営委員の恒例行事ともなっています♪

8:30~ かぐや姫の着付け

9:40~ 一日警察署長委嘱式

10:00~ 秋の交通安全県民運動出発式

 

出発式では、かぐや姫の2人が服装点検官となって部隊視閲、続いて飲酒運転根絶宣言を行いました☆

 

自転車やバイクで通学している人、日常生活で自動車を運転する人、皆さん交通法規を守り安全運転に努めましょうね!交通違反は他人の人生も、自分や家族、友だちの人生も狂わせてしまいます。

 

photo1

 

ちなみに、古典「竹取物語」に登場する竹取の翁やかぐや姫(迦具夜比売命)が住んでいた場所が広陵町(昔の大和国広瀬郡散吉郷)とされていて、大学から徒歩十数分の場所には竹取公園という公園もあるんです☆

香芝警察署は広陵町も管轄しており、それがこの行事にかぐや姫が登場する背景だというわけ♪

 

さて、ここでかぐや姫のお二人の感想を!

 

「今回、1日警察署長という貴重な経験をさせていただきました。かぐや姫の衣装の着付けや打ち合わせ、交通安全運動のお手伝いのサポート等、とても親切にしていただきました。改めて警察の方々の協力があるからこそ多くの人が安心して暮らせる安全な地域が増えていくのだと感じました。

これからも交通安全の大切さを周りの人に伝えていきたいと思います。」

看護医療学科1回生 岩脇楓

 

 

「香芝警察署で一日警察署長として、かぐや姫の衣装を身にまとい、交通安全の啓発活動をお手伝いさせていただきました。

警察官の方や役所で働かれている方々と活動をすることにより、これからの自分の交通安全に対する意識向上や、それを周りに伝えていくことの大切さを感じることができ、とても貴重な体験をさせていただけたと思います。

関係者の方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。」

看護医療学科1回生 佐々木千佳

 

P.S.

NHKニュースでも報道されてました!\(^o^)/

http://www3.nhk.or.jp/nara/lnews/2054691771.html

 

2014年9月22日(月)

イギリス短期語学留学中の教育学部1回生の髙杉朋香です。

 

カンタベリー滞在3週間目には授業に同年代のイタリア人留学生が多く加わりました。イタリア人はたくさんの日本アニメを知っていたので日本文化に理解がありました。

そのため最終日のイタリア人との授業で、レストランを作るとしたらどのような設定にするかという授業では日本料理とイタリア料理を融合させたレストランを作ることになりました。

 

サッカーの試合を見ながら日本の音楽を聞いたりというようなアイデアが出される中、パスタの上にお寿司を乗せた pasta with sushiという何とも恐ろしそうなメニューも考案されました。

 

新しい画像

 

カンタベリー最終日にはホストファミリーとお別れをしました。とても温かい家庭だったので離れがたかったです。
留学4週間目のロンドンの自由行動では授業期間の成果を試すべく、自分の英語力を使ってあちらこちらを見て回りました。自分たちでチケットを安く購入し見に行ったミュージカルのLes Misérablesは素晴らしい感動を与えてくれました。

 

新しい画像 (1)

 

他にもバッキンガム宮殿での衛兵交代式、グリニッジ天文台で世界標準時の時計や0度の線を見学、ハイドパークで自転車を借りてサイクリングをするなどして楽しみました。

 

公園にはリスを見かけることが多くあり、人への警戒があまりないので近くで見れるチャンスもたくさんあり嬉しかったです。

 

新しい画像 (2)

 

また憧れの三段のお皿にサンドイッチやケーキが乗せられたアフタヌーンティーができたことも嬉しかったです。

 

新しい画像 (3)

 

先生が主催の保育園見学と異文化エリアのツアーにも参加しました。

 

保育園では園長先生である日本人の津坂さんがイギリスの保育について教えてくださいました。

イギリスは子どもの自立性、自主性を伸ばすということを考えの中心に置いています。その一環の活動としてイギリスでは自分の好きなものを学校に持ってきて他の子どもたちや先生の前で紹介する「Show & Tell」というものが、なんと2歳から始まっています。私たちが見学させてもらった時には2歳児の男の子がハーモニカを紹介しているところでした。

 

他にも多くの日本と違う点がありました。まず初めに先生に対する子どもの数が少ないです。

室内なら先生1人で子ども8人まで、屋外なら4人までを保育します。また、天候に関わらず毎日室内と屋外両方で過ごす時間を設けています。大雨の日も風でも雪の日でも外に出て、直接体で自然を感じることができます。

家庭では一般的に8時前には子どもを寝かせるので、4時ごろに保育園で出される軽食は子どもたちの晩御飯になることも多いそうです。

 

新しい画像 (4)

 

午後はsouthallという、白人以外が人口の40%以上を占めている町に連れて行ってもらいました。

モスクに案内してもらったり、現地食品の買い物をして、イスラム料理の店で夕食をとりました。

また機会があれば訪れたいところばかりでした。

 

 

【関連記事】

短期語学留学プログラム現地リポート1

短期語学留学プログラム現地リポート2

短期語学留学プログラム現地リポート3

短期語学留学プログラム現地リポート4

短期語学留学プログラム現地リポート5

短期語学留学プログラム現地リポート6

短期語学留学プログラム現地リポート7

短期語学留学プログラム現地リポート8

短期語学留学プログラム現地リポート9

短期語学留学プログラム現地リポート10

短期語学留学プログラム現地リポート11

短期語学留学プログラム現地リポート12

短期語学留学プログラム現地リポート13

短期語学留学プログラム現地リポート14

2014年9月22日(月)

イギリス短期語学留学中の現代教育学科1回生の中村友香です。

 

 

9月10日(水)は朝からバッキンガム宮殿の衛兵交代式を見に行きました。とても混んでいましたが、とても印象に残る衛兵の行進でした。日本ではこのような機会がないので、見ることができて良かったです。

 

午後からは異文化体験ツアーに参加して、ロンドン郊外のサウスホールを訪れました。

 

新しい画像

 

ここは、インド、パキスタンやバングラディシュなどの南アジアからの移民が多く住んでいて、駅の看板にもパンジャビ語というインドからパキスタンにまたがって使用されている言語の文字が英語表記と共に書いてあります。この他にも町のあちこちで同様の看板を見かけるので、まるでここがイギリスではないような気分になります。

 

屋台もたくさんあり、サモサというインド料理の揚げ物や、スイートコーンがよく売られています。

 

新しい画像 (1)

 

 

町を歩いていると、食べ物関連のお店の看板にHALALという文字が書いてあることがよくあります。これは、宗教上の理由で、食べることのできるお肉に制限がある人たちに配慮しているお店であることを表しています。サウスホールにはイスラム教、ヒンズー教、シーク教など、様々な宗教を信仰している人たちが暮らしているのでこのような配慮はとても良いことだと思います。

 

新しい画像 (2)

 

 

町を散策したあとは、モスクという建物に入りました。

入る際、女性はスカーフのようなもので、頭を覆います。壁にはお祈りの時間を表す時計がかかっていました。日の出や日の入りの時間によってお祈りの時間は変わるそうです。

 

新しい画像 (3)

 

イスラム教では唯一絶対の神アラーを信仰し、1日5回決まった方向に祈りを捧げます。また、物に対してお祈りしてはいけないので、お供え物などはありません。日本では仏教以外の宗教に触れる機会があまりないので、仏教との違いもたくさんあり、様々なことを知ることができたので良い経験になりました。

 

イギリスに留学していながら、南アジアの人たちの暮らしに身近に迫り、実際に体験することができたのでとても良かったです。

 

【関連記事】

短期語学留学プログラム現地リポート1

短期語学留学プログラム現地リポート2

短期語学留学プログラム現地リポート3

短期語学留学プログラム現地リポート4

短期語学留学プログラム現地リポート5

短期語学留学プログラム現地リポート6

短期語学留学プログラム現地リポート7

短期語学留学プログラム現地リポート8

短期語学留学プログラム現地リポート9

短期語学留学プログラム現地リポート10

短期語学留学プログラム現地リポート11

短期語学留学プログラム現地リポート12

短期語学留学プログラム現地リポート13

ブログトップへ