畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2011年11月25日 一覧

2011年11月25日(金)

健康栄養養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第5弾は「みかんゼリー」です。

 

 

みかんゼリー.JPG

 

***************************************************************************************

みかんとさっぱりしたヨーグルトの味が想像以上に良く合う一品です。
市販のオレンジジュースで、簡単に手作りゼリーが作れます。
ヨーグルトと砂糖を混ぜたソースの上に、みかんを盛り付けることで色合いを良くしました。
ゼリーだけの材料費は15円と安価で、給食施設のメニューにおすすめです。

***************************************************************************************

 

<材料>(1人分)   

100%オレンジジュース   70cc
上白糖      5g
ゼラチン   1.4g
   15g
みかん缶詰    10g
ヨーグルト    15g
上白糖      3g

 

 

<作り方>

① 水にゼラチンを入れふやかす。

② 金の鍋にジュースと砂糖を入れ、沸騰直前まで火にかける。

③ ②にゼラチンを入れたら、ボウルに移してあら熱をとり、
その後容器にうつし、氷で冷やす。

④ ヨーグルトを砂糖と混ぜておく。

⑤ ゼリーが冷えたらヨーグルトを大さじ1かけ、みかんを2個添える。 

 

***************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 81kcal  たんぱく質 2.4g  脂質 0.1g  食塩 0g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

2011年11月25日(金)

2011年11月11日から14日にかけて、台湾・台北市のHoward Civil Service International houseにて開催された第6回アジア南太平洋スポーツ心理学会(6th Asian South Pacific Association of Sport Psychology International Congress)に参加してきました。
この学会は、アジア各国のスポーツ心理学の研究者が学術交流をはかることを趣旨とし、4年に1度開催されています。私がこの学会に参加した目的は2つありまして、その一つは、ポスター発表を控えていたことにありますが、もう一つは、会場近くにある国立台湾師範大学に赴き、旧友との研究交流を図ることにありました。

第6回アジア南太平洋スポーツ心理学会1.jpg
上の写真は、学会での一コマです。デシ先生と共に動機づけ研究の第一人者であられるライアン先生(ロチェスター大学)のご講演の様子です。ライアン先生は、教育心理学や臨床心理学、スポーツ心理学など幅広い分野でご活躍されている研究者です。
私のゼミには、先生方の自己決定理論を用いて、リハビリテーションの心理と行動との関連を検討しようとしている学生がいますので、最新の知見を得たく講演に聞き入ることにしました。この写真は、アンダーマイニング現象(内発的に「楽しい!」と思って従事していた活動に対し、外的報酬が付与されると、逆に内発的動機づけが低下してしまう現象)を脳科学的に解説されているものです。提唱者であり且つ共同研究者であられるデシ先生は自伝的に、「大学院生の頃、好奇心旺盛で何事にも興味を抱き探索していた幼児が小学校に入ってから後、急に好奇心や探求心を失わせていくのはなぜだ?と疑問に思い、その原因を教師や親が子どもに与える報酬(賞罰)にあるのではないか?と考えた(Deci & Flaste, 1995)」と記述されています。後、デシ先生らがこの現象を実験的に証明した1970年代は、行動主義の影響が色濃く、どのように社会に受け容れられるようになったのかは知る由もありません。ただ、この現象には、後近代の教育を構想するためのヒントが含まれているのではないかと、かねての私には映っていた時期がありました。

(続きを読む…)

2011年11月25日(金)

健康栄養養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第4弾は「かぼちゃのパリパリ焼き」「ごま団子」です。

かぼちゃのパリパリ焼き1.JPG

 

 

*******************************************************************************************

【1】かぼちゃのパリパリ焼き

春巻きの皮を揚げるのではなく、上に少量の油をぬって焼くことで低エネルギーにしました。パリパリとした食感をお楽しみください。
かぼちゃの中にチーズを入れることでコクを増やし、カルシウムをアップ。
スチームコンベクションやオーブンで大量に作ることができるので、給食施設の献立におすすめです。ご家庭では、オーブントースターを使ってできます。

*******************************************************************************************

 

<材料>(1人分)     

かぼちゃ     20g
砂糖    2.5g
スキムミルク    1.5g
プロセスチーズ     5g
春巻きの皮     3g
片栗粉    0.5g
   2.5g
    1g

 

<作り方>

①かぼちゃの皮を少し残して剥き、5㎝角に切る。

②スチームコンベクションでやわらかくなるまで約20分蒸す。

③蒸したかぼちゃを食感が残るように粗く潰す。

④砂糖を加えて全体に行き渡るように混ぜる。

⑤春巻きの皮を4等分に切る。

⑥皮にかぼちゃの具を乗せ、皮に水溶き片栗粉を塗って巻く。

⑦皮の表面に刷毛で油を塗り、間隔をあけて並べる。

⑧スチームコンベクションで210℃ 9分でこんがりと焼く。

 

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)

エネルギー 68kcal  たんぱく質 2.3g  脂質 2.4g  食塩 0.2g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

 

 

*******************************************************************************************

【2】ごま団子

ごま団子の中にスキムミルクを混ぜこみ、カルシウムが摂取できるように工夫をしました。 あんが飛び出さないように、まんべんなく包み、大量に作る場合は、白玉が乾燥しないように少し水でしめらしながら、ごまをつけることがポイントです。

*******************************************************************************************

 

<材料>(1人分)     

こしあん    13g
スキムミルク   1.5g
白玉粉      8g
砂糖       2g
   25g
白ゴマ      3g
揚げ油      2g

 

<作り方>

①白玉粉・砂糖・スキムミルクを量り入れ、水を加えながら手で混ぜる。

②あんを人数分に分ける。

③生地を棒状に伸ばし、人数分に分ける。

④生地にあんを包み、ごまを敷いたバットの中で転がし、ごまをつける。

⑤150度の油でゆっくりと転がしながら揚げる。団子が浮き上がり、
生地が透き通るまで揚げる。

 

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 95kcal  たんぱく質 2.8g  脂質 3.2g  食塩 0g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

ブログトップへ