畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年11月13日 一覧

2014年11月13日(木)

こんにちは!

現代教育学科2回生の花田直昭と西野智香子です!

 

畿央大学での学園祭(畿央祭)一日目の10月18日(土)、大学のボランティアセンター企画の中で、HOPEFULのメンバーが行った活動の様子を報告する展示およびのびのびキャンプ2014報告会をE棟のオープン教室で行いました!

のびのびキャンプは、「福島県の子どもたちに大自然の中で思いっきりのびのびと遊んで、心と身体のリフレッシュをしてもらいたい!」という思いで始まったキャンプです。

4年目を迎えた今年は8月18日、19日、20日の3日間を福島県磐梯青少年交流の家で行いました。

去年からは、以前から親交のある福島大学と協力しながら学生主体で運営しています。

 

新しい画像

 

展示ブースには、キャンプの下見の日から子どもたちを迎えた3日間の写真で飾り付けました。

みんなで遊んでいる写真や、楽しんでいる様子の写真だけでなく、2日目のプログラムで書いた「思いをかたちに」で子どもたちが将来なりたいものや将来の自分に向けて書いた手紙なども掲示しました。

福島でのびのびと遊び、そして将来に希望を持つ子どもたちの思いが伝わったのか、たくさんの方が興味をもち、足をとめて見て下さいました。

 

新しい画像 (1)

 

また13時からは、のびのびキャンプのメンバー4人が報告会という形で話をしてくれました。

 

新しい画像 (2)-vert

 

キャンプが始まる前は緊張していた様子の子どもたちが、3日間を過ごすにつれいろいろな表情を見せてくれたことを、はなちゃんは「僕たち学生が働きかけなくても自分で考えて動いてくれるようになったり、キャンプ中でもたくさんの成長が見れた」と話してくれました。

なお学生の発表は、畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページから動画でご覧いただけます。

 

新しい画像-horz

 

福島の子どもたちと触れ合うことでたくさんの経験ができました。

しかし、活動が終わり満足するのではなく、日に日に関心が薄れつつある東日本大震災に関わる活動や思い、学びを伝えていく事で、たくさんの人が関心を持って頂けたらと思います。

 

これからもこのような情報発信の場を大切にしていき、のびのびキャンプで出会った福島県の方々とのつながりを大切にしていきたいです!来てくださった方々本当にありがとうございました!

 

新しい画像 (2)

 

現代教育学科2回生  花田 直昭

西野 智香子

 

■被災地支援「のびのびキャンプ2014」記事

被災地支援「のびのびキャンプ2014」フォトレポート①~奈良から福島へ!

被災地支援「のびのびキャンプ2014」フォトレポート②~キャンプがスタート!

被災地支援「のびのびキャンプ2014」フォトレポート③~キャンプ2日目!

被災地支援「のびのびキャンプ2014」フォトレポート④~キャンプ最終日!

 

■関連リンク

畿央大学被災地支援サークル「HOPEFUL」facebookページ

輝央祭~畿央祭実行委員Blog

2014年11月13日(木)

お久しぶりです!

実行委員長のソリです!!

畿央祭が終わって2週間が経ちます。

少し落ち着き、気持ちの整理ができてきました。

畿央祭を振り返ってみると、毎日がすごくバタバタし、忙しかったなーと思います。

 

去年の実行委員が集められて統括が決まったのが4月15日。

各部署長が決まって引き継いでもらったのが4月20日。

実行委員が決定したのが5月20日。

約半年間、198人で駆け抜けました。

 

学祭が終わるまでの日々はとにかく学祭中心の毎日でした。

しんどいこともたくさんありました。辞めたいと何回も思いました(笑)

だけど、今思い返してみると、畿央祭までの毎日はすごく充実し楽しかったなあと思います。

こうしてブログを書いていると、また涙が出そうです(笑)

 

今年の学祭は去年より派手にしたくて!! 門のところにエアーアーチを設置してもらったり、

新しい画像

 

バズーカ(クラッカー)の本数も増やして、ドラゴン花火も設置してもらったり、

新しい画像 (1)

 

幹部13人で気合を入れるためにレッドブルで乾杯したり、

新しい画像 (2)

 

花火のスイッチを押させてもらったり、開会式でバズーカを鳴らしたり、 放課後、終電まで会議をしたり。

二度とない経験をさせていただきました。

 

新しい画像 (3)

 

198人の前で話すなんて、198人で円陣を組むなんて、 思ってもいませんでした。

 

私1人では何もできませんでした。

この畿央祭は統括、部署長の努力と 実行委員全員の頑張りと、参加団体さん、当日に来てくださったたくさんの方々のご協力と、 機材などを貸していただいた企業さん、学生支援センターのサポート があって成り立っていました。

 

新しい画像 (4)

 

みなさん、本当にありがとうございました!

 

新しい画像 (5)

 

畿央祭実行委員長

理学療法学科2回生 反 文香

▼その他の実行委員ブログはこちら!

輝央祭~畿央祭実行委員Blog

2014年11月13日(木)

ならコープは奈良県民約100万人のうち25万人以上、県内世帯の約44%が加盟する市民生活協同組合で、畿央大学の地元広陵町はならコープの営業エリアでは「中エリア」という位置づけで「竜田川店」「真美ケ丘店」「今府店」の3店舗があります。

 

毎年、それぞれの店舗で『食べる たいせつフェア』というイベントを実施していて、私たちは、2014(平成26)年11月9日(日)に竜田川店2階で行なわれたイベントに参加しました。

 

この日はあいにくの悪天候の中にも関わらずたくさんのお客様にお越しいただきました。

 

新しい画像

 

今年のテーマは“おうちごはん”ということで、主婦の方が考えられた“おうちごはん”の試食コーナー、お豆をお箸で運ぶゲームコーナー、クイズラリーなどさまざまな催し物がありました。

その中で畿央大学健康栄養学科(指導教員:浅野恭代教授)ヘルスチーム菜良(なら)による「食育サッとシステム」を使っての栄養バランス指導を行いました。

 

※「ヘルスチーム菜良(なら)」は奈良県健康福祉部健康づくり推進課が主導で管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、各大学が健康食メニュー開発や栄養指導・啓蒙の活動を行っています。

 

新しい画像 (1)-horz-vert

 

私たち1回生は活動を始めたころ栄養指導を行う知識が全くなく不安でいっぱいでしたが、浅野先生の指導により準備を進め少しずつ知識を身につけていきまた。 イベントでは実際に小さな子どもからご年配の方まで栄養指導を行いました。

 

栄養指導を行っていると、お越しいただいたお客様のほとんどは健康志向で普段から食事バランスを気にして料理されている方々でした。 地域の方々は元気で明るい方がたくさんいらっしゃったのでお話も弾みました。

 

今回この活動を通して、私たちは地域の方々の食事バランスを見直すきっかけづくりのお手伝い、栄養指導に必要な知識習得などさまざまな経験をさせていただきました。 これからも積極的にこのような活動に参加していきたいです。

 

健康栄養学科1回生  野村  実音、土師  彩加

神野  尚子、白藤  美里

 

※次回は、12月7日(日)畿央大学から近鉄五位堂駅に向かう幹線道路沿い右側にある「ならコープ真美ケ丘店」で開催される『食べる たいせつフェア2014』に参加します。

みなさん、ぜひお越しください。

 

ブログトップへ