畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2013年08月26日 一覧

2013年8月26日(月)

立秋を過ぎ、ツクツクボウシの鳴き声がほんのちょっと秋を感じさせる今日この頃、いかがお過ごしですか。
全15科目の試験・課題レポートを無事乗り越え、夏休みを満喫中の学生広報スタッフ、きーさんです!

 

今回は8月31日(土)に開催される開学10周年記念イベント「看護医療学科シンポジウム」のご紹介。
このシンポジウムでは、藤腹明子先生(淑徳大学客員教授)の基調講演の後、「いのちの現場にふれて」をテーマとし、私たち看護医療学科の学生がパネルディスカッション形式で発表します。
1回生は高野山での「新入生宿泊研修」、2回生は昨年参加した「チーム医療ふれあい実習」での学びをそれぞれ紹介します。
きーさんは2回生発表メンバーの一員として、今年の1月から資料作成等に携わるほか、6月からは高野山宿泊研修の支援学生をした関係で1回生の発表メンバーとも一緒に活動して来ました☆

 

20130826021

▲2回生発表チーム&先生!                  ▲1回生は宿泊研修のコンテストで優勝した精鋭チーム!

 

昼休みや放課後に集まって資料作成やリハーサルに勤しみ、ようやく今週末、本番を迎えます! 

 

20130826022

▲リハーサル。ピッタリ目標時間内に収まって          ▲放課後に集まって練習。先生も臨席する中で、
ピースサインのひかるん、きーさん、あさの(2回生)       緊張の表情の発表者たち(1回生)

 

課題や試験勉強、そして各自の予定等で日程調整に苦慮しながらも、自分達が研修や実習で学んだ内容をしっかり来場者の皆さんに知ってもらえるよう推敲を重ねました☆
本番ではこうした努力の成果が遺憾なく発揮されるよう頑張ります♪

 

20130826023

 
当日の様子は、またブログ記事にアップしようと思いますのでお楽しみに(^^)

2013年8月26日(月)

こんにちは、教育学部現代教育学科 1回生の山口智加です。現在、イギリスのレスターに留学中です。こちらの生活をリポートします。

 

イギリスでの生活が始まり、1週間が経ちました。海外は初めてで、長時間のフライトも初めてでした。飛行機の中では、英語への不安と緊張でいっぱいでしたが、海外での生活にワクワクしていました。

イギリスでの生活は、初めての経験ばかりです。また、自分自身が外国人という立場になれるので、全てが新鮮です。

私は、ホームステイをしながら、レスターの大学に通っています。大学へは、バスを利用するのですが、最初はとても苦戦していました。ですが、皆さんとても親切で、困っていると、声をかけて下さる方もいました。ホームステイ先のファミリーも、とても親切で、人の温かさを感じ、とても嬉しかったです。

 
201308261▲ホームステイ先の家族とペットのうさぎ「Alfy」

 

ホームステイ先のファミリーとは、一緒にお買い物へ行って、食材について教えてもらったり、色んな会話をしています。スーパーには、見たことのない商品ばかりで、とても楽しいです。
また、家ではドラマや映画を観たり、日本から持ってきた折り紙で、一緒に遊んだりしています。

学校の授業では、勿論先生は全て英語で話されるので、理解出来ないこともありますが、先生方が、とても熱心に教えて下さるので、私も必死に理解しようとしています。また、教室での授業だけでなく、ミュージアムへ行って、クイズに挑戦しながら見学をしたり、とても楽しいです。

 

 
201308262▲ホームステイ先の家の近くにある小学校です。

 

最初は、英語で会話をすることに緊張して、なかなか話しかけることが出来ませんでしたが、少しずつ、会話をすることが楽しみになってきています。
まだ、1週間しか経っていませんが、短期留学に参加出来て、本当に良かったと思います。
英語だけでなく、生活や自己主張、挑戦する大切さなど、学べることがとても多いです。
残りの3週間で、さらに英語への自信を持って、日本へ帰れるように、頑張りたいと思います。
また、充実した時間を過ごせるよう、さらに色んなことに挑戦してみようと思っています。

 

【関連記事】

短期語学留学プログラム現地リポート1

短期語学留学プログラム現地リポート2

ブログトップへ