畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年07月01日 一覧

2016年7月1日(金)

グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞の受賞グループが決まりました!

 

畿央大学と橿原市・橿原商工会議所連携事業は今年で8年目を迎えます。健康栄養学科(指導員:松村羊子先生、柴田満先生)の1回生58名が14グループに分かれて、いちごを使った新商品開発に挑戦しています。2016(平成28)年6月30日3限目授業後の14時40分から橿原市、橿原商工会議所および畿央大学学長へプレゼンテーション大会が行われました。

 

学生たちはチームに分かれてパワーポイントを使ってのプレゼンテーションがスタートしました。畿央大学から冬木正彦学長および健康栄養学科主任の栢野新市教授、橿原市役所から3名、商工会議所から3名を審査員として来ていただきました。1回生の学生たちは不慣れながらもPCおよびパワーポイントを活用しながら、自分たちが考案した「いちごを使った新商品」について発表しました。

 

927i1

 

そして、すべてのグループの発表が終了した後、別室で審査の集計が行われました。今回このプレゼンテーション大会では、グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞の3つの賞が準備されています。審査員がつけていた評価表の得点を集計し、グランプリ・準グランプリが決定しました。その後、審査員特別賞の審査が行われ、話し合いの末1グループに決定しました。

 

927i2

 

審査の結果はすぐに学生たちに伝えられました。

グランプリは、『いちごクリームパスタ』(グループ13)です。

«受賞した学生のコメント»

「いちごを使ったレシピはデザート」という固定概念で始まったが、「いちご」のインパクトがあり「いちご」を生かしたレシピを考えて、何種類も試作をしてみました。試作をしたあとにはみんなで必ず検証・反省会をしました。最終的にはごはん系に移行することになったけど、そのときの決断が一番難しかったです。そしてプレゼン大会当日、グランプリで自分たちの名前が呼ばれとき、「え??うそ??」というのが正直な気持ちで、そのあと徐々に嬉しさが込み上げてきました。簡単に作ることができ、オシャレで美味しいです。

 

927i3

 

 

準グランプリは、『かしじんようかん』(グループ9)です。

※かしじん…中高生、大学生は「橿原神宮」を略して橿神(かしじん)と呼ぶようです。

«受賞した学生のコメント»

準グランプリ受賞者発表時、私たちのグループ9が呼ばれた時はうれしさよりも驚きの方が大きかったです。でもその後、大きなうれしさがこみあげてきました。この「かしじんようかん」に至るまで私たちはとても多くの種類の試作品を作りました。全グループ内で一番多くの試作品を作ったのでは私たちではないかと思います。考えるだけでなく、実際に作ることで準グランプリをいただけた「かしじんようかん」にたどり着けたと思います。

 

927i4

 

 

そして、審査員特別賞は、『奈良の宝石コロッケ』(グループ7)です。

«受賞した学生のコメント»

レシピ開発の初めからプレゼン大会まで一貫して「コロッケ」で考えていました。最初は、個人や小さなグループでバラバラに考えていましたが、「コロッケ」によって私たちのグループは集まることになりました。このこだわった「コロッケ」で賞をいただけて最初はびっくりしましたが、とてもうれしかったです。本当は、前方後円墳の形をしたコロッケを作りたかったのですがそれが難しく、その点はくやしいです。

 

927i9

 

今回のプレゼンテーション大会が最後ではないです。次は9月に飲食店マッチング審査会が行われます。マッチング審査会では、今回のようなプレゼンテーションだけでなく、試食も行われます。今回グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞を受賞した新商品は飲食業者さんから手を挙げていただけるのでしょうか。はたまた、今回受賞しなかった新商品に手が上がるのでしょうか。乞うご期待です!

 

927i5

 

<これまでの取り組み>

2009年 『古代弁当製作プロジェクト』

2010年 『万葉人からの贈り物プロジェクト』

2011年 『橿原おみやげもの開発プロジェクト』

2012年 『かしはらスイーツレシピ開発プロジェクト』

2013年 『橿原産しょうがを使ったレシピ開発プロジェクト』

2014年 『橿原産しょうがを使った給食献立開発プロジェクト』

2015年 『橿原産しょうがを使った飲食店メニュー』

 

【関連記事】

橿原市・橿原商工会議所連携 「橿原産いちごを使ったメニュー開発プロジェクト」がスタートしました。

2016年7月1日(金)

前回に引き続き、看護医療学科3年次配当「母性看護学援助論Ⅱ」レポートです。

6月30日(木)の授業は、いよいよ8月末から始まる実習に向けて、最終章へ向かっています。内容は、母性看護学実習で行うベビーの沐浴技術の演習です。

7月7日(木)・14日(木)の実技試験に向けて、新生児人形を使用した「沐浴(赤ちゃんのお風呂)」の実技練習を行いました!

 

71ka1

 

みんな真剣に聞いています。

 

71ka2

 

私も緊張しながらみんなの前で説明しています…。

 

71ka3

 

男子学生さんも父性(?)を発揮してやさし~く抱っこ!

 

71ka4

 

みんな真剣そのものですが、本当に愛おしそうな表情で、ベビー人形に言葉を掛けながら実施しています。

全員合格目指してしっかり練習しましょう!

看護医療学科 講師

藤澤 弘枝

【関連記事】

看護医療学科「母性看護学援助論Ⅱ」レポート!

2016年7月1日(金)

こんにちは、畿友会広報部です!

 

6月24日(金)に緊急対応講習会が行われました。これは夜間の課外活動時、緊急事態が発生した場合についての対応を学ぶためのもので、クラブ・サークルの代表者や畿央祭(学園祭)実行委員、学習キャンプ実行委員会などの学生41名が参加しました。

 

71kin1

 

健康支援センターの山根先生から、日常生活における怪我や熱中症予防について教えていただきました。

 

71kin2

 

怪我をした際は傷口を水道水で洗い流し、止血の後、傷口を保護しましょう。消毒液などを使用するより水道水で洗い流すのがベストだそうです!また、熱中症は普段運動をしていない人もなりやすいとのことです。こまめに水分補給を行いましょう!その際、アルコール飲料での水分補給は厳禁です!!

 

71kin3

 

学生支援センターからは、クラブ活動・課外活動時に急病人・けが人が出た時の対応について説明がありました。ケガ・病気なく活動できるよう、学生全員が意識を高める良い機会になったと思います。

 

以上、広報部でした!

ブログトップへ