畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年09月29日 一覧

2016年9月29日(木)

9月3日(土)~4日(日)、伊勢志摩国立公園・二見浦海岸に於いて、毎年恒例の星城大学機能形態学クラブと畿央大学理学療法研究会「SAPS*」による合同合宿・勉強会が行われました。

 

*SAPS(サップス)とは、Studying About Physical therapy by Studentsの略語で、学生による理学療法研究会を意味しています。「学生の間からでも何か患者さんのためにできることはあるはず」との想いで、2006年の夏に当時1回生の8人の学生で設立された研究会です。

 

cats  

 

9月3日(1日目)

2日間のスケジュール発表や、簡単な自己紹介ののち、先生方やOBの方々、星城大学、畿央大学の交流のため、全員で体を動かせるアイスブレイキングからはじめました。

そののち、「患者さんとのコミュニケーション」「患者さんの家族とのコミュニケーション」「医療者間でのコミュニケーション」といった『理学療法士とコミュニケーション』というテーマで畿央大学OBの方々に講演をしていただいた後、学生同士のグループディスカッションを実施しました。

どのグループも、OBの方が提示された症例に対し、積極的に意見交換ができていました。自分が所属しているグループに限らず、他のグループで出た意見を聞けるようフィードバックの時間もあり、とても有意義な時間でした。

学生のあいだはイメージしにくく、でも、働きだしたらすぐに必要になる医療現場でのコミュニケーションについて講演していただいたおかげで、『医療現場でのPTのありかた』『相手への関心』『気分がのらない患者さんをリハビリに誘う方法』『ご家族の介護疲れを気遣う大切さ』『カンファレンスの重要性』など、理学療法士として大切なことを改めて感じることができました。

 

勉強会のあとは、バーベキューをしました。

普段はなかなかお話しする機会がない、先生方やOBの方々、他大学の理学療法士や作業療法士を目指す学生と、楽しく食事ができて良かったです。

 

929sa2

 

9月4日(2日目)

2日目は、星城大学の先生に「作業療法士について」、畿央大学のOBの方に「学生時代と医療現場でのギャップ」というテーマで講演をしていただきました。

普段、理学療法士としての視点で物事を考えることが多かったので、作業療法士の視点はとても新鮮でした。

また、去年まで学生生活を送っていたOBの方が、今年理学療法士1年目として働きだした際に感じたギャップは、わたしたち学生にリアルな刺激を与えていただき、今後の学生生活をより充実させる良い機会になったと思います。

 

合同合宿・勉強会を通して、今年もOBの方々の講演や、星城大学の学生との交流からたくさん学ぶことができ、とてもうれしいです。貴重なお話をしてくださった金子先生、飯塚先生、畿央大学のOBのみなさん、参加してくださった星城大学・畿央大学の学生のみなさんに、心より感謝しています。

そして、企画してくれた合宿係のみなさん、ありがとうございました!

また来年、このような交流の機会が訪れることを楽しみにしています!

 

929sa3

 

          SAPS10期生代表

           理学療法学科2回生 渡辺梨佳

2016年9月29日(木)

こんにちは! 2回目の登場です、展示部署の石黒です(^0^)!

いよいよ夏休みが終わり、畿央祭まで1か月を切りました。展示部署はここからが本番なので頑張っていきたいと思います!

 

夏休み中は正門に設置する立て看板を中心に活動しました!

今年のテーマは「頂」なので、頂点を掴むイメージで制作しました。

929ko1

 

現在は階段アートを進めています!どの階段に展示してあるのでしょうか。

探してみてくださいね~。

 

929ko2

 

展示部署ではこれからモザイクアート、ステンドグラスなども制作予定です。

まだまだやることはたくさん…。頑張ります!

10月22(土)、23日(日)はぜひ畿央祭にお越しください!

 

 

↓昨年度の畿央祭の様子は畿央大学公式YouTubeチャンネルからご覧いただけます!

学生たちが作りあげる学園祭「畿央祭」ってどんな感じ?

 

【関連記事】

第14回畿央祭実行委員Blog vol.14~学内部署、活動報告!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.13~チラシ・パンフレットを制作!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.12~子ども向け企画、準備中!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.11~舞台のバックパネルが完成!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.10~模擬部署活動報告

第14回畿央祭実行委員Blog vol.9~掲示部署活動報告!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.8~学内企画部署活動報告!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.7~学長への実行委員幹部挨拶!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.6~アリーナ部署活動報告!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.5~統括からのメッセージ2!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.4~統括からのメッセージ!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.3~もう一人の副実行委員長からメッセージ!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.2~副実行委員長からメッセージ!

第14回畿央祭実行委員Blog vol.1~今年のテーマは「頂(いただき)」!

 

 

2016年9月29日(木)

10/5(水)~11(木)に、グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタルで「すてきな暮らし」をテーマに開催される『AKARIとISU TEN 2016』に人間環境デザイン学科の加藤信喜先生のイスが2つ出展されます。

 

素敵なデザインのモノやコトが一つでもあると、きっと毎日の生活が楽しくなるはずです。

このインテリアを素敵に彩る「あかりと いす」を集めた企画展は、日本インテリアデザイナー協会の主催により、グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル5Fの広大なショウルームにて開催されます。

モノづくりを愛する方々による想いのこもった作品達の世界をお楽しみください。

 

 

私が出展するのは、2013年につくった『BLACK&WHITE CHAIR』と今回新作の『ZICZAC CHAIR』です。

この2点の椅子は、尊敬するオランダの建築家リートフェルトが家具デザインした椅子レッド&ブルーチェアジグザグチェアをオマージュして作ったものです。

 

BLACKWHITECHA

 

ブラック&ホワイトチェアは、木のジョイント部分が日本の伝統的仕口である三本組木を使用し、座板と背板の固定以外はくぎを全く使っておらず、六角レンチ1本で全ての部材がバラバラになるノックダウン方式です。

 

ジックザックチェアは新作で、薄鉄板を折り曲げて、薄さを意識したデザインで、現在制作中です。皆様のご来場をお待ちしております。

人間環境デザイン学科 准教授 加藤信喜

 

■AKARI and ISU TEN2016

□日時:10月5日(金)~11日(火) 11:00~19:00

□費用:無料

□会場:グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル5F

 

 ▼クリックで拡大します。

akariisu2016

 

【実際の展示会の様子】

bwchair

ブログトップへ