畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2013年02月19日 一覧

2013年2月19日(火)

真美ヶ丘第二小学校科学クラブ児童26人向け「多機能ロゴ・ロボット」完成!!

2013(平成25)年2月18日、真美ケ丘第二小学校科学クラブ(4~6年生児童26人)で*SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」の第9回目授業を行いました。(畿央大学指導教員:現代教育学科奥田俊詞先生、看護医療学科福森貢先生、協力:学部生)
*SPP選定事業:独立行政法人科学技術振興機構(JST)では小学生から高校生の科学分野人材育成のための制度として「サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)」を毎年募集しており、これに畿央大学が応募・選定された事業です。

 

ロボット20130219-1-1-vert.jpg

昨年5月から始まった「ロボットを作ろう!」のSPP授業は実質今回で終了します。8チームそれぞれの課題は違った動きをするロボットたち(①ベルトコンベア、②グランドローバー、③ヒューマノイド、④ロボットアーム、⑤スコーピオン、⑥サウンドロボット、⑦トライポット、⑧インテリジェントカー)で、ロボットアームやセンサーを取り付け、組立が完了したロボットにプログラムをダウンロードすることにより“たましい”が入り、思ったとおりの動きをします。やっとの思いで組み立てたロボットを実際に動かすと、子どもたちは目を輝かせながら「やったぞー!」の歓声をあげていました。

 

ロボット20130219-4-1-horz-vert.jpg

このロボットは壁などの障害物を感知するとバックしてまた動き出すプログラムをインプットしています。まるで「お掃除ロボット」みたいだと子どもたちは手をかざしたり自分の顔を近づけたりして動かしていました。今日は3年生の児童が科学クラブ見学に訪れました。4年生になったらクラブ活動ができるのでいろんなクラブを回っているのです。この3年生の中から新しい科学クラブ員がきっと来てくれるでしょう。
ロボットの組み立てと動作確認は今回の9回目授業で終わり、次回最終回は8チームそれぞれの発表会です。組立で苦労した点、自分たちのロボットがどのような動きをするのか、どういうセンサーが組み込まれているのか、そしてそれはどのような役に立てそうなのか、子どもたちなりに考えてもらいます。
最終回をお楽しみに!!

 

【関連記事】
真美ケ丘第2小学校科学クラブ向け「レゴ・ロボット」製作活動!
https://www.kio.ac.jp/information/2012/05/2-5.html

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第3回目授業
https://www.kio.ac.jp/information/2012/05/spp3.html

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第4回目授業
https://www.kio.ac.jp/information/2012/06/spp4.html

2012年度SPP選定事業『マミポコ・子どもサイエンス「ロボットを作ろう!」』(香芝市内小学生向け)を開講しました。
https://www.kio.ac.jp/information/2012/08/2012spp.html 

SPP選定事業「マミポコ・子どもサイエンス ロボットを作ろう!」第8回目授業
https://www.kio.ac.jp/information/2013/01/spp8.html

ブログトップへ