畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年11月19日 一覧

2014年11月19日(水)

畿央大学隣のエコール・マミ南館マミホールで約60名のカーブス会員が受講!

 

エコールマミ北館2階の女性専用フィットネスクラブ「カーブス広陵店」と畿央大学は2011年4月から連携し、地域のみなさまの健康増進のため定期的な骨密度測定、運動や食事に関する相談会、健康に関する講演会を行っています。

同店は2010年に開業し1年後には会員数300名、その後毎年100名ずつ会員数を伸ばし現在600名を超える規模にまで成長している人気の高いフィットネスクラブです。

 

2014(平成26)年11月15日(土)エコールマミ南館のマミホールにおいて、畿央大学理学療法学科松本大輔先生による第6回カーブス健康講座が開催されました。

 

新しい画像

 

年齢層としては子育てを終え「自分の健康」に強い関心を持ってこれからの人生を楽しく健康で長生きしたい、そのために1日30分間カーブスで体を鍛えたいと願う50歳代後半から70歳代の方々がほとんどです。

そこで、松本先生の講座内容は、

①健康寿命と介護予防

②更年期(中高年期)と運動の関係

③美しいカラダを作るための姿勢と歩き方

の3つの観点からお話していただきました。

 

新しい画像 (1)-horz

 

日本人の平均寿命が女性86.30歳、男性79.55歳(H22年)ですが、健康寿命(日常的に介護を必要とせず、自立した生活ができる期間)は女性73.62歳、男性70.42歳で、その差女性12.68歳、男性9.13歳というこの期間をできるだけ伸びるよう、普段から生活習慣病の改善にどう取り組んでいくかが重要です。

そして、姿勢を伸ばして美しいカラダを作る大切さを説いていただきました。

 

【関連記事】

女性フィットネスクラブ「カーブス」の骨密度測定会を実施しました。

2014年11月19日(水)

11月15日(土)、冬木記念ホールにて健康栄養学科の卒業研究発表会が開催され、4回生57名が33演題について発表しました。

 

食品科学調理科学に関する研究、臨床栄養学スポーツ栄養学栄養教育論など、多岐にわたる分野の発表がなされました。

4回生たちは、今年の2月に各研究室に配属され、管理栄養士国家試験の勉強や就職活動をしながらも、授業の合間をぬって日々研究に励んできました。

 

当日は9時30分から発表が始まり、発表者はもちろん、聞いている者も緊張した面持ちで順番を待っていました。

卒研生は自分の研究を図や表を用いてわかりやすく発表を行っていました。

発表後の質疑応答では、先生方からだけではなく学生同士でも活発に質問があり、北田学科長からもお褒めの言葉がありました。

 

新しい画像-horz

 

発表会には研究室配属が迫っている3回生をはじめ1、2回生も多く参加していました。

 

本会の締めくくりで、北田学科長は、「3回生の皆さんは、このような研究や発表が自分にできるのだろうかと不安な気持ちもあると思いますが、今日こうして立派に発表した4回生も、1年前は同じような気持ちでこの場にいました。自分の研究テーマを持って研究を進めていくことは、初めての体験で簡単にできるものではありません。その経験を経て、発表を終えた4回生の皆さんは達成感と充実感とで自信に満ち溢れています。次は、3回生の皆さんの番です。」と3回生を激励するお言葉をかけられました。

自分の研究について発表する卒研生は、本当にいきいきとして見えました。

1年後の発表で、現3回生の成長した姿が見られるのを楽しみにしています。

 

新しい画像 (2)

 

すべての発表が終わったあとの、卒研生の皆さんの晴れやかな顔がとても印象的でした。

素晴らしい発表、お疲れ様でした。

健康栄養学科 助手 隅蔵 菜海

ブログトップへ