畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年10月11日 一覧

2019年10月11日(金)

2019年10月5日(土)~6日(日)にかけて岡山で開催された第7回日本運動器理学療法学会学術大会において、私、重藤隼人(博士後期課程)が発表して参りました。

 

昨年に続き、一症例の関りを重視するという観点から「症例報告」のセッションがあり、「一般演題」「ポスター演題」も疼痛に関わるセッションから、機能障害や能力障害、基礎研究に関わるものまで多岐に渡る演題発表がありました。

 

私は本学会のテーマでもある「繋ぐ-学術と臨床の連携-」と同テーマのシンポジウムを中心に、痛みに関する講演や徒手理学療法のエビデンス構築に関するシンポジウムを聴講しました。「繋ぐ-学術と臨床の連携-」というテーマから、「学術」と「臨床」が連携できていないという現状の問題点があり、それを解決していくためにはどのような繋がりを意識していけばよいのかということを、各シンポジストの先生方の研究成果と周囲の人々への関り方の体験談も含めた話を通してあらためて再考する必要性を感じました。私自身も臨床現場で働きながら現在大学院に所属しているので、まさに「学術」と「臨床」の連携を体現していく必要性があると強く感じ、今後の研究活動は何に繋げていくべきかを考えて行動を見直していきたいと思いました。

 

また、本学会では昨年開催されました第6回日本運動器理学療法学会学術大会の表彰式が行われ、森岡研究室OB(修士課程修了)の田中創さんが大会長賞を受賞しました。修了生の方の頑張りにも刺激をうけて、今後の研究活動の意欲がさらに強まった学会でした。

 

 

田中

▲大会長賞を受賞した田中創さん

 

今回の発表演題名は以下であり、様々な意見をいただき多くの議論ができたと感じております。

 

重藤隼人「慢性腰痛患者のADL 障害に関連する運動制御の特徴と運動制御に影響する疼痛関連因子」

 

最後になりましたが、このような貴重な機会をいただき、いつもご指導をいただいています森岡先生、畿央大学に感謝申し上げます。

 

博士後期課程 重藤隼人

【関連リンク】

第7回日本運動器理学療法学会学術大会に3・4回生が参加!~理学療法学科瓜谷ゼミ

 

【健康科学研究科 学会発表】

大学院生がスペインのテネリフェで開催された21st ESCOPで発表!~健康科学研究科

第17回日本神経理学療法学会学術大会で大学院生が発表しました~健康科学研究科

第24回日本ペインリハビリテーション学会学術大会で院生6名が発表!~健康科学研究科

2019年10月11日(金)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員展示部署です(#^^#)

展示部署は後期が始まってから、授業の空きコマや放課後など毎日活動をしています!

ステンドグラスは去年より細かく、色鮮やかになっています。繊細な作業が続き毎回の活動は大変ですが、着々と制作も進み、完成間近となりました!

 

展示部署1-1

 

エントランスに飾るペーパーフラワーアート制作も進んでいます(^^)/

これは初めての挑戦なので実行委員のみんなと試行錯誤をしながら取り組んでいます。

 

展示部署2-1

 

ステンドグラスやペーパーフラワーアートは、とても綺麗で素敵なものになると思うのでぜひ皆さんも実際に見に来て下さいね。

 

インスタ映えまちがいなし!なのでいっぱい写真も撮ってもらえると嬉しいです!

畿央祭まであと少し、ラストスパートを展示部署18人で頑張ります!!

 

第17回畿央祭実行委員 展示部署長

現代教育学科2回生 小山夢乃 渋川雅

 

畿央祭『繋〜つながり〜』特設ページ

●これまでの実行委員Blogはこちらから!

ブログトップへ