畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年10月30日 一覧

2014年10月30日(木)

畿央大学健康科学部理学療法学科4期生の熊本です。

 

10月26日(日)に畿央大学4期生が中心になって行っている「理学療法勉強会」、KSMKio Study Meeting)第29回を行いました。

今回は都合のつかないメンバーも多く、5人の参加となりました。

 

初めに南君が「治療の原則-骨折、急性期の筋力低下-」というテーマで発表してくれました。骨折治癒に必要とされる適度なメカニカルストレスに関してや、筋力増強訓練の捉え方など、普段臨床や学生教育を行う中で生じる疑問について話をしてくれました。運動を用いた“循環動態へのアプローチ”という視点を皆でディスカッションすることが出来ました。

 

IMG_3830-horz

 

次に櫻井君が「肩関節の痛みについて」症例を交えて発表をしてくれました。

神経、筋、骨関節など多くの組織で複雑に構成されている肩関節に関して、解剖学的特徴や痛みにつながる関節内圧の変化について、見やすいイラストを用いながら説明してくれました。
症例に関しては、痛みの部位だけでなく、周辺部位の評価の仕方や夜間時痛の捉え方など様々な意見が出ました。

 

IMG_3841

 

最後は山野君が「変形性関節症の治療戦略-メカニカルストレスの視点から-」というテーマで膝OAに関する発表をしてくれました。

山野君は畿央大学の運動器セミナーでも講義をしており、多くの先行研究での知見を含めた発表をしてくれました。また後半は実技も行い、アライメントを整えた状態で運動を行うことの大切さを実感をもって学ぶことが出来ました。

 

IMG_3844-vert

 

いつも終わった後は、疲労感とともに臨床に対するモチベーションが上がるのを感じます。

来月でKSMは30回目を迎えます。

共に成長出来る仲間と、その環境を与えて下さる畿央大学の方々に感謝しながら、学んで行ければと思っています。

 

IMG_3864

健康科学部理学療法学科4期生 熊本

ブログトップへ