畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年06月12日 一覧

2021年6月12日(土)

2021年5月20日(木)に「乳幼児の成長・発達」の授業で、奈良県桜井市にある児童養護施設「飛鳥学院」を見学させていただきました。

飛鳥学院では、様々な理由によって、環境上養護を必要とする子どもたちが入所し、自主性、社会性を持って自立することを支援するため、子どもたちへの温かい関わりをされています。

 

▼基本理念:二宮尊徳翁(金次郎)の報徳精神。「勤倹」勤勉に働き、倹約すること、「分度」自己の社会的、経済的実力を知り、それに応じて生活の限度を定めること、「推譲」今日のものを明日に譲る、社会のために譲る。

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科1-1

 

施設は、70年ほど前に建てられた木造建築で重厚感があり、床はピカピカで掃除が行き届いており、木の温かみと清潔感を感じました。また、大きな保育園が隣接しており、とても賑やかで安心感を感じるような雰囲気がありました。

 

▼飛鳥学院の玄関

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科2-1

 

 

▼玄関からホールに続く廊下

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科3-1

 

院長の河村先生や児童指導員の清水先生からは、施設で生活をする子どもたちの教育にとても力を入れられていることをお話していただきました。施設の中には、塾、そろばんをする学習室があり、その他、部活動や子どもたち自身が興味のある習い事にも取り組むことができるような体制が整っています。勉強ができること、自分の強みを見つけられることで、自尊感情を高め、社会に出た時に大きな糧となるような関わりをされていて、子どもたちの将来にとても真剣に向き合っておられることを強く感じました。

職員の方々の関わりによって、子どもたちが社会に適応する力、社会で生きる力を身につけ、自立した生活ができるようになるのだということを感じました。

 

▼河村院長

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科4-1

 

 

▼清水先生の講義の様子

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科5-1

 

 

▼こどもたちの学習室

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科6-1

 

 

▼洗濯室(中学生以上は自分たちで洗濯を行っています)

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科7-1

 

今回の見学を通し、人に真摯に向き合う、誠実で親切な姿勢を忘れずに、子どもやお母さんをはじめとする家族の架け橋となるようなサポートをしていきたいと思いました。

 

▼全員で集合写真(※撮影時のみマスクを外しています。)

 

児童養護施設「飛鳥学院」見学~助産学専攻科8-1

 

お忙しい中、私たち学生を温かく迎えてくださった河村院長、宮崎副院長、清水児童指導員、職員のみなさま、本当にありがとうございました。

 

助産学専攻科 寺林香織 安田悠未

 

【関連記事】

児童養護施設「飛鳥学院」を見学!~助産学専攻科

児童養護施設「飛鳥学院」を見学!~助産学専攻科

児童養護施設を見学!~助産学専攻科「乳幼児の成長・発達」

ブログトップへ