畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年09月01日 一覧

2021年9月1日(水)

人間環境デザイン学科では2・3回生合同の科目「プロジェクトゼミ」で地域の課題解決に取り組んでいます。

今回は大和高田市天神橋筋商店街の空き店舗の調査を進める過程から生まれたプロジェクトへの取り組みをご紹介します。

地域の人たちが集う場を作ろうと、三井田ゼミと清水ゼミの学生が立ち上がりました。

 

『きらきら☆ステーション』大和高田さざんかホールにある空きレストランをリノベーションし、2020年3月に完成し、4月にオープンの予定で進めていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け準備が整わず、今年7月にようやくオープンを迎えることができました。

この模様は読売新聞にも取材いただき、記事が掲載されました。

 

『きらきら☆ステーション』完成までの道のり~人間環境デザイン学科1-1

 

学生たちが完成までの道のりを記した活動記録があります。

この記録を見ていただければ、学生たちがどんな思いで作業に取り組んだのかわかっていただけると思いますので、是非ご覧ください。

 

絵本の画像をクリックすると、PDFにまとめた活動記録が開きます。

『きらきら☆ステーション』完成までの道のり~人間環境デザイン学科2-1

 

現在、きらきら☆ステーションにはいろんな絵本が並び、読み聞かせ会などが行われています。

コロナ過のため、当面は予約制となりますが、多世代の方が気軽に集まり、おしゃべりを楽しんでいただける

楽しい場所になってくれることを願っています。

みなさんもお近くに行かれた際はぜひのぞいてみてくださいね!!

 

オープンセレモニーの様子も次回お伝えいたします。

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織

2021年9月1日(水)

2021年7月27日(火)~8月6日(金)にかけて広陵中央公民館で実施された子ども向け自習室の開放に、本学学生6名が学習ボランティアとして参加しました。

期間中は事前申込をした地元の小学生の皆さんが夏休みの宿題を持参、分からないところがあると学生ボランティアがそのサポートを行いました。

 

広陵中央公民館で小学生の夏休みの宿題をサポート1-1

 

参加された小学生や保護者の皆さまからは「公民館に来て勉強もできるし楽しい。畿央大学のお兄さんいつ来るの?」「先生の説明がわかりやすい」「わかりやすく教えてもらっているので子どもが喜んでいます」などの感想が公民館に寄せられたとのことです。

 

この様子は奈良テレビにも取材いただき、放送されました。

広陵中央公民館で小学生の夏休みの宿題をサポート2-1

 

今回参加された学生の皆さんの感想を一部ご紹介します。

 

実際に触れ合うことで子どもたちとの距離感や接し方を知ることができました。子どもたちが「分かった!」と反応してくれた時はとても嬉しかったし、「先生、ありがとう。」と言われたときは教えることの楽しさを感じることができました。反省点としては、子どもたちの集中力が切れてだらだらし始めたときに、子どもたちと楽しくお話をしてしまったことです。次回は、キャンプの補助員等のボランティアをしてみたいなと考えています。また、機会があれば今回のボランティアもしてみたいです。

現代教育学科2回生

 

実際に小学生と関わることで、とても多くのことを学ぶことができました。話し方やリアクションなどいろいろ工夫しなければいけないのでとても大変でした。しかし、何日か行くことでみんなとの壁をなくすことができ、とても親しみをもって接してくれました。公民館の人は、また今後もやりたいと言っていたので、ぜひまた参加してみたいです。

現代教育学科2回生

 

小学生の元気さに驚きつつ、宿題のサポートをできて良い経験になり楽しかったです。

健康栄養学科2回生

 

様々な子どもと関わる事ができ、有意義な時間を過ごすことができました。また、子ども達が自分の名前を覚えてくれてとても嬉しかったです。反省点として高学年の女の子と関わることがあまりできなかったので、次からは積極的にコミュニケーションを取れるように努力したいです。

現代教育学科2回生

 

子どもと触れあえて、とてもいい経験になりました。

現代教育学科2回生

 

コロナ禍でボランティアの機会が減っていますが、課外活動で得る学びや経験も学生の皆さんにとって大切な時間です。ボランティアセンターでは今後も情報発信に努めて参ります。興味のあるボランティアが見つかったらぜひ応募してみてくださいね。

 

ボランティアセンター

ブログトップへ