畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2013年09月14日 一覧

2013年9月14日(土)

こんにちは。

人間環境デザイン学科四回生の阪本明宏です。このイベントレポートがきっかけで学生広報スタッフになりました。

これから人間環境デザイン学科のこと、村田ゼミのこと、部活(アカペラ部)のことなど、キャンパスライフについてレポートしていきますので、よろしくお願いします。

 

さて、今回は9月8日に”はなのまちづくりセンターふろーらむ”にて生駒市主催の体験型講習会『親子で染物体験』が行われた様子をご紹介します。

講師は、人間環境デザイン学科村田浩子先生です。そしてスタッフとして先生のゼミ生(もちろん僕も)が参加しました。 

この講習会は毎年開かれているのもので、今年は36名の親子連れの方々に参加して頂きました。

今年の内容は藍をテーマに「生葉染め」と「たたき染め」です。

染料になる藍は5月に、”ふろーらむ”の方々と種を蒔き、丁寧に育てていただきました。

 

村田先生0917

 

はじめは、先生の講演で、藍がなぜあそこまで深みのある青に染まるのかという話と染色工程の説明がありました。

葉の中に含まれるインジカンという成分が空気中の酸素に触れることで酸化してインジゴ(インディゴ)に化学変化して青くなるんですねー。勉強になります!

 

染物体験0917

 

 

 

そこからは各々学生スタッフがついて、机での作業。

 

 

模様をつけるためにビー玉や割り箸を布につけて絞る、

染料がむらにならないように水に浸す、

一つ一つの工程で子ども達も大人もはしゃぎながらも、真剣に作業を進めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして出来た作品たちがこちら↓

染物体験2013

 

皆さん自分の作品に目を輝かせながら感動していました。

 

草木染めというものは日光や汗には弱いですが、模様付や染料の抽出によって同じものが二つと作れないのがいいところだと思います。

どんな柄になるかな?どんな色になるかな?とワクワクしながら作業を進める感覚、出来た時の感動は是非皆さんにも感じていただきたいですね(-^〇^-)

 

 

今回のように、村田ゼミは様々な施設でワークショップを開いています。今後もこのような機会がありましたら報告したいと思います!

 

来る10月19、20日の畿央祭でも体験型講習会を開いているので、遊びに来てくださいね!( ´ ▽ ` )ノ

ブログトップへ