畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年05月16日 一覧

2018年5月16日(水)

離島へき地医療体験実習は看護医療学科4回生の必須科目です。今年は、宇陀市大宇陀、川上村、五條市大塔、野迫川村、山添村の5地域で91人が平成30年5月15日(火)~5月17日(木)の3日間にわたり実習をさせて頂いています。

 

初日(5月15日)

奈良県内でも28度を超える気温があちらこちらで記録された昨日、野迫川村チーム18名はJR五條駅に集合、宿泊施設であるホテル野迫川のお迎えのバスで一路、野迫川村へ向かいました。まずは役場です。立て看板に「畿央大学」が! いつも温かく学生たちを迎えてくださる役場職員の皆様に感謝します。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村1-1

 

野迫川村についてのオリエンテーションは、角谷喜一郎村長の「ようこそ野迫川村へ」で始まりました。毎年、ご多忙の中、予定を調整して私たちの到着を待ってくださいます。野迫川村は、村人口408人、日本一人口が少ない村で、高齢化率45%です。現在、保育園児が5人、小学生が6人、中学生が7人と、子どもの数も減っていますが、教育には変わらず力を入れておられ、「学校がなくなれば村もなくなる」というお言葉がとても印象的でした。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村2-1

 

実習受け入れの段取りをしてくださっている住民課の吉井課長様より野迫川村の紹介を受けました。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村3-1

 

保健師さんからは、速報データを使って住民の皆さんの健康課題が説明されました。二人の保健師さんが乳幼児から高齢者まですべて住民の保健事業を担当されています。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村4-1

 

野迫川村ご出身の鎌塚警部補が、学生のリクエストに応え、休みを返上してオリエンテーションへ来てくださいました。この春、野迫川村に配属になり、43年ぶりに村に戻って来られたそうです。「自然が良い、と人は訪ねて来るけれどその良さが村の者にはわからないんだよ。人より獣の方が多い村、奈良県のチベット」と学生の笑いを誘いましたが、「村の絆が防犯に重要な役割を果たしている」というお話から、故郷を誇りに思っていらっしゃることを感じました。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村5-1-down

 

平成28年4月に開署された奈良県広域消防組合野迫川村分署を全員で訪ねました。今年は救急救命士さんも配置されたとのことで、へき地における緊急搬送についての説明はもちろん、日ごろの「予防」(救急要請をするタイミングの周知など)活動についてお話を伺いました。「AEDの使い方はわかるかな?」まさかのシーン・・ 急性期担当の加藤先生の目が少し吊り上がりました(笑)。昨年導入されたドクターヘリの活躍についての説明でヘリナースへのあこがれが強くなった学生もいたようです。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村8-1-down

 

野迫川村の観光スポット鶴姫公園,四方遮るものがなく、幸せの鐘「天空の響き」は、全ての神様に聞こえるとか?願いを込めて鐘を鳴らしました。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村11-1

 

緑!緑!緑!白い風車が映えます。可住地面積が2.1%の野迫川村のこの景色でイメージできるでしょうか。残念ながら鳴門大橋は確認できませんでしたが、360度パノラマビューの美しさは間違えなく五つ星です。天体観測でも有名な場所です。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村12-1

 

しかし、熊野古道にバスを止めて・・・学生の視線の先は↓ 

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村13-1

 

2011年の大規模土砂災害(表層崩壊)の爪痕、山肌が広くむき出しになっており、その大きさに言葉を失いました。

発災直後からボランティアに通った北股地区はオレンジの部分(堰堤)のすぐ下。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村14-1

 

写真は世界遺産熊野古道小辺路。一時,立ち入れなくなった箇所もありましたが、安全確認が進められ、現在では国内外から多くの方々が訪ねて来られます。この時期の野迫川村としてはとても暖かい日でしたが、森の中は冷やっとしました。歴史や自然を学びつつ、とても気持ちの良い森林浴でした。

 

看護医療学科離島・へき地医療体験実習~野迫川村15-1-down

 

さて、明日の準備です!イキイキ100歳体操の復習もしっかりと。

 

cats

 

続報もお楽しみに。

 

看護医療学科教授 堀内美由紀

 

【関連記事】

学生広報スタッフblog vol.225~看護医療学科「離島・へき地医療体験実習」レポート!

平成29年度離島・へき地医療体験実習 宇陀市大宇陀地区実習レポートvol.3~看護医療学科

平成29年度離島・へき地医療体験実習~宇陀市大宇陀地区レポートvol.2

平成29年度離島・へき地医療体験実習~宇陀市大宇陀地区実習レポートvol.1

2018年5月16日(水)

今年も、例年通り5月中旬が訪れ、私たち看護医療学科では、本学の特徴的な実習カリキュラムに位置付けられている「離島へき地医療体験実習」(平成30年5月15日(火)~5月17日(木)の3日間)が初日を迎えました。

奈良県内5ヶ所の地域にわかれて、4回生は準備を進めて実習に臨んでいます。

そのうちの一つである宇陀市大宇陀地区は、今年で4年目を迎えた実習地です。毎年地域の医療・介護・看護・地域の人々を支える専門職や多くのご家庭を訪問し、生活と健康や地域のコミュニティの特徴を学んでいます。今日は、一日目の実習の様子をレポートします。

 

初日(5月15日) 

学生は榛原駅に集合し、曽爾村と大宇陀にわかれて実習に向かいました。大宇陀では、学生が実習中にお世話いただく、大宇陀特別養護老人ホームラガール乃美幸彦施設長より、宇陀市の高齢化や人口減少の現状と介護医療連携の実際、在宅看取り推進のための取り組みについてお話を伺いました。ここでは年々人口が減少し高齢化がさらにすすんでいる宇陀市の現状を知ることができました。

 

 いよいよ午後からは、それぞれのチームごとに家庭訪問や宇陀市が介護予防事業の一つとして力を入れている「いきいき100歳体操」の会場に向かっての活動を展開しました。

 

看護医療学科4回生離島へき地医療体験実習~宇陀市1-1

▲古民家に暮らす90歳の女性宅で指導を受け、学生も作品を作りました

 

看護医療学科4回生離島へき地医療体験実習~宇陀市2-1

▲90歳を過ぎても、一人で元気に生活する女性と楽しい時間を過ごす学生の様子

 

家庭訪問では、大宇陀本郷と大宇陀岩清水に在住の女性宅2軒にお邪魔しました。

膝の変形があるため、歩行に杖は必要ですが、自分のことは自分で行い、身の回りを美しく保っておられるお二人は、学生と折り紙や大正琴、書道などを通じて数時間コミュニケーションを図りました。これまでの人生で勉学や仕事に積極的に取り組んでおられた生き方が高齢になってからも、丁寧に日々を過ごす姿勢につながることをお二人から学びました。

「元気で今年も畿央の学生さんに来てもらえてうれしかった。周囲に面倒をかけながらでも、また来年学生さんに会えることを楽しみに長生きしたいです」と学生の姿が見えなくなるまで見送ってくださいました。また、来年もお会いすることを私たちも楽しみにしています。

 

看護医療学科4回生離島へき地医療体験実習~宇陀市3-1

▲筆と硯を手に書道で寄せ書きをする学生:元教員の女性からご指導いただきました

 

また、宇陀市榛原下井足地区の「いきいき100歳体操」に参加したグループは、事前に誤嚥予防体操や「マツケンサンバ」に合わせた体操などのプログラムを準備して出かけました。

参加者は70歳代から90歳代までと幅広かったのですが、皆さん大変お元気で、90歳代の方の骨密度は、若年者でも驚くほどの値でした。学生は、転倒リスク診断や健康指導を行い、実習後に生活と健康の関連について考えるよい機会になったようです。

 

 実習は夕方までハードスケジュールでしたが、宿の夕食では学びの共有やおみくじゲームでリラックスタイム。明日の実習に備えて、ゆっくりお湯につかりしっかり休息をとります。

 

看護医療学科4回生離島へき地医療体験実習~宇陀市4-1

▲夕食後、おみくじゲーム。みんな「吉」を引き当てました

  

看護医療学科講師 大友絵利香

 

【関連記事】

学生広報スタッフblog vol.225~看護医療学科「離島・へき地医療体験実習」レポート!

平成29年度離島・へき地医療体験実習 宇陀市大宇陀地区実習レポートvol.3~看護医療学科

平成29年度離島・へき地医療体験実習~宇陀市大宇陀地区レポートvol.2

平成29年度離島・へき地医療体験実習~宇陀市大宇陀地区実習レポートvol.1

ブログトップへ