畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年11月20日 一覧

2014年11月20日(木)

11月16日(日)に、「第20回クリーン&歴史ウォーク」が行われ、今回は第20回の記念イベントということで、午前に第1部の「クリーン&歴史ウォーク」、午後の前半には第2部の「歴史フォーラム」が開催されました。

 

午後2時から後半の「歴史イベント」がエコール・マミのマミホールにて 開催され、

・人形劇「竹取物語」

・大型紙芝居「きつねの井戸」

・勾玉作り 

・歴史ゆるキャラ撮影会

・お楽しみ抽選会

のイベントに幼児教育研究部KIDSメンバー12名がボランティアとして参加して、盛り上げてくれました。

 

その様子をKIDSの学生が報告します。

 

P1620543-vert

 

【人形劇 竹取物語】

午後2時から人形劇「竹取物語」が始まりました。 人形劇団の方々はとても上手で本当におじいさんとおばあさん、かぐや姫が話しているようでした。

照明の使い方も素敵で最後のかぐや姫が月に帰ってしまうところは、感動しました。 子どもたちも真剣に楽しそうに劇を見ていました。

なかでも印象に残っているのは場面転換のため人形たちが舞台から離れるたびに、小さいお子さんがバイバーイと手を振っている姿がとてもかわいかったです。

 

P1620549-horz

 

【勾玉作り】

午後2時15分からは勾玉作りが行われ、子ども達だけでなく、大人の方も数多く参加されていました。 中には、今日の勾玉作りを楽しみにして朝早くから来てくれていた子もいました!

作業が始まると皆黙々と石をやすりで削っていました。

石を勾玉の形にまで削るには時間がかかり、疲れている子もいましたが、「手が疲れた~」と言いながらも必死に削っている子どもたちの姿がとても印象的でした(*^^*)

子どもたちの勾玉を見ていると、同じ勾玉でも一人一人微妙に形が違い、面白いなぁと感じました。

 

P1620560-horz

 

【大型紙芝居&折り紙】

午後2時30分からは紙芝居「きつねの井戸」のお話がありました。

香芝市の「狐井」という地域のお話で身近なところがお話の舞台になっていてとても面白いなと思いました。

お話が始まる前には気分転換に「ぺんぎんたいそう」をして飛んだりしゃがんだり全身をたくさん動かして、子どもたちも楽しそうでした。

そのあとには狐の手遊びをしてお話しを始めていました。

紙芝居が終わってからはお話にちなんで折り紙できつねを作りました。作り方も簡単で小さい子でも一緒に折ることができました。

出来上がったきつねに子どもたちは思い思いの顔を書いて楽しそうでした。

 

P1620526-horz

 

【ゆるキャラ撮影会】

午後3時30分からは「ゆるキャラ撮影会」でした。

エコール・マミのキャラクターのマーミン、ミーマンに、せんとくん、 長屋君(平群市)、ひみこちゃん(桜井市)、蓮花ちゃん(葛城市)が来てくれました。

子ども達から大人の方まで近くでゆるキャラと触れ合い写真撮影をしていてとても楽しそうでした。

私はせんとくんの付き添いをしました。

普段はできない貴重な経験でした。せんとくんが子どもたちやお年寄りの方に手を振るとみんな笑顔になっていて、やっぱりゆるキャラはすごいパワーを持っているなと思いました。

 

P1620640-horz

 

今日一日ボランティアに参加させて頂いて、奈良の歴史に触れることが出でき、とてもよかったです。

今後もKIDSで学外のボランティア活動に積極的に参加していきたいと思います!

現代教育学科2回生 石橋 茜

                              上原 佳奈

 

P1620673-horz-vert

 

ブログトップへ