畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年03月03日 一覧

2021年3月3日(水)

人間環境デザイン学科 教員の加藤信喜です。

家具を制作する授業として「立体表現Ⅱ」があります。授業の要の先生としてプロの木工作家に来ていただいていますが、その先生と一緒に家具を制作しています。私がデザインをして木工の先生に制作してもらうというコンビで多くの家具を制作してきました。今回はその椅子を紹介させていただきます。

 

おにぎりスツール(制作:永田健一先生)

ピクニックや遠足に行くときに持っていける小さな折りたたみスツールです。上から見ると「おにぎり」のカタチになっています。紐を外したり結んだりして脚を折りたたみます。

おむすびの三角形の一辺は28センチ、座の高さは20.5センチと持ち運びに便利なように小ぶりにしました。

 

椅子の実践的研究~人間環境デザイン学科加藤信喜~1-1

 

愛のないアルファベットスツール(制作:湯浅則夫先生)

このスツールは正面からみると、文字通りAからZの文字になっています。全てのアルファベットをつくってはいませんが(試作は6脚)、1文字だけできなかったものがあります。それは「I」というスペルです。Hを90度回転させれば行けそうでしたが、座面が小さくしかも構造的に問題があり結局「I」だけ諦めたのです。ネーミングはそのために洒落ています。

 

椅子の実践的研究~人間環境デザイン学科加藤信喜~2-1

▲(上:アルファベットのE、下:アルファベットのM)

 

椅子の実践的研究~人間環境デザイン学科加藤信喜~3-1

▲(上:アルファベットのX、下:アルファベットのZ)

 

BLACK&WHITE チェアー(制作:湯浅則夫先生)

リートフェルトのRED&BLUEチェアーはあまりにも有名な名作椅子で、大学のエントランスホールにも飾られています。その横に同じような椅子がありますが、ジョイントをよく見れば少し違います。日本古来の接手技術「三方組手」を採用し釘なしで部材をばらばらにすることができます。リートフェルトへのオマージュとして制作。

 

椅子の実践的研究~人間環境デザイン学科加藤信喜~4-1

 

0303_031

▲写真:三方組手の様子

 

ZICZACチェアー(制作:湯浅則夫先生)

この椅子もリートフェルトへのオマージュとしてつくりました。本物のZIGZAGチェアーも大学のエントランスホールに並んでいます。この椅子は木だけで制作されているため、折れ曲げ部のジョイントが楔(くさび)で補強されています。この楔を取ることができたらもっとシンプルなカタチができるのではと考えました。最初の試作では木製でチャレンジし、板の内部に鉄板が入れたものを作成し、2回目は薄鉄板を折り曲げて、薄さを意識したデザインで完成させました。

 

椅子の実践的研究~人間環境デザイン学科加藤信喜~5-1

S__361693190

▲写真上:完成品、写真下:試作品(木製の椅子の内部に鉄板を入れたもの)

 

⑤最新作・素敵な椅子

このタイトルも駄洒落です。ステッキのようなデザインになっているため命名しました。そもそも椅子は休息するためのものですが、この椅子はおちおち安息することはできません。軽作業をするときに補助的に使用するためのものだからです。スツールには3本脚のものも多いのですが、3本脚は最も安定するカタチです。この椅子は人間の2本脚を加えて合計3本になって初めて成立します。

 

05_03

 

05_01

▲左:実際の座ってみた様子、右:制作いただいた稲葉先生

 

畿央大学のエントランスホールには数々のデザイナー椅子が並んでいます。名作椅子といわれていますが、全ての椅子が座りやすいわけではありません。座りやすいだけなら他にもっとあるでしょう。もちろん座ることができなければ椅子ではありませんが…

では名作椅子とはどんな椅子なのでしょう。僕は、その時代を最も映しだしその時代の人に最も愛された椅子、それが名作椅子と呼べるのではないでしょうか。したがってそんなにたくさんはありません。特に21世紀になって深澤直人氏の「HIROSHIMA」以外は知りません。それほど名作椅子をつくり出すことは難しいのです。足元にも及びませんが、これからも椅子づくりに関わっていたいと思っています。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

対面&リモートでマイスツールを製作!~人間環境デザイン学科「立体表現Ⅱ」

AKARI and ISU TEN 2016に出展!~人間環境デザイン学科教員

エントランスホールに新しい椅子を設置!

ブログトップへ