畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年10月01日 一覧

2014年10月1日(水)

8月18日(月)から20日(水)の2泊3日で、福島県国立磐梯青少年交流の家にて被災地支援「のびのびキャンプ2014」を開催しました。キャンプには福島県の子ども24名を招いて、学生と一緒に熱い夏の思い出を作りました。参加した学生が現地の様子についてフォトレポートします!

のびのびキャンプの概要や趣旨については、下記記事をご覧下さい。

学生有志による被災地支援「のびのびキャンプ2014」を、福島県で開催!

 

《18日:子どもたちを迎え、いよいよキャンプ初日がスタート!》

 

のびのびキャンプ2014、8月18日(月)の活動報告は現代教育学科2回生のはなたろうがさせていただきます。

前泊して現地入りした学生一同。キャンプ2日目、3日目に行う朝レクのリハーサルを早朝から行ったりプログラムの確認しながら、子どもたちが来るのを待っていました。朝レク係の僕は、「子どもたちが笑顔になってくれるだろうか?楽しんでくれるだろうか?」という期待と不安でいっぱいでした。

そして午前10時ごろ、ついに子どもたちがキャンプ場に到着!

昨年から参加しているスタッフや子どもたちが再会を喜ぶ一方、僕を含めた初参加のスタッフは少し緊張…(笑)

 

さっそく荷物を総合研修館に運んだ後は、みーによる開会式!

新しい画像-horz

 

まずはこのキャンプを楽しく安全に行うための約束ごとや、健康・安全係を紹介。

その後、アイスブレイク(簡単な手遊びやゲームを通じて緊張をほぐすこと)へと移行しました。

新しい画像 (2)-horz

▲アイスブレイクの様子

 

緊張もほぐれたところでおまちかねの「グループ発表」!!

今回のキャンプでは「学生3名+子ども4~5名」の5グループに分かれます。朝起きてから寝るまでのほとんどの時間をこのグループで過ごしていくことになるので、みんなドキドキ。

発表後はグループでの初めての活動、ビーイング(旗作り)をしました。大きな白い布にみんなで手形を書いた後、「こんなキャンプにしたい」という思いや願いを書いて一つの旗を作ります。悩みながらも書き上げていく子どもたち。それぞれグループみんなで相談しながら一緒に同じモノをつくることで、グループ内の距離が少し縮まりました。

 

新しい画像 (4)-horz

▲なに書いてるのかなー…?                  ▲完成!!

 

旗作りが終わっていよいよみんなで昼食だーー!!

いやいやその前に!このキャンプのテーマソング「がんがん」をみんなで歌うぞー!

謎のギタリスト「んげき君」の掛け声に続いて…,

 

新しい画像 (6)

▲「だー!!!!」

みんな心なしか声が小さかったけど、お腹が空いてただけだよね?(笑)

次からの「がんがん」は大きな声で歌おうね!!

 

そしてやっと昼食タイム!お腹すいたー!! 好き嫌い無くたくさん食べている子どもたちの姿が印象的でした。

新しい画像 (7)

 

昼食のあとは「樹木オリエンテーション」!施設内の樹木を写真と地図を頼りに探し回ります!! 水分補給を忘れずに、みんながんばれー!

 

新しい画像 (8)-horz

▲③番の木はどこだー!                  ▲「あつーい!」

 

樹木オリエンテーションを終えた子どもたちはすっかり「樹木博士」になったようです。

「これアカマツだよ!」「こんなところにあったんだ…」という声が移動中の子どもたちから聞こえてきました。

活動中も率先して次のポイントを探してくれる子どもが多くいて、学生は安心して見守りました。

その後夕食を食べてお風呂で温まったあとは…真っ暗闇でかくれんぼ! 学生と子どもが二人一組になって隠れました!隠れている間は黙って!「しーっ!」 でも、ふたりっきりだからこそ話せることもありました。見つからなかったペアも大勢いて、子どもも学生も得意満面(笑)楽しい活動になりました!

 

新しい画像 (10)-horz

▲どうしたら見つからないかな?作戦会議!        ▲待ち時間はジャージさん(吉藤先生)の星座観察!

 

開会式では緊張気味だった子どもたちも。プログラムが進むにつれて笑顔が増えていきました。

夜更かしをしている子もおらず、みんなぐっすり眠っていました。

最初に感じていた不安や緊張は、子どもたちの笑顔が吹き飛ばしてくれました。「子どもたちの笑顔は宝物なんだな」と感じました。

大きなけがや病気も無く無事に一日を終えることができてホッとするとともに、明日も子どもたちの最高の笑顔のため、気を引き締め直して、学生たちも就寝しました。

現代教育学科2回生 花田 直昭

■関連記事

被災地支援「のびのびキャンプ2014」フォトレポート①~奈良から福島へ!

■関連リンク

畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページ

畿央大学被災地支援サークル「HOPEFUL」facebookページ

2014年10月1日(水)

8月18日(月)から20日(水)の2泊3日で、福島県国立磐梯青少年交流の家にて被災地支援「のびのびキャンプ2014」を開催しました。キャンプには福島県の子ども24名を招いて、学生と一緒に熱い夏の思い出を作りました。参加した学生が現地の様子についてフォトレポートします!

のびのびキャンプの概要や趣旨については、下記記事をご覧下さい。

学生有志による被災地支援「のびのびキャンプ2014」を、福島県で開催!

 

《8月17日(日):奈良から福島県へ出発!》

 

こんにちは!教育学部2回生の本田亮介です。

4年目になる「のびのびキャンプ2014」は8月17日~20日(17日は学生のみの前泊)に、去年と同じ福島県で開催されました。

キャンプ前日の17日にのびキャンの奈良スタッフが現地入りした様子をお伝えします。

のびのびキャンプ2014は去年に引き続き、学生が中心となって先生方や関係者の方々にアドバイスをいただきながら、企画・運営を行いました。キャンプの企画を行う会議では考えがぶつかることもありましたが、「どうしたら福島の子どもたちがのびのびとキャンプを楽しめるか」を第一に考え、キャンプの準備を進めてきました。

そして、いよいよのびのびキャンプ2014が始まりです。のびのびキャンプの始まりは京都駅でした。朝7時30分に京都駅出発だったのですが、全員時間通りに集合!!

新しい画像-horz

▲新幹線の中でキャンプのプロ吉藤先生(キャンプネーム:ジャージさん)とともにプログラムの確認中・・・

 

学生たちは子ども達に少しでもキャンプを楽しんでもらうために、新幹線の中でも最終確認やプログラムの修正を欠かしませんでした。キャンプ中はグループ行動が中心となるので、グループの学生同士の仲の良さも重要です。今まで話せなかったことやたわいもないことなどを話し、どんどん仲良くなっていきました。

新しい画像 (2)

 

そして、約4時間の新幹線の旅が終わり郡山駅に到着!

バスで国立磐梯青少年の家に向かい、お昼ごろに到着!施設の人から施設利用についての説明をしていただき、明日に向けて最終準備がスタート!!

新しい画像 (3)-horz

 

まずは、みんなで外に出て、キャンプで使う施設をすべて下見に行きました。

今年も参加してくださったジャージさんのわかりやすい説明で、特に中止する必要のある危険な箇所をチェックしながら下見を行いました。

キャンプ中に子ども達に危険が及ばないよう、常に子どもがいることを想定しながら歩き回りました。また、途中生えている木や草などの自然物についても子どもたちに自慢できるような豆知識や小技を教えてもらい、私たち学生も自然を楽しみました。

 

下見を終え、昼食の後は子ども達と行うレクリエーションの確認やのびのびキャンプテーマソング「がんがん」も本番さながらの元気で歌いました。

新しい画像 (5)

▲テーマソングはキャンプ中に頻繁に歌うことになるので、しっかり練習!

 

学生達はどうすれば子どもたちが楽しめるかを考えて、何をするにしても子どものように全力で取り組みました。そうすることで実際に子どもと遊んでいるときに現れる危険を事前に確認できるし、子どもが楽しむためにはまず学生が楽しんでいる必要があるからです。

17時からは「夕べの集い」という、施設で宿泊している各団体の紹介時間があります。さまざまな団体が来ており、各自の紹介もユニークでした。

その後は、グループごとに夕食を食べました。たくさん種類があってどれもおいしくいただきました。お風呂に入ったあとは次の日の確認のためのミーティングをしました。グループ→全体の順番に行い、子どもたちのことについてや一日の流れの確認を行いました。子どもたちが安全に楽しくキャンプを過ごせるように、学生が事前に流れをしっかりと把握し、最終確認をしました。

 

新しい画像 (6)-vert

 

最後にはこのキャンプをどのようなものにしていきたいのか、みんなで思いを確かめ合いました。

一人一人書いてあることは少しずつ違いますが、「子どもたちに楽しんでもらいたい!」という気持ちが同じであることをキャンプ前日に確認する良い機会になりました。

そして、次の日、子ども達を万全の状態で迎えられるよう、早めの就寝となりました。

明日からの3日間、1日を大切に過ごして今年の夏の一番の思い出をつくります!

現代教育学科 2回 本田 亮介

■関連リンク

畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページ

畿央大学被災地支援サークル「HOPEFUL」facebookページ

2014年10月1日(水)

こんにちは!理学療法学科2回生の白井大祐です。

 

今回は10月13日に理学療法研究会「SAPS(サップス)」のOB・OG会を開催しましたので、レポートします!

新しい画像

 

SAPSのOB・OG会は、年に2回、夏休みと春休みに開催しています。

午前中に学生のみで、『リーダーに求められる要素』についてディスカッションをしました。

午後からはOB・OGの方も含めて『理学療法士に求められる要素』について、OB・OGの方からの実際の臨床現場での体験を聞きながらディスカッションをしました。

その上で、リーダーと理学療法士それぞれに求められる要素の相違点や類似点を確認し、今後の学生生活で何ができるかを考えました。

 

ディスカッションを通して気づいたことは、リーダーに必要な要素(例えば決断力や信頼を築くといった)は理学療法士に必要とされる要素、すなわち将来の患者さんのために何ができるか、そのために『これからの学生生活でできることとは』につながっているなと思いました。

 

他の参加者からは、「話しやすさや引きつける力、その人にとっての『魅力』がリーダーと理学療法士に求められる要素だ」という感想をいただきました。

 

SAPSは他のクラブよりも、OB・OGの方との関わりや学生間での『つながり』を体感できる場だと感じています。

SAPS副代表として、SAPSの良きものを残しつつ先輩・同期・後輩たちがそのつながりを大切に思いながら、普段の勉強だけでは得られない『学び』を提供できる場にしていきたいと思っています。

 

理学療法学科2回生 白井大祐

2014年10月1日(水)

2014年7月15日~18日の日程でイタリア ローマにおいて開催されたISEK2014(XX congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology)に参加し、ポスター発表を行ってきました。

 

この学会は電気生理学や運動学を中心とした手法によるバイオメカニクス(生体力学)関連の国際学会で、今回は世界中から500名あまりの参加者が集まり開催されました。

今回「EFFECT OF TOE CONTACT WITH THE GROUND ON KNEE AND TRUNK MOVEMENT DURING WALKING: A PRELIMINARY STUDY」という演題で、本学卒業生で瓜谷ゼミ卒業生の阪本千夏PTと本学福本准教授との共同研究の報告をしてきました。

研究内容は足趾が歩行時にしっかりと接地できているかどうかが、膝関節や腰部の動きにどのような影響を与えているのかを加速度計を用いて、健常大学生を対象として行った研究結果の報告でした。

 

1時間のポスターセッションでは国内外の多くの研究者と意見交換を行いました。データ解析の視点や具体的方法についてのアドバイスをいただいたり、今後の研究の方向性についてのアドバイスをいただいたりすることができ、有意義な議論を行うことが出来ました。
新しい画像-horz-vert

 

皆さんご存知のように、イタリアといえば街の至る所に見どころがたくさんです。
新しい画像 (3)-vert

 

またワインやパスタなど美味しいものもいっぱいです。「路地裏のええ感じの店を発掘する嗅覚」に長ける私(自称)は、地元の人たちが集う食堂やバーで美味しいワインと食事も堪能してきました。
新しい画像 (6)-horz

 

次回のISEKは2016年にアメリカのシカゴで開催される予定です。

次回は一緒に研究しているゼミ生、卒業生達と参加したいと思っています。

理学療法学科 助教 瓜谷 大輔

2014年10月1日(水)

現代教育学科1回生の中田朋実です。

 

1ヶ月のイギリス留学の最後の週はロンドン観光に行きました。
その中でも印象に残っているのが、ハリーポッターのスタジオツアーと夜のロンドンバスツアーです。
ハリーポッタースタジオツアーでは、そんなに詳しくない私でもハリーポッターの世界観にどっぷりとはまることができました。

tanki171

 

撮影に使われたホグワーツ城を見たり、実際に使われた衣装やセットを間近で見たりしてとても楽しかったです。

 

tanki173

 

夜のロンドンバスツアーでは屋根がない2階建てのバスに乗り、夜の10:30から1時間程度のツアーに行きました。

有名な観光地であるビックベンやロンドン・アイのライトアップを見て回りました。

tanki175

 

しかしそんなイギリスの夜は昼間とは一転し半袖ではもちろん、長袖一枚で外に出ると寒くて耐えられないほどです。
この日も夜はとても冷え込み一緒にバスに乗り込んだ人の中にはコート、マフラー、ニット帽など暖かい恰好をしてる人たちばかりでした。
寒さに耐えながらも夜景をみんなで楽しみました。

 

tanki177

 

 

【関連記事】

短期語学留学プログラム現地リポート1

短期語学留学プログラム現地リポート2

短期語学留学プログラム現地リポート3

短期語学留学プログラム現地リポート4

短期語学留学プログラム現地リポート5

短期語学留学プログラム現地リポート6

短期語学留学プログラム現地リポート7

短期語学留学プログラム現地リポート8

短期語学留学プログラム現地リポート9

短期語学留学プログラム現地リポート10

短期語学留学プログラム現地リポート11

短期語学留学プログラム現地リポート12

短期語学留学プログラム現地リポート13

短期語学留学プログラム現地リポート14

短期語学留学プログラム現地リポート15

短期語学留学プログラム現地リポート16

ブログトップへ