畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年01月09日 一覧

2016年1月9日(土)

NHK取材『阪神淡路大震災から21年。次世代に伝えたいもの』

 

2016年1月17日 阪神淡路大震災から21年をむかえます。
毎年この時期になると「あれから○年」という言葉がよく聞こえてきます。
昨年11月中旬、NHKの記者さんから大学へ電話がかかってきました。「来年で阪神大震災から21年になりますが、震災後20年と何かと大きく取り上げられた今年(つまり昨年)と変わることなくNHKでは“私たちは決して忘れない”という思いで取り上げたい・・」と、確かそのような話でした。
被災地支援ののびのびキャンプのブログや以前の新聞記事にはすでに目を通しておられるようでした。

 

阪神淡路大震災への想いや記憶、東日本大震災および紀伊半島大水害をきっかけに立ち上げた「災害に強い大和の町づくりネットワーク」の活動の話を聞きたいとの説明がありました。
より多くの方々が災害について考える機会を提供したいという信条に合っていたのか、その時は、あまり深く考えず、特に気負いもなく、違和感もなく、取材を「承諾」しました。

 

しかし、考えてみれば、テレビの取材は初めてでした。
打ち合わせで来校された記者さんに(この時はこれが取材だと思っていた)一気に話をしました。次の週には福島に行く予定もあり、口はいつも以上に滑らかだったと思います。しかし、これまでの取材のようにレコーダーもなく、写真を撮られるわけでもなく、「小さい記事なのかな」と思っていました。

「で、本番なのですが・・」
「えっ?」
「はい、撮影の日です。当方NHKですから、基本は動画です。」
「そうなのですね・・」(笑)

 

horinhk1

▲ 自宅、「災害看護論」校外学習(DMATの訓練に参加)の様子

 

その後、3日間にわたる取材から編集されたものが「阪神淡路大震災から21年」を特集して、1月14日・15日放送のニュース番組で5分程度放映されるとのことです。

 

どのような番組構成になるのかはわかりませんが、「記憶が薄れてほしくない」という被災された方々の言葉の意味は、「被災によって多くの方々の命や生活が奪われた、そうした辛い経験をしっかり活かした整備(備え)であれ」という事だ、という事が、これからを担う若者たちに伝わればと被災経験者として思います。

本日、1月9日(土)「災害看護論」を履修した学生たちにそう伝え、最終講義のまとめとしました。

 

horinhk2

▲災害看護論最終授業

看護医療学科 教授 堀内美由紀

 

◆下記の番組で放送されます!ぜひご覧ください!
1/14(木)18:30~18:52 NHK奈良放送局 「ならナビ」
1/15(金)7:45~8:00  NHK大阪放送局 「おはよう関西」

 

 

 

なお、放送後には堀内先生宛てに、たくさんの励ましのメッセージやお手紙が寄せられました。

【堀内教授から、視聴者の皆さんへコメント】

1月14日,15日の阪神淡路大震災に関連するNHKの放送をご覧になりご連絡いただきました皆様,ありがとうございました。

同じ放送内容をご覧いただいているのですが,皆様のこの21年が様々であったことを改めて感じるお便りばかりでした。

貴重な活動記録や書籍もありがとうございます。拝読させていただきます。

筆が遅くまだ皆様にお返事ができておりません。

本学ホームページからで恐縮ですが,まずはお礼を申し上げます。

 

2016年1月9日(土)

2015年12月27日(日)、理学療法学科の「瓜谷ゼミ」および「裏瓜谷ゼミ」にて、今回で第3回となるラボ学会・忘年会を開催しました。現3回生で8期目となる「瓜谷ゼミ」は歴代のほとんどの学年が、「裏瓜谷ゼミ」は他大学の卒業生なども増え、総勢22名が集まりました。

まずお昼から、10名の演者の発表およびディスカッションを行う、ラボ学会が始まりました。

現職者(PT)の方々の職場は、病院や施設だけでなく、訪問リハビリや企業までバラエティに富んでいます。そのため、ここでは様々な視点で約4時間の間、白熱した議論が行われました。なかでも、現3回生たちが果敢にも研究を発表し、現職者のアドバイスを受けていたのが印象的でした。

 

20180109瓜谷3-1

 

その後は居酒屋へ移り、忘年会を実施しました。

ここでは2015年に瓜谷先生が、「WCPT(世界理学療法連盟)」にて受賞されたことと、「平成27年度 運動器の10年・日本賞」でも受賞されたということで、サプライズのケーキが登場し、お祝いも行われました。

今回も先輩・同期・後輩のパワーアップした姿が見られ、また学生時代と変わらず楽しむことが出来ました。このような場があるから、自分も「もっと頑張ろう」と励みになります。また今後も開催が予定されているので、今回参加できなかった方々の参加もお待ちしています。

 

20160109瓜谷4

 

●畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)は、一定人数以上の同窓会開催を支援しています。

詳細は大学ホームページ「同窓会開催の補助」をご覧下さい。

 

2016年1月9日(土)

2015年12月26日(土)、軽音楽部OBによる同窓会兼忘年ライブを開催しました。

昨年に続き2度目のOBとの合同ライブでしたが、卒業生・在学生を含め50人以上の仲間に会うことができ、とても懐かしく楽しい時間となりました。

 

20180109軽音1

 

2014年度卒業生が加わり、在学生を含め前回を上回る8期分の軽音部員が一堂に会した今回のライブ。

バンド7組、弾き語り2組の計9組が出演し、それぞれが特長ある演奏を披露してくれました。先輩・後輩の垣根を越えて交流しました。卒業生のほとんどは普段音楽から離れた生活を送っていますが、音楽を通じて瞬時に学生時代を思い出し、学生時代と変わらない空気に戻れました。

 

20180109軽音2

 

それぞれ違った人生を歩みながらも、いつでも戻ることができる居場所として在り続け、継続して繋がりを深めていくことが今後の目標です。

 

20180109軽音3

 

2016年も、また何らかの形で集まる機会を作ろうと思っていますので、今回参加できなかった方も、次回またお会いしましょう。

 

●畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)は、一定人数以上の同窓会開催を支援しています。

詳細は大学ホームページ「同窓会開催の補助」をご覧下さい。

ブログトップへ