畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年01月30日 一覧

2019年1月30日(水)

2019年1月26日(土)に理学療法学科の学生が海外インターンシップで訪れた中国医薬大学(CMU)の教員と学生が畿央大学を訪問してくださいました。

翌日1月27日(日)、Yu-Jung Cheng先生と松本は和歌山県にある白浜はまゆう病院へ見学に行きました。

 

白浜はまゆう病院は、一般病棟、回復期リハ病棟、介護療養病棟だけではなく介護保険によるデイケアセンター、訪問看護ステーションなど幅広く、地域を支える病院です。リハビリテーションスタッフは約80名と紀南地域では最も多いようです。

 

中国医薬大学(CMU)の教員と施設見学1-1

 

白浜はまゆう病院は本学の実習地でもあり、卒業生も就職させていただいていることと、中国語ができるスタッフがいらっしゃることもあり、今回の海外からの見学も快く受け入れてくださり、リハビリテーション室長の中本先生はじめ、たくさんの先生方にご案内いただきました。

 

中国医薬大学(CMU)の教員と施設見学2-1

▲病棟によっては患者様も天然温泉に入ることができるようです。

 

中国医薬大学(CMU)の教員と施設見学3-1

▲病棟からの景色は最高です。夏には花火も見えるようです。

 

中国医薬大学(CMU)の教員と施設見学4-1

▲運転技術を評価する機器

 

特に台湾の高齢化率は12~3%と日本に比べると低いですが、急激に増加していることから、台湾でも近年、介護保険制度が制定されました。そこで、台湾でも介護保険下での理学療法士の活躍が求められていることから、非常に関心が高く、多くの質問をされていました。

また、Yu-jung先生から台湾では日本と比べ、臨床実習の期間は1.5倍以上長いことや、理学療法士自身が個人PTクリニックをひらく方が増えてきていることなどを病院の先生方に紹介してくださいました。

 

このように、実際に現場を見て情報交換することで、国を超えお互いの良いところを共有し、参考になる可能性があることを感じることができました。

 

中国医薬大学(CMU)の教員と施設見学5-1

 

この場をお借りして、ご協力いただきました白浜はまゆう病院の先生方、関係者の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

理学療法学科助教 松本大輔

 

【関連記事】

海外インターンシップ先の中国医薬大学(CMU)の教員・学生が来学!~理学療法学科

理学療法学科 海外インターンシップ in 台湾 vol.4~教員総括~

理学療法学科 海外インターンシップ2018 in台湾 現地リポートvol.3

理学療法学科 海外インターンシップ2018 in台湾 現地リポートvol.2

理学療法学科 海外インターンシップ2018 in 台湾 現地リポートvol.1

フランスの理学療法学生が来校!~理学療法学科 海外インターンシップ2018 in 台湾

理学療法学科 海外インターンシップ2018 in 台湾に向けて!

2019年1月30日(水)

平成31年1月26・27日(土・日)に、信貴山観光ホテルにて神経リハビリテーション研究大会(院生合宿)が開催されました。この研究大会は今年で13年目を迎えました。本年度はニューロリハビリテーション研究センターの教員と大学院博士後期課程・修士課程のメンバーに加え、大学院博士課程修了生の平川善之さん、河村民平さんをお招きし、総勢28名での開催となりました。

 

神経リハビリテーション研究大会1-1-side

 

初日は博士課程の院生3名の研究報告があり、その後に修了生の平川さんからCRPS症例に対する影絵を用いた介入について、河村さんから文の理解における再帰性との関連について話題提供をいただきました。いずれのプレゼンテーションも、内容、ディスカッションともに非常に密度の濃いものでした。目の前の現象をより深く理解しようとされている先輩方の研究者としての姿勢を見て、私も見習わないといけないと改めて感じました。

 

神経リハビリテーション研究大会3-1-tile

 

夕方には4つのグループに分かれて、修士課程1年の院生の研究計画に対するディスカッションが行われました。それぞれが研究背景や研究手続き、現在までの実験データを提示し、研究室のメンバーから意見やアドバイスをもらっていました。悩みながらも今より少しでもよい方向に進めようとする彼らの姿と昨年の自分が重なりました。是非来年は素晴らしい発表をしてほしいと思います。

夜の懇親会でもディスカッションは続き、毎年恒例ですが、日が変わるまで活発な議論が行われました。

  

2日目は、朝から修士課程の学位審査を控えた7名による予演会が行われました。それぞれが修士課程で取り組んできた内容を発表し、学位審査本番に向けてのアドバイスをいただきました。私を含め発表者は大変緊張しましたが、貴重なご意見やご助言をいただきましたので、本番まで準備を怠らず、修士課程の集大成として発表に望みたいと思います。

 

全ての発表が終わり、森岡教授による閉会の挨拶で無事に全日程を終えました。森岡教授からは、目先の研究発表や論文投稿だけでなく、今後の自分の研究や臨床への向き合い方を考えさせられるようなエールを頂きました。その中でも、「自信と謙虚さの狭間」という言葉が印象深く残っています。自信がないような態度ではいくら話しても相手にしてもらえません。一方で、自信ばかりで謙虚さを忘れると盲目的になります。いずれにしても他者からの信頼を得るためにはこの「自信と謙虚さの狭間」の意識が重要であると肝に銘じて、今後も研究や臨床に取り組み、リハビリテーションの対象者の方々へ貢献できるように、研究室一同ますます精進していきたいと考えています。

 

神経リハビリテーション研究大会6-1

 

最後になりましたが、このような機会を与えてくださった森岡教授をはじめとする研究センターの皆様、神経リハビリテーション研究大会の開催にご尽力頂きました関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

畿央大学大学院 健康科学研究科 修士課程2年 玉木義規

 

【関連サイト】

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 

【関連記事】

「平成29年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成28年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成27年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成26年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成25年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成24年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成23年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成21年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成20年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

ブログトップへ